ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ホーチミン:新西部バスターミナル建設案件、メトロやBRTと接続

2016/06/28 15:14 JST配信
(C) vnexpress, Huu Cong
(C) vnexpress, Huu Cong 写真の拡大

 ホーチミン市人民委員会は先般、ホーチミン市ビンチャイン郡アンフータイ村のフーミーフンE地区で計画されている新ミエンタイ(西部)バスターミナル建設案件の投資主に、サイゴン交通運輸機械総公社(SAMCO=サムコ)を選定した。また、同社に対して年末までに同案件の詳細計画(縮尺500分の1)を作成するよう要求した。

 既存のミエンタイバスターミナルは、ビンタン区キンズオンブオン通りに位置している。当初はビンチャイン郡タンキエン村に移転する計画だったが、2014年にナムサイゴン新都市区として開発した5つの地区の1つであるフーミーフンE地区に変更となった。

 新バスターミナルは面積20haで、旅客処理能力は1日当たり5万人。運行車両数は1日2500本に上る見通し。同市都市鉄道(メトロ)3a号線(ベンタイン~タンキエン間)やモノレール2号線(8区~ビンタイン区間)、バス高速輸送システム(BRT)とも接続する計画だ。

 新バスターミナルは、公共交通指向型開発(Transit Oriented Development=TOD)モデルに沿って建設され、ナムサイゴン新都市区のホテルやオフィス、ショッピングセンターなどの複合施設とも結ばれる。これにより、地元住民と観光客の公共交通機関の利用促進が期待されている。

 なお、ビンタイン区に位置するミエンドン(東部)バスターミナルも移転が計画されている。新ミエンドンバスターミナルは、ホーチミン市と東南部地方ドンナイ省、同ビンズオン省の境に建設する予定で、面積は16万0370m2となる。

Clip to Evernote
[Huu Cong, VnExpress, 09:22 (GMT+7) 25/6/2016, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
製造業向けB2B-ECスタートアップ、シンガポールファンドから7600万円調達 (15日)
 ベトナムで製造業向け企業間取引専用の電子商取引(B2B-EC)サイト<eiindustrial.com>を運営する地場エイ・インダストリアル(EI Industrial)はこのほど、シードラウンドでシンガポールのコクーンキャピタル(Coc...>> 続き
フランスの再生可能エネルギー大手、ベトナムの屋上太陽光発電企業に投資 (15日)
 フランスの大手再生可能エネルギー企業であるEDFリニューアブルズ(EDF Renewables)はこのほど、英系ファンド運用会社ビナキャピタル(VinaCapital)傘下で、屋上太陽光発電を手掛けるスカイXソーラー(SkyX Solar)...>> 続き
20~21年ベトナムのパワーブランドトップ10を発表 (15日)
 ベトナム経済紙VnEconomyは13日、「2020~2021年のベトナムパワーブランドトップ10」を発表した。詳細は以下の通り。 ◇ベトナム軍隊工業通信グループ(ベトテル=Viettel) ◇ベトコムバンク[VCB](Vietcombank)>> 続き
サムスンとインテル、サイゴンハイテクパーク内の工場を11月末までにフル稼働 (15日)
 韓国サムスン(Samsung)と米インテル(Intel)は、ホーチミン市9区サイゴンハイテクパーク(SHTP)の工場を11月末までにフル稼働させる方針。  SHTP管理委員会のレ・ビック・ロアン副委員長によると、SHTPは入居...>> 続き
鉄道システム開発計画案、30年までに高速鉄道2路線を整備 (15日)
 交通運輸省は13日、2050年までを視野に入れた2021~2030年の鉄道システム開発計画案を政府に提出したと明らかにした。  計画案によると、2030年までにハノイ~ビン(北中部地方ゲアン省)間とニャチャン(南中...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited