ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

在越外国人労働者の強制社会保険加入、政令草案を提出

2018/04/12 06:35 JST配信
Clip to Evernote
(C) dantri
(C) dantri 写真の拡大

 労働傷病兵社会省は、ベトナムで就業する外国人労働者の強制社会保険加入の義務化と労働上の安全確保をガイダンスする政令草案を政府に提出した。同政令は2018年6月1日に施行される見通しだ。

 草案によると、労働許可証(ワークパーミット)を有し、さらにベトナム国内の雇用者との間で契約期間1か月以上または無制限の労働契約を結んでいる外国人労働者は、ベトナム人労働者と同様に強制社会保険に加入しなければならない。

 これにより、外国人労働者は2022年1月1日からベトナム人労働者と同様に強制社会保険に加入し、◇疾病、◇妊娠・出産、◇労働災害・職業病、◇年金、◇死亡手当の5つの制度を受けることができるようになる。

 強制社会保険の料率は、本人負担8%、会社負担17.5%となる。会社負担17.5%の保険料の配分先は、14%が退職者・死亡者遺族基金、3%が疾病・妊娠・出産基金、0.5%が労働災害・職業病基金となる。

 これに関連して労働傷病兵社会省は、社会保険の二重加入の回避に向けて、ドイツと韓国の2か国との間で協定の交渉を完了している。なお、日本とは交渉中だ。

[Dantri, 10/04/2018 - 08:32 GMT+7, A].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved.  免責事項
最新ニュース [社会]
シンガポール、過去最大規模の偽装結婚仲介ルートを摘発 (14:25)
 シンガポール当局はこのほど、在留資格の取得を目的とする偽装結婚を仲介した大規模な偽装結婚仲介グループを摘発したことを明らかにした。  同事件に関与したのは、グループメンバーおよびベトナム人とシ...>> 続き
清涼飲料水の年間消費量が急増、国民1人当たり44L (6:01)
 保健省は22日、清涼飲料水の消費を管理することを目的とした世界保健機関(WHO)の新たな提唱を発表した。ベトナムでは国民1人当たりの清涼飲料水の年間消費量が、2000年の6Lから2016年には44Lへと急増している。...>> 続き
ホーチミン:路上駐車料金、8月1日から時間制に (3:21)
 ホーチミン市は、8月1日から市内の35本の通りの路上駐車料金を回数制から時間制に変更すると共に、駐車料金の支払方法を変更する。同市は6月1日からの変更を予定していたが、準備が間に合わないため実施時期を2...>> 続き
ホーチミン:米国人人気シェフが名付け親の名店「ランチレディー」 (23日)
 ホーチミン市ビンタイン区ホアンサ通り(Hoang Sa)に建つマンションの一角にある屋台「ランチレディー(Lunch Lady)」は、中心部からやや離れているものの、地元の客だけでなく外国人観光客のグループも訪れる、...>> 続き
ホーチミン:太陽光パネル設置世帯が増加、売電も活発化 (22日)
 ホーチミン市電力総公社(EVNHCMC)のグエン・タン・フン地域社会関係委員長によれば、同市は年間を通して太陽放射が強く、太陽光エネルギー事業の発展と太陽光エネルギーの使用拡大が期待できる市場だという。 ...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)