ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ハノイの鍛冶屋通り最後の職人

2011/02/01 08:07 JST配信
(C) Dat Viet, H.Q
(C) Dat Viet, H.Q 写真の拡大

 ニューヨークタイムズの記者が、ハノイ市ホアンキエム区ローレン通り(鍛冶屋通り)の最後の職人グエン・フオン・フンさんについて興味深い記事を書いている。

 この通りにまだ活気があり、たくさんの職人がいて農耕具や生活用具を生産していた頃に、フンさんは代々続く鍛冶屋の息子として生まれた。「私が小さかった頃は、小雨の時期になると、通り中で鍛冶をうつ音が聞こえて賑やかだったものだ」フンさんはそう振り返る。

 寂れてしまった通りには車やバイク、物売りの声が溢れる中、今もフンさんが鍛冶をうつ音が古い時代からこだまする音のように鳴り響いている。かつて鍛冶屋が軒を並べた通りは、今ではブティックや装飾品店、百貨店などが並ぶ通りに姿を変えている。多くの鍛冶職人が、より高収入を得られて楽な仕事へと転職した。中には時代遅れの職人では結婚してくれる女性がいないからということで鍛冶を捨てるものもいた。

 「ベトナムにはおそらくまだ職人は残っているだろうが、首都ハノイには少ない。ここでは自分一人になってしまった。てこや斧、錐を打てる最後の職人であることに誇りを持っているよ」フン氏は語る。

 しかし、フンもまたかつての同業者と同様、息子に技術を伝えることはないという。息子は今大学生で、フンさんいわく職人には向いていないのだという。娘も大学生だが、鍛冶のことは全く知らない。

 「自分が死んだら、この通りの名は意味を失ったただの呼び名になってしまうだろう。」ローレン通りの行く末は、ハノイ旧市街の36通りにある多くのその通りで、かつて行われた営みと深い関係のある名を持つ通り、ハンクアット通り、ハンコアイ通り、バットスー通り、ハンノン通りなどと同じ道をたどるのだろうか。

 ハノイ市を研究する学者グエン・ビン・フックさんによると、ローレン通りは19世紀フランス植民地時代に、ホン川にロンビエン橋を建設するために職人たちが集められたことにより形成された。フンさん一家もその頃ここに移り住んだという。

 父親に教えられながら、フンさんは6歳の頃から家族のために鍛冶仕事をしていたという。しかし彼は鍛冶の職に就くことを拒み、35歳で父親に呼び戻されるまでは運転手や工場労働者などの別の仕事をしていたという。

 父親はフンさんにこういった。「この仕事は家に代々受け継がれてきたもので、お前はそれを継承できる唯一の人間だ。私のやることをよく見ていさえすれば、するべきことは全て分かるようになる。」やがてフンさんは自分の生涯に固く結びついたこの職業を愛するようになったのだという。

 仕事場では、彼は毎日通りに小さな机を出し、傍らには鋤がおいてある。道行く人がそこで休憩したり、タバコを一服したりすることもある。88歳のフンさんの父グエン・ヒュー・ティンさんも毎朝自転車で前を通り過ぎる。父はしばしそこで新聞を読んだり、息子の仕事を眺めたりする。

 フンさんは職人としての自分の腕に自信を持っている。彼の手は仕事をする中でほとんど手の感覚を失っているのだという。サンダル履きで火をつけるときには服に穴が開くことなど全く気にしていない様子。金属の温度が上がると炎と煙が出始める。一日が終わる頃には手も顔もすすだらけだ。

 そのときの彼の外見は恐ろしいことになっている。フンさんは妻から「職人になることを知っていたら結婚しなかった」と言われたこともあるという。「だから一日が終わると、手や顔をきれいに洗って服も着替えてから帰宅するんだ。そうすると妻も喜ぶからね」。

 フンさんは服の袖を捲って、記者に向かいこう言った。「ほら、あなたの手よりも白いでしょう?もし言わなければ職人だとわからないだろうね」。

[H.Q, New York Times, .baodatviet.vn, 4:47 PM, 26/11/2010, T].  © Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 免責事項
新着ニュース一覧
チン首相、離任挨拶の山田滝雄駐ベトナム大使と会見 (16:40)

 ファム・ミン・チン首相は11日、離任の挨拶に訪れた山田滝雄駐ベトナム日本国特命全権大使と会見し、ベトナムと日本の多面的な協力関係を推進した取り組みや熱意を評価し、感謝の意を表した。  両氏は、山...

日本在留外国人の就労意欲、ベトナム人の就労意欲低下が顕著 (16:25)

 株式会社マイナビグローバル(東京都千代田区)は15日、日本在留外国人の日本での就労意欲・特定技能への意識に関する2024年度の調査結果を発表した。  調査によると、現在の在留資格が切れた後も日本で働き...

元ハイフォン市警察署長に禁固10年、公式領収書不正売買事件に関与 (15:52)

 東北部地方クアンニン省人民裁判所は12日、公式領収書の不正売買事件に関与したとして詐欺罪などに問われていた、北部紅河デルタ地方ハイフォン市元警察署長のドー・フウ・カー元少将(男・66歳)を含む被告13人...

1本の親指で生み出すメロディ、事故から再起した音楽家 (14日)

 南中部沿岸地方クアンナム省在住のチャン・ビン・フオンさん(男性・32歳)は、もともと楽器の演奏者だったが、7年前に事故に遭って四肢が麻痺し、今は手の1本の親指しか動かすことができない。  フオンさん...

VNインデックス、大幅反落も売買代金大幅増 (15:26)

 4月15日のホーチミン市場は、1274.02(▲0.20%)で寄り付いた後、プラス圏に浮上、1281.81(+0.41%)まで上昇する局面もあったが、その後は前引けにかけて前日終値付近のマイナス圏でもみ合った。後場に入ると、売...

ベトテルとシンガポール通信大手、新たな光海底ケーブル敷設で覚書 (14:20)

 国防省傘下の携帯通信大手ベトナム軍隊工業通信グループ(ベトテル=Viettel)は11日、シンガポールの通信大手シンガポール・テレコム(シングテル=Singtel)との間で、ベトナムとシンガポールを直結する光海底ケ...

サイゴン鉄道、ダラット~チャイマット間で夜間運行を開始 (14:05)

 ベトナム鉄道総公社(Vietnam Railways=VNR)傘下のサイゴン鉄道運輸会社(Saigon Railway Transport)は14日、南中部高原地方ラムドン省ダラット市内を走るダラット~チャイマット区間の夜間運行を開始した。 ...

エア・インディア、ニューデリー~ホーチミン間直行便を6月就航 (13:49)

 インドの航空会社エア・インディア(Air India)は6月1日から、首都ニューデリーとベトナム最大の人口を持つホーチミン市を結ぶ直行便を運航すると発表した。  今回の新路線就航は、南アジアと東南アジアの結...

地場ティンタインG、NFT活用のカーボンクレジット取引を実施へ (13:43)

 地場系ティンタイングループ(Tin Thanh Group)は9日、品質認証・企業開発センター(QCC)との間で、温室効果ガスの測定と実態調査に関する包括的事業提携契約を締結した。  これにより双方は、ティンタイング...

チン首相、南部解放記念日とメーデーの5連休案を承認 (12:47)

 ファム・ミン・チン首相はこのほど、2024年の南部解放記念日(4月30日)とメーデー(5月1日)の祝日について、振替休日を追加して4月27日~5月1日の5連休とする労働傷病兵社会省の計画案を承認した。  当初の20...

アジア開銀、ベトナムの24年GDP成長率予想を+6%据え置き (6:58)

 アジア開発銀行(ADB)が11日に発表した「アジア経済見通し(Asian Development Outlook=ADO)」によると、ベトナムの国内総生産(GDP)成長率は、2024年が+6.0%、2025年が+6.2%と予想されている。  外部環境の...

ビンファスト、米国で電動自転車を発売へ 価格2599USD (6:41)

 地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)傘下の電気自動車(EV)メーカーであるビンファスト(VinFast)は4月末、米国で自社製の電動自転車「DrgnFly」を発売する

世界で流行中の「バーンアウェイケーキ」、ベトナムでも人気に (5:39)

 世界で流行中の「バーンアウェイケーキ(Burn-away Cake)」はベトナムでも人気があり、多くのケーキ屋が売り出して毎日数百万VND(100万VND=約6060円)を稼いでいる。  このケーキの特徴は、ホールケーキの上...

ハノイのマンション価格が急上昇、ホーチミンとの差縮小 (5:07)

 ハノイ市における2024年1~3月期のマンション販売価格は一次市場と二次市場の両方で共に急上昇したことが、不動産仲介大手CBリチャードエリス(CBRE)が先般発表したレポートで明らかになった。  同期のマン...

ホーチミン:ホテルで麻薬使用の交通警察官らを摘発 (4:45)

 ホーチミン市フーニュアン区警察、同市1区警察、同市直轄トゥードゥック市警察に所属する現職の交通警察官らがホテルで違法薬物を使用していたところを摘発された。  約2週間前、同市ビンタイン区警察がフ...

©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved