ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 
経済記事一覧
 ベトナムの19年GDP成長率予想、東南アジアで最高―アジア開銀 (19日)
 アジア開発銀行(ADB)は18日、「アジア経済見通し(Asian Development Outlook=ADO)」の補足版(Asian Development Outlook Supplement=ADOS)を発表し、ベトナムの国内総生産(GDP)成長率見通しに
 アップル、「エアポッズ」生産を中国からベトナムに移管か (19日)
 日本経済新聞社の英文媒体「Nikkei Asian Review」によると、米アップル社(Apple)は左右独立型完全ワイヤレスイヤホン「エアポッズ(AirPods)」の製造工場を中国からベトナムに移すことを計画している。アップルの製造パートナーである香港のGoertek社が、...
 ベトナムのECサイト訪問者数、4-6月期もショッピーが首位―4期連続 (19日)
 マレーシアを本拠地とする価格比較サイト運営の「アイプライス・インサイト(Iprice Insight)」は、2019年4-6月期におけるベトナムの電子商取引(eコマース=EC)サイトの月間平均訪問者数に関する報告を発表した。  報告によると、「ショッピー(Shopee)」の...
 FLCグループ、カントー市で国内3か所目の航空アカデミー建設を計画 (19日)
 FLCグループ[FLC](FLC Group)が全額出資するバンブー航空(Bamboo Airways)はこのほど、メコンデルタ地方カントー市での航空アカデミーの建設計画を同市人民委員会に提案した。  同案件はカントー国際空港に隣接する面積40haの敷地
 ベトトラベル・エアラインズ、20年10月の運航開始目指す (19日)
 国内トップブランドの旅行会社であるベトトラベル(Vietravel)はこのほど、交通運輸省および計画投資省に航空事業計画案を提出し審査を要請した。  これに先立ち、ベトトラベルは今年2月に航空会社「ベトトラベル・エアラインズ(Vietravel Airlines)」を設立。5月時点での...
 1-6月期の株式市場、228万口座―時価総額はGDPの8割弱 (18日)
 国家証券委員会(SSC)は、2019年上半期の事業活動総括及び下半期の事業計画に関する会議で、1-6月期の株式市場はVNインデックスの上昇率が周辺諸国を上回り、海外投資家にとって魅力的な投資先となっているとした。  6月末時点における証券取引口座数は前年末比+4.7%増...
 カラオケ機器の国民的ブランド「Arirang」、経営不振で事業撤退 (18日)
 「アリラン(Arirang)」ブランドのカラオケ機器で知名度の高いフーニュアンサービス[MSC](Phu Nhuan Service=MASECO)は、カラオケ機器製造販売事業から撤退することを明らかにした。  同社は今年中にカラオケ機器事業の全ての在庫を
 ベトナムの19年GDP成長率予想+6.5%、国際通貨基金 (18日)
 国際通貨基金(IMF)はこのほど、ベトナムの2019年の国内総生産(GDP)成長率を+6.5%と予想し、前年の+7.1%から減速し、国会が昨年末に設定した目標値+6.8%を下回るとの見通しを示した。2020年もこの成長率を維持する見込みだ。  一方、2019年のインフレ...
 スーパー委員会管轄19社の1-6月期業績、8割が黒字 (18日)
 大手国営企業における国の資金を管理する「企業における国家資本管理委員会(CMSC、通称:スーパー委員会)」は、2019年上半期事業活動総括および下半期事業計画に関する会議で、同委員会が管轄する19社の8割が1-6月期に黒字を計上したことを明らかにした。  同期に利益が出...
 1-6月期のバイク販売台数150万台―ホンダがシェア74% (18日)
 ベトナムバイクメーカー協会(VAMM)の発表によると、2019年1-6月期におけるベトナム全国のバイク販売台数は150万台だった。VAMMの加盟5社中、ホンダベトナム(HVN)が同期の販売台数のシェア約74%を握っている。  4-6月期では、VAMMの加盟5社のバイク...
 ベトナム企業5社がランクイン、日経Asia300実力企業ランキング (17日)
 日本経済新聞社の英文媒体「Nikkei Asian Review」はこのほど、今年で4回目となる「Asia300パワーパフォーマーランキング」を発表した。ベトナムからは5社がランクインし、うち3社が100位以内に入った。  このランキングは、◇成長性(過去5年間の売上...
 TPバンク、QRコード決済でユニオンペイと提携 (17日)
 TPバンク[TPB](TPBank)は15日、中国銀聯(China UnionPay)傘下で決済大手の銀聯国際(ユニオンペイ・インターナショナル=UnionPay International)との間で、QRコード決済に関する提携契約を締結した。  今回の契約を通して、TPBはユ
 ホンダ、新型バイク「ウィナーX」をベトナムで発売 (17日)
 ホンダベトナム(HVN)は16日、アンダーボーン型のクラッチ付きバイク「ウィナーX(Winner X)」の発売を開始した。これは「ウィナー150」のフルモデルチェンジ版に当たる新型モデルで、デザインはよりスポーティーになった。  新モデルは、◇「デンモー(つや消しブラ...
 台湾ミルクティー「Ten Ren」、ベトナム全店が8月15日に営業終了 (17日)
 地場系カフェチェーン「ザ・コーヒー・ハウス(The Coffee House)」はこのほど、ベトナム国内でチェーン展開している台湾ミルクティー専門店「Ten Ren(テンレン)」について、8月15日付けで営業を終了すると発表した。  「Ten Ren」は台湾で1953年...
 ベトナムのオンライン旅行市場、国内勢のシェア2割未満 (16日)
 観光総局によると、ベトナムにおけるオンライン旅行市場の規模はおよそ35億USD(約3800億円)となっている。国内のオンライン旅行会社(OTA)は約10社あるが、同市場のシェアは国内企業が20%未満に留まり、外資系が80%余りを占めている。  国内のOTAとして、2016年にサ...
 ドンナイ省、1-6月期FDI認可額が年間計画上回る (16日)
 東南部地方ドンナイ省統計局のデータによると、2019年1-6月期における同省への海外直接投資(FDI)認可額は前年同期比+8%増の10億2680万USD(約1119億円)で年間計画を2%上回った。  このうち、新規認可案件数が48件で、認可額は5億1450万USD(約561億...
 電子納税システム、99.8%の企業が利用 (16日)
 税務総局によると、2019年6月20日時点における電子納税システムを利用している企業は72万3667社で、活動中の企業の99.8%に達した。       電子納税システム利用が急速に拡大しているほか、税金の電子還付の利用も全国63省・市に広...
 「アジアで働きたい企業」、在ベトナム51社が選出 (16日)
 HRアジア(HR Asia)がこのほど発表した「HRアジア・アワード2019(HR Asia Awards 2019)」の中で、ベトナムで活動している国内外の企業51社が「アジアで働きたい最高の企業(Best Companies to Work for in Asia)」のリストに選出された。
 ホーチミン:1.1億USDの地下駐車場案件が中止に (16日)
 ホーチミン市人民委員会はこのほど、同市1区のレバンタム公園(Cong vien Le Van Tam)で建設が計画されていた投資総額1億1000万USD(約120億円)の地下駐車場案件について、実施の中止を発表した。  これに先立ち同市人民委員会は、2009年10月に同案...
 出会い系アプリ「ティンダー」、ベトナム進出へ (16日)
 米国発の世界的な出会い系アプリ「ティンダー(Tinder)」は、近くベトナムでティンダーの軽量版「ティンダーライト(Tinder Lite)」を導入すると発表した。  ベトナムは、ティンダーライトが導入される初めての国となる。ティンダーライトは数週間後にリリースされ...
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 
次のページ 
(1/628)
越日・日越辞書(8万語収録)
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)