ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ベトナムの人材事情(2):パラサイトシングルの特徴と見極めポイント

2015/07/25 06:00 JST配信
Clip to Evernote

 皆さん、こんにちは。G.A.コンサルタンツの関です。日頃弊社では、人材を紹介する立場から「どういった人間が一生懸命働くか、事前に見極めるポイントはありますか?」という質問を頂きます。ポイントは多岐に渡り、絞ることがなかなか難しいところですが、逆に失敗する確率が高いパラサイトシングルについて触れたいと思います。

「パラサイトシングル」問題

 大学卒業後も両親と同居し、親のスネをかじる独身者を日本ではパラサイトシングルと呼び、ニートやフリーターと並び社会現象を表す言葉として浸透しました。依然としてこの問題は続いています。そして急速な経済発展を遂げ、所得が増え始めた国々でもこの問題が発生し始めています。

 中国ではパラサイトシングルに近い言葉として、コウ老族という単語が出現しました。高齢の親を食いつぶすこと意味から生まれた表現で、一人っ子政策の影響でこのようなコウ老族が中国国内、特に都市部で急速に増え続けています。ちなみに一人っ子政策によって生まれた、過保護に育てられた子は小皇帝と呼ぶそうです。

ベトナムの「パラサイトシングル」と人材の特徴

 さて、ベトナムでも国内の景気は大きく変動してはいるものの、長いスパンで見たとき順調に経済は発展していますので、パラサイトシングルが生まれる土台は十分に備わっていると思われます。

 実際、親元に暮らしながら基本的な生活コストを極力削り、余暇にお金を使う人たちはかなりの数で存在します。こうした人たちの親は自営業で成功していたり、不動産を保有しているなど比較的裕福な部類に入り、また教育投資もできることから子供達は高学歴です。

 ですが、受けた教育がいくらすごくても、所詮親のスネかじりですのでところどころ考え方に甘えが目立ちます。このような人たちには、次のような特徴が見られます。

1.理想の仕事を追い求めるが、仕事選びの基準があやふや。
2.辛い局面に立ち会ったときに心が折れやすい。
3.ジョブホッピングすることに抵抗が薄い。

人材を見極めるポイント

 内面を除く基本スキルは高いのでスムーズに仕事に入りやすく、また外資系企業での求人数も増えていることから、仕事は比較的見つけやすいようです。一方、危機意識の欠如から忍耐力に欠け、大きな仕事ができません。一番大事なヒューマンスキルは磨かれず、大きな成長もないまま、経歴書に書く内容だけが増えていく結果になってしまいます。これは非常に残念なことです。

 したがって、採用側は上記点に留意しながら本人の資質をじっくりと見極め、語学力に優れているからといって過度な期待をかけず、内面的なスキルを充実させていくスタンスで付き合っていくことが求められます。教育次第では大きく変身するかもしれません。…が、往々にしてその前に心が折れてしまうことが多いようです。

著者紹介
関 岳彦 (せき たけひこ)

G.A.Consultants Vietnam 代表
大学卒業後G.A.コンサルタンツへ入社。
2005年よりベトナム人の人材紹介を行うVieclamBank(ベクラムバンク)事業の立ち上げでベトナムへ駐在を開始。その後日本人のベトナム就職のためのブランドR-Vietnamを展開。
日本人求職者のキャリアコンサルティングを行う一方、ベトナム国内の日系企業のうち、累計500社超に及ぶ採用をサポート。現在はホーチミンを基点にハノイ、ジャカルタ、ヤンゴンのオフィス間を行き来する。
◇ベトナム人紹介サイト:vieclambank.com
◇ベトナムで働きたい日本人のためのサイト:r-vietnam.com


ベトナム人材事情
その他の記事はこちら>
[2015年7月25日 ベトジョーコラム A].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved.  免責事項
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)