ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

日本初のベトナム人ロックバンド「KURROCK」、異彩を放つ魅力

2022/06/12 10:14 JST配信
(C) KURROCK
(C) KURROCK 写真の拡大
(C) VIETJO/A-TIM’s
(C) VIETJO/A-TIM’s 写真の拡大

 2022年6月に東京・代々木公園イベント広場で開催された「ベトナムフェスティバル2022」で、ひときわ異彩を放つアーティストがステージに登場した。東京をベースに活動する、ベトナム人5人と日本人1人からなる6人組ロックバンド「KURROCK(黒ック)」だ。

 KURROCKの音楽からは、4000kmも離れた2つの音楽のバックグラウンドの融合が感じられる。

 2022年2月に1stシングル「越(Vuot)」を発表するまでも、日本の「Pretender」や「猫」、ベトナムの「Dieu Nho Nhoi」などの人気曲をカバーしてライブハウスで演奏し、日本で暮らすベトナム人の間で親しまれていた。

 外国人バンドでありながら、日本語とベトナム語がミックスしたKURROCKの音楽は、日本のライブハウスでもファンの心に深い印象を残した。

 他の多くのロックバンドと異なり、KURROCKには女性ボーカルのHeatherと男性ボーカルのTrokの2人のメインボーカルがいるが、Heatherはやわらかくて甘い声、Trokは力強い声と、それぞれボーカルのスタイルが異なる。これにより、バンドのパフォーマンスの深みと豊かさが増している。

 リーダーのKJOは、バンドが追及しているロックの音楽性について、「ロックは音楽の中で感情を表現するというだけでなく、より多くの経験をさせてくれるんです」と語る。ロックは歌詞もアーティストのパフォーマンスも力強く、時にトゲがある。「単に『ロック風』というのではなく、『ロック精神』を持ったバンド」、それがKURROCKの目指すものでもある。

 ギターとアレンジを担当しているDannaを除くメンバーは、いずれも音楽とは関係のない仕事をしている。しかし、彼らに共通しているのは、音楽に対する愛だ。紅一点のHeatherは、メンバー同士が出会ったときのことをこう語る。「最初に会ったのはベトナム大使館で、何度か一緒に歌ったんです。その後、よく一緒に遊びに行くようになってから、KJOがバンドを組もうと言い出して、すぐにOKしました」。

 「日本でバンドを組むというのは、思っていた以上に大変でした」とKJO。異国の地での生活という不安のほかに、時間的な問題もあった。当時はメンバーそれぞれが別々のところに離れて暮らしていたため、行き来するのに時間がかかっていたが、現在ではその問題も徐々に解消されつつある。「バンド練習をしやすくするために、同じ建物に引っ越したんです」とHeatherは話す。

前へ   1   2   3   次へ
Clip to Evernote
[Saigoneer 04/03/2022, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
ベビーリフトで米国へ、母親との再会を夢見るベトナム出身の女性 (20日)
 米国バーモント州バーリントンに暮らすグエン・ティ・タイン・ホンさん(女性)はこの50年間、小さな女の子がある女性を「お母さん、お母さん!」と呼びながら追いかける夢を頻繁に見ている。しかし、母親と思わ...>> 続き
歌手Mr.ダムと歌声そっくり、視覚障害の青年が光を取り戻すまで Mr.本人が自ら支援 (13日)
 男性歌手の「Mr.ダム」ことダム・ビン・フンそっくりの歌声を響かせながら、ホーチミン市の市場で雑貨を売り歩く、視覚障害の男性がいる。彼の歌声を初めて聴いた人は誰もが驚き、それが彼の地声であることを知...>> 続き
ホーチミンのバックパッカー街、華やかさの裏で貧しく暮らす人々 (6日)
 ホーチミン市のバックパッカー街として知られる1区ブイビエン(Bui Vien)通りは、市内で最も賑やかなエリアだ。ここを訪れる人々の中には飲食に数千万VND(1000万VND=約5万9000円)を使うような人もいる。一方、...>> 続き
ホーチミンの路上でおもちゃを売る老人とその事情 (10/30)
 ホーチミン市1区グエンフエ(Nguyen Hue)通りの歩行者天国でおもちゃを売っている白髪の老人が、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で話題となった。  老人は、暗くなった通りの路上にシートを...>> 続き
両手を失くした溶接工、自分の生き方を見つけるまで (10/23)
 農作業をしながら頭の上まで高く積み上がった野菜の荷車を汗だくで押している母親の姿を見て、ゴック・ニュットさんは家に駆け込み、両手を失った自分の無力さを感じて子供のように泣きじゃくった。  ホー...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved