ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ホーチミン:麻疹が流行中、年初1か月で約1000人が感染

2019/02/18 03:10 JST配信
Clip to Evernote
(C) motthegioi
(C) motthegioi 写真の拡大

 ホーチミン市予防医療センター感染症対策課のレ・ホン・ガー医師によると、テト(旧正月)前後から同市内で麻疹(はしか)が猛威を振るっており、新暦2019年に入ってから現在までに978人の感染が確認されたという。

 麻疹は2019年初めから流行し始めて、年初5週間だけで757人の感染者が入院。その後も感染者は増え続け、現在までに978人の感染者が出ている。市内全域で感染者が確認されており、特にビンタン区、ビンタイン区、トゥードゥック区、7区、8区、ビンチャイン郡で流行している。

 ガー医師はこの現状について、「感染者のうち95%以上は、麻疹の予防接種を受けておらず、このことは市民の間で麻疹や予防接種に対する理解が進んでいないことを意味する。現在、市内で発生している麻疹の大流行の背景には、そうした認識の薄さに加え、世界規模での麻疹の流行がある」と警鐘を鳴らした。

 一方、同じく感染症のデング熱と手足口病については収束の兆しが見えるという。このうち2018~2019年度のデング熱感染者は現時点で6067人となっており、週ごとに感染者の減少が確認されている。但し前年比で見てみると、依然として高い水準にあるので注意が必要だ。ホーチミン市熱帯病院では、テト期間中に毎年30~40人のデング熱感染者が来院するが、今年は50人が来院している。手足口病は急速に勢いが衰えており、2018~2019年度の現時点までの感染者は386人となっている。

[Hồ Quang motthegioi13/02/2019 17:22U].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
ホーチミン市、オランダと水源管理支援に関する覚書を締結 (22日)
 ホーチミン市人民委員会のチャン・ビン・トゥエン副主席とオランダ・インフラ水源管理省のロアルド・ラペーレ副大臣は20日、オランダのハーグで、水源管理支援に関する覚書(MOU)に調印した。  さらに同日、...>> 続き
豪州国籍の9歳児、ベトナムでVAT還付受けられず (22日)
 オーストラリア国籍の9歳の子供がこのほど、ハノイ市で販売価格60億VND(約2900万円)の時計を購入して付加価値税(VAT)の還付を申請した出来事について、財政省税関総局輸出入税局は、現行規定に照らし合わせた上...>> 続き
ハノイ:日本の水処理技術でトーリック川の水質が改善 (22日)
 環境技術研究所は20日、ハノイ市を流れるトーリック川で採取した水質サンプルの検査結果を発表した。検査に先立ち、トーリック川では日本の水処理技術が導入されており、今回の検査結果によると、水中の溶存酸...>> 続き
アフリカ豚コレラ、殺処分150万頭―全国34省・市に感染拡大 (21日)
 グエン・スアン・フック首相は19日、ハノイ市ドンアイン郡ティエンズオン村にある養豚場を視察した。同郡はハノイ市の中で、アフリカ豚コレラ(ASF)により最も大きな被害を受けた地域の1つとなっている。  ...>> 続き
ベトナム戦争時の補給路ホーチミンルート、特別国家遺跡に認定 (21日)
 文化スポーツ観光省は15日、グエン・スアン・フック首相の指導のもと、ホーチミンルートを特別国家遺跡に認定した。ホーチミンルートは、ベトナム戦争中に利用されていた補給路。ベトナムとラオスの自然境であ...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)