ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

日本初のベトナム人ロックバンド「KURROCK」、異彩を放つ魅力

2022/06/12 10:14 JST配信
(C) KURROCK
(C) KURROCK 写真の拡大
(C) VIETJO/A-TIM’s
(C) VIETJO/A-TIM’s 写真の拡大

 2022年6月に東京・代々木公園イベント広場で開催された「ベトナムフェスティバル2022」で、ひときわ異彩を放つアーティストがステージに登場した。東京をベースに活動する、ベトナム人5人と日本人1人からなる6人組ロックバンド「KURROCK(黒ック)」だ。

 KURROCKの音楽からは、4000kmも離れた2つの音楽のバックグラウンドの融合が感じられる。

 2022年2月に1stシングル「越(Vuot)」を発表するまでも、日本の「Pretender」や「猫」、ベトナムの「Dieu Nho Nhoi」などの人気曲をカバーしてライブハウスで演奏し、日本で暮らすベトナム人の間で親しまれていた。

 外国人バンドでありながら、日本語とベトナム語がミックスしたKURROCKの音楽は、日本のライブハウスでもファンの心に深い印象を残した。

 他の多くのロックバンドと異なり、KURROCKには女性ボーカルのHeatherと男性ボーカルのTrokの2人のメインボーカルがいるが、Heatherはやわらかくて甘い声、Trokは力強い声と、それぞれボーカルのスタイルが異なる。これにより、バンドのパフォーマンスの深みと豊かさが増している。

 リーダーのKJOは、バンドが追及しているロックの音楽性について、「ロックは音楽の中で感情を表現するというだけでなく、より多くの経験をさせてくれるんです」と語る。ロックは歌詞もアーティストのパフォーマンスも力強く、時にトゲがある。「単に『ロック風』というのではなく、『ロック精神』を持ったバンド」、それがKURROCKの目指すものでもある。

 ギターとアレンジを担当しているDannaを除くメンバーは、いずれも音楽とは関係のない仕事をしている。しかし、彼らに共通しているのは、音楽に対する愛だ。紅一点のHeatherは、メンバー同士が出会ったときのことをこう語る。「最初に会ったのはベトナム大使館で、何度か一緒に歌ったんです。その後、よく一緒に遊びに行くようになってから、KJOがバンドを組もうと言い出して、すぐにOKしました」。

 「日本でバンドを組むというのは、思っていた以上に大変でした」とKJO。異国の地での生活という不安のほかに、時間的な問題もあった。当時はメンバーそれぞれが別々のところに離れて暮らしていたため、行き来するのに時間がかかっていたが、現在ではその問題も徐々に解消されつつある。「バンド練習をしやすくするために、同じ建物に引っ越したんです」とHeatherは話す。

前へ   1   2   3   次へ
Clip to Evernote
[Saigoneer 04/03/2022, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
「数を数える動画」がバズって人生激変、牛飼いの青年の今 (7日)
 名もなき牛飼いの青年だったソー・イー・ティエットさん(1988年生まれ)は、「英語で数を数える」という1本の動画がバズったことで、たった1晩で一躍有名人となった。この思いがけない幸運に続いて、ティエット...>> 続き
山の上の子供たちに「映画館」を、辺境でのボランティアに尽力する若者 (7/31)
 120インチのスクリーンにアニメ映画のオープニングが投影されると、子供たちは歓声を上げた。その様子を見て、ホー・ホアン・リエムさん(男性・33歳)は満足げに微笑んだ。  これは、国内の山の上に設置され...>> 続き
コロナで逝った女友達との約束、「父ふたり子ひとり」の子育て (7/24)
 グエン・バックさんと同棲中に、タイン・リンさんは女友達との間に子供ができた。しかし、子供が生まれて1か月も経たないうちに、母親は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により幼い我が子を残してこの世を去...>> 続き
パームシュガーを地元アンザン省から欧州へ、クメール族女性の挑戦 (7/17)
 起業して5年、南部メコンデルタ地方アンザン省チートン郡出身で少数民族クメール族のチャウ・ゴック・ジウさん(女性・40歳)は、年間売上高12億VND(約710万円)を達成し、ヨーロッパ各国に地元産のパームシュガー...>> 続き
元夫に火をつけられた女性が見つけた新たな幸せ (7/10)
 元夫に火をつけられて全身に火傷を負った日から、2人の子供を自分で育てていくと決めていたガンさんだったが、同様に火傷を負い、困難な状況にいたミンさんからの愛情がガンさんを変えていった。 【過去の関...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved