ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ホーチミンに50年以上存在する「死神市場」、移転計画も進まず

2016/07/17 06:08 JST配信
Clip to Evernote
(C)Vietnamnet
(C)Vietnamnet 写真の拡大

 ホーチミン市5区バントゥオン通りにあるキムビエン市場は、50年以上前から存在しているが、かなり前から「死神市場」とも呼ばれている。ここでは数十の業者が店を出して化学薬品や食品添加物などを堂々と販売しており、希望すればいくらでも購入することができる。

 各店には化学薬品の入った数百もの缶や箱が積み上げられている。その大半に商標や原産地を示す表記はなく、ボールペンの手書き文字で「バニラ香料」や「イチゴ香料」などと書かれているだけだ。

 カフェで使う添加物は、モカやアラビカなど各種香料が揃っている。コーヒーの他にも、豆乳やジュースの香料、牛骨や豚骨の香料もある。ある店主は「市内にはフォーやフーティエウなどの麺類店が数千店もあるが、その全てに本物の牛骨や豚骨を供給できる訳がない。スプーン1杯の香料だけで同じ味が出せるんだから」と、中国語の書かれた袋に入った白い粉を差し出した。販売禁止の化学薬品でもここでは簡単に見つけられるという。

前へ   1   2   次へ
[Vietnamnet,09/07/2016 05:20:33 (GMT+7)].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
隔離施設で出会い結婚、新型コロナ禍の隔離対象者と医療スタッフの愛の物語 (10:09)
 新型コロナ禍の集中隔離施設でフオン・リンさんとホアン・ハイさんは偶然出会い、隔離中だったリンさんは医療スタッフとして自分の世話をしてくれるハイさんにシンパシーを感じた。その後6か月間の交際を経て、...>> 続き
SNSで里親探しも…4人の子供を育てるシングルファザーの事情 (9日)
 4人の幼い子供を残して内縁の妻が姿を消し、ミンさんは男手ひとつで子供たちを育てていく決心をした。ある日、苦難のあまり子供を里子に出したいとソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に書き込んだミ...>> 続き
ベトナムにおけるメーデー(5月1日)の歴史と意義 (2日)
 5月1日は「メーデー(労働者の日)」で、2021年で135周年を迎えた。この日はベトナムの祝日でもある。  世界における労働者の日としてのメーデーは、1886年5月1日にアメリカ合衆国・カナダ職能労働組合連盟(...>> 続き
ハノイの交通事故救助隊ボランティア、二足のわらじで市民を救う (4/25)
 ハノイ市で2年近く前から活動しているボランティアの交通事故救助隊「FASエンジェル(FAS Angel)」は、これまでに3000件以上の交通事故現場に出動し、けが人を救ってきた。チームは市民にも知られた存在となって...>> 続き
夫に火をつけられ生死をさまよった女性、復活までの2年間 (4/18)
 夫にガソリンを掛けられ、火をつけられたために身体の92%に火傷を負い、生死の狭間をさまよったレ・ティ・キム・ガンさん(女性・34歳)は、その後の2年間に様々な困難を乗り越えながら、新しい生活を築いた。 ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited