ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

新・旧紙幣に見るベトナムの観光名所8選

2014/11/01 06:12 JST配信

 ベトナムの紙幣には、東北部クアンニン省のハロン湾、ハノイ市の文廟、南中部沿岸地方クアンナム省ホイアン市の来遠橋(日本橋)など、全国各地の遺跡や名所が描かれており、そのデザインを通してベトナムの歴史や文化の一端を知ることができる。


100VND紙幣:フォーミン(普明)塔(紅河デルタ地方ナムディン省ナムディン市)

 100VND紙幣に描かれているのは、ナムディン市から約4kmの場所にあるフォーミン(普明)寺の塔。1305年、陳(チン)朝(1225~1400年)時代に建てられた高さ21.2mのこの塔は、14層から成り、上の層に行くほど狭くなっている。


2万VND紙幣:ホイアンの来遠橋(日本橋、クアンナム省ホイアン市)

 ポリマー製2万VND紙幣には、古都ホイアンにある来遠橋(日本橋)が描かれている。全長約18mの屋根付きの橋で、同地における日本、中国、ベトナムの文化交流を象徴する建造物として知られ、多くの観光客が訪れる。


5万VND紙幣:フーバンラウ(敷文楼、北中部トゥアティエン・フエ省フエ市)

 ポリマー製5万VND紙幣に描かれているフエ市の王宮にあるフーバンラウ(敷文楼)は、阮(グエン)朝(1802~1945年)の歴史にゆかりのある建築物。フオン川沿い、フラッグタワーの南側のこの地区は、かつて皇族が川で乗船する前に休憩する場所として使用されていた。フーバンラウはザーロン(嘉隆)帝時代に建てられたもので、皇族や裁判所からの重要な通知などが掲示された。


旧5万VND紙幣:ニャーゾン港(ホーチミン市4区)

 旧5万VND紙幣に描かれているのは、ホーチミン市4区の歴史あるニャーゾン港。現在はホーチミン博物館があり、故ホー・チ・ミン主席の人生や、その名前をとったホーチミン市の歴史と発展についての貴重な資料が数多く展示されている。

前へ   1   2   次へ
Clip to Evernote
[Thanh Thuyet(VNE), Phap Luat, 11/9/2014 – 10:36, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [観光]
カインホア省:11月から外国人観光客の受け入れ再開へ (3:03)
 南中部沿岸地方カインホア省は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の概ね制御に成功したことを受け、11月からワクチンパスポートを利用した外国人観光客の受け入れを試験的に展開する方針を示した。  こ...>> 続き
アジアの都市トップ15、ホイアンが13位にランクイン (25日)
 米国の2大旅行雑誌の一つ「トラベル・アンド・レジャー(Travel + Leisure)」はこのほど、2021年度の「ワールドベストアワード(World’s Best Awards)」を発表した。このうち、「>> 続き
東南アジアのホテルリゾートトップ10、シックスセンシズ・コンダオが1位 (25日)
 米国の2大旅行雑誌の一つ「トラベル・アンド・レジャー(Travel + Leisure)」はこのほど、2021年度の「ワールドベストアワード(World’s Best Awards)」を発表した。このうち、「>> 続き
フーコック島、観光客の受入再開を11月に延期 集団感染発生で (24日)
 南部メコンデルタ地方キエンザン省フーコック市(島)では10月から国内外の観光客の受け入れを再開する予定だったが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のクラスター(集団感染)発生により、観光客の受け入れ再...>> 続き
ホーチミン:観光分野の新型コロナ安全対策基準を導入 (23日)
 ホーチミン市の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)予防指導委員会はこのほど、観光分野の新型コロナ対策に関する安全評価基準を導入した。  観光分野の新型コロナ対策に関する安全評価基準は、◇宿泊施設、...>> 続き
これより過去の記事は、観光記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited