ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

豚の飼育で有害な成長促進剤を乱用、増量目的

2015/09/09 17:15 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 ベトナムは世界各国と同様に、成長促進剤の一種「サルブタモール(salbutamol)」「クレンブテロール(clenbuterol)」「ラクトパミンリットル(ractopamine)」などを飼料や医薬品に使用することを禁止している。しかし、増量を目論む悪質な業者により、こうした有害物質の混入した豚肉が特に南部の各省・市で氾濫している。

 マスコミの指摘を受け、農業農村開発省調査機関は特捜部を発足し、南部の各省・市で調査に当たった。調査の結果、多くの養豚場で、増量を目的として有害物質が含まれる飼料や医薬品を豚に与えていたことが分かった。こうした成長促進剤を使うと、80~90kgの豚が5~30日で120~130kgまで増量するという。

 ホーチミン市の食肉処理場で豚の尿227サンプルを検査したところ、約13.7%に当たる31サンプルから、また東南部ドンナイ省では44サンプルのうち約31.8%に当たる14サンプルから有害物質が検出された。このほか、メコンデルタ地方のビンロン省ロンアン省ティエンザン省ベンチェ省などでも有害物質が検出されている。

 飼育の過程では有害物質を使用していなかった大手養豚業者が出荷した豚の一部から、有害物質が検出された例もあるという。これは、一部の流通業者が養豚業者から豚を買い取った後、有害物質が含まれる成長促進剤の飼料や医薬品を与えて更に太らせていたためと見られている。

 なお、管轄官庁は養豚場の検査を行うと共に、飼料や医薬品の生産に有害物質を使用している製造業者、及び流通業者の摘発・処分を強化している。

[VNExpress等, 23:01 (GMT+7) 31/8/2015, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
愛知県ベトナム人協会が発足―日本で2番目にベトナム人が多い都道府県 (6:46)
 愛知県名古屋市で10日、愛知県ベトナム人協会が発足した。現在、日本で生活するベトナム人の数は約30万人に上っており、愛知県は東京都に次いで、ベトナム人が2番目に多い都道府県となっている。  式典には...>> 続き
第2バックマイ病院、ハナム省で間もなく開業 (5:15)
 ハノイ市にある国内トップクラスの総合病院のバックマイ病院は25日、紅河デルタ地方ハナム省フーリー市に第2バックマイ病院を開業する。同病院は、外科・内科の救急、呼吸循環器科、腫瘍科、小児科、産婦人科な...>> 続き
ハノイ:さくら親善大使の選考進む、3月末開催の「桜祭り」に向け (3:25)
 ハノイ市でこのほど、「さくら親善大使2019」の選考が行われた。全体では100人近い応募があったが、この中から書類選考の末に残った50人が面接に進んだ。  「さくら親善大使2019」の選考は、ハノイ市文化ス...>> 続き
在米越僑の20歳女、過激派組織ISIS支援で逮捕―政府関係者の「デスノート」作成 (21日)
 米国当局は12日、過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」を支援した容疑でベトナム系米国人ボー・キム・アイン容疑者(女・20歳、米国ジョージア州在住)を逮捕した。  同容疑者は2016年から、ISIS...>> 続き
女性教師と16歳教え子の不倫、当局が会見で「証拠不十分」 (21日)
 南中部沿岸地方ビントゥアン省ラジ町のグエンフエ高校に勤務する若い女性教師が教え子の男子生徒と性的関係を持った疑いが持たれている事件で、同省共産党委員会宣伝教育部は19日、記者会見を開き、捜査結果を...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)