ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

「男児が欲しくて…」浮気に離婚、男女出生比率不均衡に懸念

2014/12/05 18:23 JST配信
Clip to Evernote
(C) vietnamnet
(C) vietnamnet 写真の拡大

 社会発展研究所(The Institute for Social Development Studies=ISDS)がこのほど発表したデータによると、ベトナムにおける2013年の男女出生比率は女児100に対し男児113となっており、バランスが大きく崩れている。

 これが続けば、2050年には50歳未満の男性の12%に当たる約300万~400万人が結婚難に陥ると予想されている。また、これに伴い、結婚の強制、売買春、女性の人身売買といった犯罪にも繋がる様々な社会問題の悪化が懸念されている。

 ベトナムでは、高等教育機関の入学率や企業・政府機関における管理職の比率などの男女格差が小さく、共稼ぎの世帯も圧倒的に多いなど、女性の社会進出が進んではいるものの、国民の大半、特に農村部では男児が好まれる傾向が根強く残っている。

 子宝に恵まれない夫婦よりも男児ができない夫婦の方が、夫方の家族から批判の的になりやすい。女児が何人できたとしても、家族の圧力により夫婦が離婚を余儀なくされたり、男児をもうけるために夫が愛人を作ったりするケースも多い。

 Hさんも、男児が欲しくて愛人を作った1人だ。Hさんと妻の間には、可愛い娘2人がいるものの、男児ができないことから実の両親に離婚を要求された。妻を愛するHさんはそれを断ったが、自分にも家を継がせる男児をもうける責任があると考え、妻に申し訳なさを感じつつも、3億VND(約170万円)を支払い、男児を生むという契約を結んで愛人を作った。その愛人は、1回目の妊娠で女児だということが分かった時点で中絶し、2回目の妊娠でようやく男児が生まれた。嬉しいやら恐ろしいやら複雑な気持ちで、Hさんは妻と2人の娘に合わせる顔がなくなってしまった。

 一方Aさんは、男児をもうけるために60歳を過ぎてから妻と離婚した。娘2人はそれぞれ結婚し、孫もできた。しかしAさんは定年退職後、男児をもうけるために長年連れ添った妻と離婚し、自分より30歳も年下の若い女性と再婚した。Aさんの希望通りに男児が生まれたものの、定年退職後は収入が少ないため、前妻との間に生まれた娘2人に対し、新たに生まれた息子の養育費として毎月300万VND(約1万6700円)を支払うよう求めている。

 Aさんは、「まだ仕事をしていた頃は、同僚から非難されるのが怖かった。でも定年退職した今はもうそんな心配もなくなったため、自分の望むようにしたい。財産は全て息子に譲る」と語った。

 ベトナムでは、日本のように入籍後どちらか一方が相手の名字に変えるということはなく、夫婦共に生まれた時から名乗ってきた名字をそれぞれ維持する。子供の名字は夫婦どちらの名字を使用しても良いが、夫方の名字を使うのが通例となっている。男児がいないということは、自分の家系の「名字」がいつか途絶えてしまうことを意味する。

 現行の法律では、遺書が残されていない場合、男女は平等の相続権を持つと規定されているが、実際には家の財産の大半を男性が相続するケースがほとんどだ。こういった事情から、何かを犠牲にしてでも男児が欲しいというベトナム人男性は大勢いる。また、女性でも男児がいないと「周りに良い顔ができない」、「姑との関係が悪くなる」などの理由から男児を好む傾向が強いようだ。

[Kim Minh, Vietnamnet, 01:00 (GMT+7) 28/11/2014, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
園児らのサナダムシ集団感染、地元警察は証拠掴めず (3:54)
 紅河デルタ地方バクニン省トゥアンタイン郡の幼稚園と小学校に通う子供200人以上がサナダムシに集団感染した事件で、同省警察は「証拠物件を収集できなかった」と発表した。  同事件では、2月14日と20日の...>> 続き
ホーチミン:冠水多発のグエンフウカイン通り改修に4730億VND投資 (20日)
 ホーチミン市人民委員会はこのほど、同市ビンタイン区の大動脈であるグエンフウカイン(Nguyen Huu Canh)通りの改修に関する同市交通運輸局の案を承認した。総工費は4730億VND(約23億円)で、市の予算から拠出す...>> 続き
アフリカ豚コレラ、国内19省・市に感染拡大―トゥアティエン・フエ省でも (20日)
 北中部地方トゥアティエン・フエ省獣医局は18日、同省でアフリカ豚コレラ(ASF)の感染が確認されたと発表した。ASFは2月中旬にベトナム国内で最初の感染が確認されて以降、北中部以北で流行しており、今回、トゥ...>> 続き
ダクラク省:100m走にサッカー、高齢も酷使され続けるゾウ (20日)
 南中部高原地方ダクラク省ボンドン郡クロンナー村で11日~12日に「ブオンドン・ゾウ祭り」が開催され、観光客の誘致に一役買ったとの評価がある一方で、祭りの在り方やゾウの酷使が物議を呼んでいる。ゾウ祭り...>> 続き
バクニン省:園児らのサナダムシ集団感染、首相が公安省に調査指示 (20日)
 紅河デルタ地方バクニン省トゥアンタイン郡の幼稚園と小学校に通う子供200人以上がサナダムシに集団感染したことを受け、グエン・スアン・フック首相は関連機関に対して、原因究明に向け迅速な対応を求めた。 ...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)