ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ベトナムのホワイトカラー人材紹介市場、7~9月の動向

2020/10/27 15:37 JST配信
イメージ画像
イメージ画像 写真の拡大

 世界11か国で人材紹介事業を展開する株式会社ジェイエイシーリクルートメント(東京都千代田区)は26日、2020年7~9月におけるアジア各国のホワイトカラー人材紹介市場の動向を発表した。

 7~9月は、アジア各国で新型コロナウイルスの影響が残ったものの、徐々に規制緩和や入国制限解除の動きなどが見え始め、全てのアジアの国々で求人数が回復した。ベトナムは対前年同期比、前期比共に求人数が増加した。日本の海外事業関連求人も前年並みまで回復した一方、シンガポールのビザ取得の厳格化、香港の大企業の大規模リストラ予定など、回復への懸念は残っている。

 ベトナムは入国緩和の動きが進み、経済の復調も徐々に見られる。景気も回復基調となり、求人は前年同期比+16%増、前期比+32%増となった。

 ベトナム法人ディレクターの桑田聡氏は、ベトナムにおける企業の採用動向について、経済回復に伴い主に外資系企業からの求人数が大幅に増加したことで、全体の求人数も増加した一方、求人が出る業界・業種と出ない業界・業種の差が大きくなっていると指摘する。

 製造業・専門商社・IT・物流では求人が堅調だが、縫製業界、ホテル・旅行・飲食を中心とするサービス業の求人は鈍化が続いている。自動車および電子製品の需要回復に伴い、特に専門商社の電子部品関連の求人が増加した。

 ベトナム人の求職者の動向については、例年ほど求人が多くないため、今が転職に絶好の時期だと考えている求職者が少ないことからやや慎重さが見える。また、年末が近付くにつれて例年はテト(旧正月)賞与を意識し、支給されるまでは転職の意欲が下がるが、今年は新型コロナウイルスの影響を受けている企業ではテト賞与の支給や年末年始の昇給が見込めないところもあるため、10~12月は転職活動をする求職者の動きが例年より多くなる可能性もある。

 日本人の転職希望者については、引き続きベトナム現地在住者が増えている。一方、日本在住の日本人でベトナムでの就業を希望する人材は、ベトナムだけでなく海外転職を控える動きが目立つ。入国緩和の状況次第で、10~12月は動向が大きく変わることが予想される。

Clip to Evernote
[2020年10月26日 株式会社ジェイエイシーリクルートメントニュースリリース A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [日系]
日本、入国時の3回目以降接種条件に有効なワクチンを追加 (23日)
 日本政府は22日、新たな水際対策措置を決定した。6月1日午前0時から適用している措置に関して、6月26日午前0時以降、日本入国時の水際防疫措置緩和の対象として、新たに2種類のワクチンを3回目以降の接種に有効...>> 続き
日越食文化協会、ベトナムから日本への食品商材輸出で地場企業とパートナーシップ契約締結 (22日)
 日越食文化協会(JVGA、東京都新宿区)と地場パシフィックフーズ(Pacific Foods、ホーチミン市)はこのほど、ベトナムから日本へのベトナム食品商材輸出に関してパートナーシップ契約を締結した。  JVGAは2019...>> 続き
労働省がアイム・ジャパンと覚書、期日通り帰国の技能実習生に起業支援金 (21日)
 労働傷病兵社会省傘下の海外労働者センター(Colab)は20日、公益財団法人国際人材育成機構アイム・ジャパンとの間で、ベトナムから日本への技能実習生送り出しプログラムに関する覚書(MOU)を締結した。  今...>> 続き
在ベトナム日本国大使館、日越外交関係樹立50周年記念ロゴマークの募集を開始 (21日)
 在ベトナム日本国大使館はこのほど、日本とベトナムが2023年に外交関係樹立50周年を迎えることを受けて、日越外交関係樹立50周年記念ロゴマークの一般募集を開始した。    日本とベトナムの関係は、互...>> 続き
自立支援デイサービスのポラリス、ベトナム初の事業所開設 (20日)
 日本全国で70か所近くの自立支援特化型通所介護施設(デイサービス)を運営している株式会社ポラリス(兵庫県宝塚市)は、医療リハビリサービスを手掛ける地場レメディ(Remedy、ハノイ市)と業務提携し、6月27日より...>> 続き
これより過去の記事は、日系記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved