ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ホーチミン:麻疹が流行中、年初1か月で約1000人が感染

2019/02/18 03:10 JST配信
Clip to Evernote
(C) motthegioi
(C) motthegioi 写真の拡大

 ホーチミン市予防医療センター感染症対策課のレ・ホン・ガー医師によると、テト(旧正月)前後から同市内で麻疹(はしか)が猛威を振るっており、新暦2019年に入ってから現在までに978人の感染が確認されたという。

 麻疹は2019年初めから流行し始めて、年初5週間だけで757人の感染者が入院。その後も感染者は増え続け、現在までに978人の感染者が出ている。市内全域で感染者が確認されており、特にビンタン区、ビンタイン区、トゥードゥック区、7区、8区、ビンチャイン郡で流行している。

 ガー医師はこの現状について、「感染者のうち95%以上は、麻疹の予防接種を受けておらず、このことは市民の間で麻疹や予防接種に対する理解が進んでいないことを意味する。現在、市内で発生している麻疹の大流行の背景には、そうした認識の薄さに加え、世界規模での麻疹の流行がある」と警鐘を鳴らした。

 一方、同じく感染症のデング熱と手足口病については収束の兆しが見えるという。このうち2018~2019年度のデング熱感染者は現時点で6067人となっており、週ごとに感染者の減少が確認されている。但し前年比で見てみると、依然として高い水準にあるので注意が必要だ。ホーチミン市熱帯病院では、テト期間中に毎年30~40人のデング熱感染者が来院するが、今年は50人が来院している。手足口病は急速に勢いが衰えており、2018~2019年度の現時点までの感染者は386人となっている。

[Hồ Quang motthegioi13/02/2019 17:22U].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
ベトナムのベストセラー作家、今年も発行部数トップ―「草原に黄色い花を見つける」原作者 (6:01)
 2017年に日本語翻訳版も出版されたベトナム小説「草原に黄色い花を見つける(ベトナム語:Toi thay hoa vang tren co xanh、英語:Yellow Flowers on the Green Grass)」などを手掛けたベトナムの有名作家グエン...>> 続き
ベトナム人のSNS利用時間は1日2.5時間、フェイスブックが最多 (4:42)
 インターネットやソーシャルメディアの利用について研究する「We Are Social」の2018年版調査レポートによると、ベトナム人のインターネット利用時間は1日あたり7時間で、このうちソーシャル・ネットワーキング...>> 続き
統計総局、ベトナムの持続的成長統計指標を発表 (25日)
 計画投資省傘下の統計総局(GSO)は、ベトナムの持続的成長統計指標一覧表(VSDGI)を発表した。  これは、持続的成長の統計により世界基準へとステップアップし、持続的成長に向けた目標の実行をしっかりと監...>> 続き
ホアビン省:少年8人が川の渦に呑まれ溺死 (25日)
 21日15時ごろ、西北部地方ホアビン省ホアビン市ティンラン街区を流れるダー川の土手で8人の小中学生が川の渦巻きに呑まれ溺死するという痛ましい事故が発生した。  死亡したのは、フウギ街区にあるフウギ小...>> 続き
「除霊」で高額寄付求める仏教寺院、当局が調査 (25日)
 東北部地方クアンニン省ウオンビー市にある仏教寺院「バーバン(Ba Vang)」が、「除霊」のためとして人々から年間で約1000億VND(約4.8億円)を徴収していたことが地元マスコミの調査で分かった。  調査による...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)