ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

新米国大使が来越、両国関係の発展に期待強まる

2014/12/22 07:16 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress (右から)オシウス氏、母親、パートナー、息子
(C) vnexpress (右から)オシウス氏、母親、パートナー、息子 写真の拡大

 テッド・オシウス新米国大使がこのほど、パートナーと息子、母親の3人と共にハノイ市ノイバイ国際空港に到着した。米国の首都ワシントンD.C.から20時間の長いフライトを経て到着した新大使は晴れやかな笑顔を見せ、国民にフレンドリーな好印象を残した。

 地元記者に囲まれて、新大使は「ベトナムへ戻って来るという夢が叶った」とベトナム語で挨拶。空港でショートインタビューに応じ、「2015年に迎える越米国交正常化20周年に向けて、力を尽くしてベトナムの更なる成長を支援していきたい」と抱負を述べた。

 オシウス氏は1996年、越米国交正常化後に初めて来越した外交団の1人だった。1997年より数年間は在ホーチミン米国総領事館に勤務し、米国へ帰国してからも度々来越している。

 かつては自転車でハノイ市からホーチミン市までを周遊し、ベトナム全土を訪れたことのある同氏は、ベトナムに深い愛着を持った人物として知られており、米国のベトナムに対する武器禁輸の解禁にも大きく貢献したと見られている。

 なお、オシウス氏はハーバード大学で社会学専攻の学士号を、ジョンズ・ホプキンス大学で国際経済・対外政策専攻の修士号を取得。ベトナムのほか、インドネシア、タイ、フィリピン、インドなどアジア諸国での勤務経験があり、来越直前には米国国防大学で教鞭を執っていた。

[VNExpress等, 07:24 (GMT+7) 16/12/2014, A].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
キエンザン省に2つ目の市が誕生へ、ハーティエン町を格上げ (2:36)
 国会常務委員会はこのほど、メコンデルタ地方キエンザン省に新たに「ハーティエン市」を設ける決議を公布した。  これにより、現在のハーティエン町を市に格上げし、2019年1月1日よりキエンザン省の2つ目の...>> 続き
地方自治体に「0VNDツアー」の監視強化を要請、観光総局 (23日)
 観光総局はこのほど、地方自治体に「0VNDツアー」の監視を強化するよう要請した。  この「0VNDツアー」とは、海外の旅行会社が外国人観光客(主に中国人観光客)を対象として、料金を非常に低い水準に設定し...>> 続き
国内初のヒト組織バンクが開設、ベトドク友好病院 (23日)
 ハノイ市のベトドク(越独)友好病院はこのほど、頭蓋骨や腱、心臓弁、血管、精子などの重要なヒト組織を保存・管理する、国内初となる組織バンクを開設した。  国内では、現在までに約1万4000の頭蓋骨組織が...>> 続き
クアンガイ省:漁船炎上で乗組員14人が死傷 (19日)
 17日22時頃、南中部沿岸地方クアンガイ省のリーソン島近くの海域を航行していた漁船が大きな爆発音と共に炎上する事故が発生した。  炎上したのは、同島在住のチュオン・ミン・キンさん(男性・46歳)が船長...>> 続き
大手新聞「トゥオイチェー」電子版、3か月ぶり再開 (18日)
 デモ法関連で「誤報」を掲載したとして7月16日から3か月の活動停止処分を受けていた大手新聞「トゥオイチェー(Tuoi Tre)」の電子版が17日、3か月ぶりに記事の配信を再開した。  再開を機に新たなインターフ...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)