ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

韓国スタートアップ、地場出前アプリ買収でベトナム市場参入

2019/02/28 05:15 JST配信
Clip to Evernote
(C) theleader
(C) theleader 写真の拡大

 韓国最大のフードデリバリーアプリを提供する韓国系スタートアップ企業、ウーワブラザーズ(Woowa Brothers)はこのほど、オランダのフードデリバリースタートアップであるテイクアウェイドットコム(Takeaway)から出資を受けているベトナムエムエム(Vietnammm)を買収し、ベトナムのフードデリバリー市場に参入した。

 ベトナムエムエムは2015年、ドイツのロケットインターネットの子会社だったフードデリバリーサイト「フードパンダ(Foodpanda)」を運営する「フードパンダベトナム(Foodpanda Vietnam)」を買収した。一方、ウーワブラザーズは2011年3月、韓国ソウルに設立され、フードデリバリーアプリ「配達の民族」を提供しており、ベトナム事業は6月までに開始する計画だ。

 英市場調査会社ユーロモニター(Euromonitor)によると、ベトナムのフードデリバリー市場の規模は3300万USD(約36億円)で、2020年には3800万USD(約42億円)超に拡大し、年平均成長率は+11%となる見通しだ。

 市場調査会社ジーコム(Gcomm)によれば、ベトナム国内で人気の高いフードデリバリーアプリは、ベトナムエムエムのほか、グラブ社の「グラブフード(GrabFood)」、フーディ(Foody)の「ナウ(Now)」、ゴーベト(Go-Viet)の「ゴーフード(Go-Food)」、「ララ(LaLa)」、「リクシ(Lixi)」の計6ブランドで、このうち「グラブフード」と「ナウ」がベトナムのフードデリバリー市場を圧倒している。

[Theleader 19:21 23/02/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
2020年4月開催のF1ハノイグランプリ、サーキットを着工 (22日)
 ハノイ市人民委員会と地場系コングロマリット(複合企業)のビングループ[VIC](Vingroup)傘下のベトナムグランプリ(Vietnam Grand Prix)社は20日、自動車レースの世界選手権「フォーミュラ1(Formula One=F1)」の...>> 続き
エコカー向け部品の輸入関税に優遇措置―財政省が法令作成へ (22日)
 財政省はこのほど、電気自動車(EV)などの環境にやさしいエコカーの組み立てに使用する部品向けの輸入関税について優遇措置を設ける方針を明らかにした。同省は現在、EVを優遇税制リストに加えるための法令を作...>> 続き
地場ヌティフード、グレグ・ノーマン氏と協力で米国に合弁会社設立へ (22日)
 地場ヌティフード(NutiFood)は20日、“ホワイトシャーク”の愛称で親しまれ、世界ランキング1位にも輝いたことがあるオーストラリア出身のプロゴルファー、グレグ・ノーマン氏(64歳)との間で協力覚書を締結した。...>> 続き
電気料金+8.36%引き上げ、3月20日から―1年3か月ぶり (21日)
 商工省は20日午後にハノイ市で記者会見を開き、消費量1kWh当たりの平均電気料金(付加価値税=VATを含まない)を同日から+8.36%引き上げたと発表した。  これにより、消費量1kWh当たりの平均電気料金(付加価...>> 続き
地場配車アプリFastGo、ホーチミン市が事業承認を交通運輸省に提案 (21日)
 ホーチミン市人民委員会はこのほど、交通運輸省に対し、地場系ファストゴー・ベトナム(FastGo Vietnam)がベトナムで展開するスマートフォン向け配車アプリ「ファストゴー(FastGo)」を同市における旅客輸送業に...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)