ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

日越で好調の韓国新韓銀行、ベトナムの純利益がグループ最大

2019/08/22 15:28 JST配信
Clip to Evernote
(C) Shinhan Bank Vietnam
(C) Shinhan Bank Vietnam

 韓国の新韓(シンハン)銀行が日本とベトナムで好調だ。同社は現在、世界20か国・地域に計163支店を展開しているが、韓国以外の海外店舗における資産額、当期純利益はともに増加を続けている。

 とくに海外店舗で1-3月期に純利益がもっとも大きかったのが、全体の33%を占める新韓ベトナム銀行(Shinhan Bank Vietnam)でグループ最大となった。これに20%のSBJ銀行(Shinhan Bank Japan)が続く。

 ベトナムは同行がもっとも注力している拠点だ。今年は6支店を開設しており、ベトナム国内の店舗数を外資系銀行で最多の計36店舗とした。2018年における総資産規模も外資系銀行で最大の4兆957億ウォン(約3600億円)、今年3月時点の顧客数は約130万人。当期純利益は2016年の502億ウォン(約44億円)から2018年には966億ウォン(約85億円)へと大幅に増えた。




 同行は今後、ベトナムで毎年5店舗以上を開設して計100店舗以上とし、地場銀行と対等に競えるほどの営業力を持つことを目標に掲げる。またベトナムを足掛かりにカンボジアやミャンマーへの進出も計画している。

 一方、SBJ銀行は支店や出張所を合わせ13店舗を展開中だ。昨年時点での資産額は7兆7046億ウォン(約6770億円)、当期純利益は649億ウォン(約57億円)。住宅ローンをはじめとしたリテール営業で成長し、現在は日本格付研究所(JCR)による長期発行体格付「A」を獲得するなど安定した評価を得ている。

 同行は「可能性がある地域で突出した実績を上げる」ことを目指しアジアに集中する意向を明らかにしている。

[イーデイリー 06:00 19/08/2019, S].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
20年の医療用マスク・防護服の生産量6倍に (5:01)
 世界銀行(WB)グループの国際金融公社(IFC)によると、ベトナムにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策向けの医療用マスクや防護服などの生産量は、2020年に前年の6倍へと増加した。ベトナムは、個人用...>> 続き
カントー:集中技術情報区の設立が決定 (3:20)
 ブー・ドゥック・ダム副首相はこのほど、南部メコンデルタ地方カントー市における集中技術情報区の設立に関する決定書に署名した。  カントー市の集中技術情報区は、同市カイラン区フンタイン街区(phuong H...>> 続き
ホーチミン:下水道料金、22年から徴収開始 (11日)
 ホーチミン市はこのほど、市の下水道を利用する個人・組織を対象として、2022年から下水サービス料金の徴収を開始することを決定した。  決定によると、2022年における下水サービス料金は上水道料金の15%...>> 続き
ハノイ:仏系コンサルがメトロ2A号線の安全性リスクを指摘 (11日)
 間もなく運行開始が予定されているハノイ市都市鉄道(メトロ)2A号線(ドンダー区カットリン~ハドン区間)の安全性評価について、フランス系コンサルタントはこのほど、システム作動時に不安視されるリスク16件を...>> 続き
ハノイ:BT契約によるPPP案件82件を停止、一部は公共投資に (11日)
 ハノイ市計画投資局はこのほど、建設・譲渡(BT)契約による官民パートナーシップ(PPP)案件82件について、実施停止を指示する文書をそれぞれの投資主に通知した。同局は理由として、PPP投資法が2021年1月1日に施...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited