ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

明治、粉ミルク事業拡大でベトナムに新会社を設立

2021/03/15 03:41 JST配信
Clip to Evernote
(C) 明治
(C) 明治 写真の拡大

 株式会社明治(東京都中央区)は、ベトナムにおける乳幼児用粉ミルク事業の拡大に対応し、海外市場での持続的な成長基盤を確立することを目的として、新会社「メイジフードベトナム(Meiji Food Vietnam)」をハノイ市に設立する。

 メイジフードベトナムでは、乳幼児用粉ミルクなどの輸入・販売を手掛ける。資本金は434億VND(約2億円)で、明治が100%出資する。4月より事業を開始する予定。

 現在、明治のベトナムでの乳幼児用粉ミルク事業は主に日本から製品を輸入しており、業績は順調に拡大している。また、ベトナムは年間出生数が約150万人と日本の約1.7倍で、今後も市場が拡大する見通しだ。

 こうした中、ベトナムに新会社を設立することにより、より迅速で効果的な営業活動を展開すると共に、地域に根付いた事業展開の実現を目指す。

 また、明治はベトナムにおける女性の低栄養問題の解決に向けて、2018年より工場で働く女性従業員の健康状態を改善するために「女子工場労働者の栄養改善事業」の取り組みを進めている。

 この取り組みは、栄養士が工場で働く女性従業員に対して行う栄養教育や栄養強化ミルクの提供・販売を通じて継続的に栄養状態を改善してもらうことを目的としている。ベトナムのハノイ医科大学とも協力し、国際協力機構(JICA)のSDGsビジネス支援事業にも採択されている。

[2021年3月12日 株式会社明治ニュースリリース A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [日系]
JICA、中小企業・SDGsビジネス支援事業でベトナム案件12件を採択 (5:43)
 国際協力機構(JICA)は、2020年12月に公示した中小企業・SDGsビジネス支援事業(2020年度第2回)の審査を経て、合計54件(基礎調査13件、案件化調査30件、普及・実証・ビジネス化事業11件)の採択を決定した。このう...>> 続き
JCB、バンベト銀行と国内初のJCB法人カードを発行開始 (2:24)
 日本発唯一の国際カードブランド運営会社である株式会社ジェーシービーの海外業務を行う子会社、株式会社ジェーシービー・インターナショナル(東京都港区)は、ホーチミン市に本拠を置くバンベト銀行[BVB](Viet ...>> 続き
兼松、ベトナムの鋼構造物会社と資本業務提携 (22日)
 兼松株式会社(東京都港区)は3月にベトナムのATAD Steel Structure Corporation(ATAD、ホーチミン市)と資本業務提携契約を締結し、同社を持分法適用会社とした。  2004年に設立されたATADは、鋼構造物の設計...>> 続き
ホンダベトナム、新社長に二輪事業企画部長の三原氏が就任 (20日)
 ホンダの二輪事業本部事業企画部長を務めていた三原大樹氏がこのほど、ホンダベトナム(Honda Vietnam)の新社長に就任した。前任は鶴薗圭介氏。  ベトナム現地紙によると、三原氏は1969年生まれ。2004年にホ...>> 続き
長崎大学、ベトナムで「目の健康プロジェクト」実施 JICA草の根技術協力事業に採択 (19日)
 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科は、国際協力機構(JICA)の「2020年度草の根技術協力事業」の草の根協力支援型に「ベトナムにおけるアイバンク事業を中心とした目の健康プロジェクト」を申請し、このほど採択...>> 続き
これより過去の記事は、日系記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited