ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ビールブランド認知度トップは「333」、最もよく飲むのは「ハノイビール」

2013/12/06 18:59 JST配信
(C)  vietnamtourism
(C) vietnamtourism 写真の拡大

 ベトナム国内で最も飲まれているブランドは、ハノイビール・アルコール飲料総公社(HABECO・ハベコ)の「ハノイビール」。オンライン調査会社W&Sがこのほど発表した「ベトナムのビールブランド認知度と消費」に関する調査レポートでこのような結果が出た。

 この調査は、同社のオンラインパネル「Vinaresearch」を通して実施したもので、4451人から回答を得た。それによると、ブランド認知度トップは、サイゴンビール・アルコール飲料総公社(SABECO・サベコ)の「333」で、全体の87.8%に認知されていた。以下、◇「ハイネケン」79.7%、◇「タイガー」74.7%、◇「サイゴンラガー」60.2%などと続いた。

 なお、サッポロの「サッポロプレミアム」は27.5%だが、地域別で見てみると、ホーチミンで52.5%、ハノイで12.0%、その他で16.8%の認知度となっており、ホーチミンでは、半数以上に認知されていることが分かった。

 「最もよく飲むブランド」については、全体の26.6%が「ハノイビール」と答えた。地域別で見ると、ホーチミン市在住者の0.4%、ハノイ市在住者の63.9%、その他21.9%となっており、同ブランドはハノイまたは北部を中心に飲まれていることが窺える。

 2位以下は、◇「ハイネケン」22.1%(内訳:ホーチミン29.6%・ハノイ19.4%・その他17.5%)」、◇「333」14.2%(同20.7%・5.7%・14.9%)、◇「サイゴンエキスポート」8.4%(同15.2%・0.4%・8.2%)、◇「タイガービール」8.3%(同12.8%・2.3%・8.8%)などと続いた。因みに「サッポロプレミアム」は0.8%で、ハノイでは回答者0だった。

Clip to Evernote
[2013年12月5日 ベトジョーニュースU].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [統計]
ベトナムの生活費は世界89位に上昇、東南アジア4位 (21日)
 世界各国の物価水準や交通費、医療水準、犯罪率、環境汚染などをデータベース化した情報サイト「ナムベオ(Numbeo)」が発表した「生活費指数(Cost of Living Index)」2022年版によると、国別ランキングでベトナ...>> 続き
5月の訪日ベトナム人3.9万人、19年比▲2.3%減まで回復 20年比91.8倍 (17日)
 日本政府観光局(JNTO)が発表した統計によると、2022年5月の訪日ベトナム人の数は前年同月の約91.8倍に相当する3万9000人だった。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行以前の2019年同月比では▲2.3%減まで回...>> 続き
5月の対日貿易収支、810億円の黒字 前年同月比3.05倍 (17日)
 日本の財務省が発表した2022年5月の貿易統計(速報)によると、ベトナムの対日貿易収支は前年同月比3.05倍の809億9600万円の黒字だった。  日本からベトナムへの輸入額は前年同月比+19.5%増の1981億2000万円...>> 続き
5月新車販売台数、前年同月比+71%増 1~5月期+39%増 (16日)
 ベトナム自動車工業会(VAMA)の発表によると、5月におけるVAMA加盟企業とVAMA非加盟企業を合わせた新車販売台数(TCモーターおよびビンファスト=VinFast含まず)は前月比+3.4%増、前年同月比では+71%増の4万3816...>> 続き
21年の即席めん需要、ベトナムは85.6億食に急増 世界3位を維持 (15日)
 世界ラーメン協会(WINA)によると、2021年におけるベトナムのインスタントラーメン(即席めん)需要は85億6000万食で、前年の70億3000万食から+15億3000万食増加した。順位は前年と同じ3位だった。  WINAの統...>> 続き
これより過去の記事は、統計記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved