ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ベトナムにおけるメーデー(5月1日)の歴史と意義

2021/05/02 10:45 JST配信
Clip to Evernote
(C) dantri
(C) dantri 写真の拡大

 5月1日は「メーデー(労働者の日)」で、2021年で135周年を迎えた。この日はベトナムの祝日でもある。

 世界における労働者の日としてのメーデーは、1886年5月1日にアメリカ合衆国・カナダ職能労働組合連盟(後のアメリカ労働総同盟)がシカゴを中心にストライキを行ったのが起源だ。このストライキは、当時の長時間労働に対して「1日8時間労働」を要求するもので、数万人の労働者が40日間にわたり路上で集会やデモを行った。

 その後、1889年7月14日に開かれた第二インターナショナル(国際社会主義者大会)の設立大会で、5月1日を「国際労働運動のための休日」とすることが決議された。翌1890年5月1日に世界各地で第1回のメーデーが実行され、労働者たちが「1日8時間労働」を掲げてストライキや集会を行った。

 ベトナムにおけるメーデーの歴史は20世紀初頭に始まる。グエン・アイ・クオック(故ホー・チ・ミン主席)はマルクス・レーニン主義をベトナムに広める中で、世界の共産主義運動や労働者、労働組合について、特にロシアの十月革命と5月1日のメーデーについてベトナムの労働者が理解を深めるきっかけを作った。

 こうした中で、1925年5月1日、サイゴン・チョロン地区やジーアン鉄道、ダナン地区の労働者らはソビエト連邦を擁護する意志を表すためにデモを行った。

前へ   1   2   3   次へ
[Tuyen Giao 09:54 07/04/2021, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
この記事に関連するおすすめの記事
最新ニュース [特集]
SNSで里親探しも…4人の子供を育てるシングルファザーの事情 (9日)
 4人の幼い子供を残して内縁の妻が姿を消し、ミンさんは男手ひとつで子供たちを育てていく決心をした。ある日、苦難のあまり子供を里子に出したいとソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に書き込んだミ...>> 続き
ハノイの交通事故救助隊ボランティア、二足のわらじで市民を救う (4/25)
 ハノイ市で2年近く前から活動しているボランティアの交通事故救助隊「FASエンジェル(FAS Angel)」は、これまでに3000件以上の交通事故現場に出動し、けが人を救ってきた。チームは市民にも知られた存在となって...>> 続き
夫に火をつけられ生死をさまよった女性、復活までの2年間 (4/18)
 夫にガソリンを掛けられ、火をつけられたために身体の92%に火傷を負い、生死の狭間をさまよったレ・ティ・キム・ガンさん(女性・34歳)は、その後の2年間に様々な困難を乗り越えながら、新しい生活を築いた。 ...>> 続き
ホーチミンの貧しい人々に古着を無料で届ける、ボランティアに生きる81歳 (4/11)
 ホーチミン市ニャーベー郡在住のグエン・バン・トゥーさん(81歳)はこの4年間、毎日市内の工場労働者や貧しい人々に古着を無料で配っている。色々な人から「他人事の世話をするなんて、あの聴唖(ちょうあ)のじい...>> 続き
がんと闘いながら記憶喪失の親友と暮らす、70代の2人の友情 (4/4)
 71歳のディン・ロンさんは、自分のほうがまだ元気だからとがんを患いながらも毎日お金を稼ぎに出かけ、同い年の親友であり、記憶を失ったルオン・フイン・タイさんの世話をしている。タイさんにとって、ロンさ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited