ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

バリア・ブンタウ省:国家遺産の給水塔、60年以上ツバメが巣作り

2018/06/30 05:49 JST配信
Clip to Evernote
(C) Nguyen Khoa, VnExpress
(C) Nguyen Khoa, VnExpress 写真の拡大

 東南部地方バリア・ブンタウ省バリア市の中心部にある巨大な給水塔の貯水槽の下では、ツバメの群れが子育ての真っ最中だ。給水塔にはびっしりとツバメの巣が作られ、上空には餌を求めて親鳥が飛び交い、ヒナたちのさえずりが辺り一面に響き渡る。

 給水塔は同市の8月革命通りと4月27日通りの交差点に建ち、市民には「丸い家」の通称で呼ばれ、長い歴史を持つ。給水塔は20世紀初頭に教会の建設やゴム農園の開拓に伴い、統治者や兵士に水を供給するためフランス人によって建設された。

 給水塔は高さ20m、鉄筋コンクリートの柱8本の上に直径7mの円柱型の貯水槽があり、屋根はトタンでできている。柱同士は梁で繋がっており、配管が2本通されている。1945年に日本人が貯水槽の下に設置した警報装置は今もなお問題なく作動している。給水塔の下部には柱を取り囲むようにして一辺6m、高さ4mの八角形の部屋がある。この部屋は南ベトナム時代にバリア市警察局の事務所として使われていた。

 バリア市に住む男性(77歳)が60年前に同市に移住した頃には既に給水塔にツバメが住みついていて、更に年配の人々によればツバメはフランス統治時代から給水塔で巣を作っていたそう。

 ツバメの群れは毎年春になると給水塔に巣を作り、雨季の初めの数か月をここで過ごす。30年以上前に長期間にわたり給水塔の大規模修繕が実施された時に一度姿を消した以外は、毎年戻ってくるのだとか。過去には給水塔を登り巣を荒らしに来る人も現れたが、地元民が見つけ阻止した。また公の機関が集中していることもあり、ツバメたちが現在まで安全に子育てを続けられている。

 給水塔は1987年に国家遺産に認定され、現在では市内の観光スポットの1つとなっており、展覧会なども開催される。建築様式だけでなくツバメも給水塔の独自性を作り上げている。

[Nguyen Khoa, VnExpress, 21/6/2018, 08:10 (GMT+7), T].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
葉っぱがお金の代わり、タイニン省の“仏様のバザー” (4日)
 東南部地方タイニン省には、お金を使わない奇妙なバザーがある。ここでは、来訪客が現金の代わりに葉っぱで商品を購入する。  このバザーは、ホアタイン郡(huyen Hoa Thanh)に住む医師ブイ・クオック・タイ...>> 続き
フエ:阮朝時代の城門2基、住民立ち退きで再発見 (4日)
 このほど、北中部地方トゥアティエン・フエ省フエ市トゥアンロック街区(phuong Thuan Loc)で住民の立ち退きに伴い家屋が取り壊された際に、グエン(阮)朝(1802~1945年)時代のものとみられるレンガ造りの城門2基...>> 続き
国と省庁・政府機関の予算透明度、共に大幅改善 (3日)
 予算透明連盟(BTAP)および開発統合センター(CDI)が発表した「予算公開指数(Open Budget Index=OBI)」および「省庁・政府直属機関の予算透明度指数(Ministry Open Budget Index=MOBI)」の2019年版によると、国...>> 続き
航空局、パキスタンに飛行免許審査協力を要請 外国人操縦士全員の免許も再審査 (3日)
 パキスタン人パイロットの免許不正取得疑惑に関連し、交通運輸省傘下ベトナム民間航空局(CAAV)はパキスタン管轄局宛てにパキスタン人パイロット27人の書類を送付して審査の協力を要請した。パキスタン当局によ...>> 続き
公共サービスポータルサイト、交通違反の罰金納付など6種類のサービス追加 (2日)
 オンライン公共サービスを提供する国家公共サービスポータルサイト<www.dichvucong.gov.vn>は、7月1日から道路交通分野の行政違反の罰金納付など6種類のサービスを追加する。実施中の14種類のサービスと合わ...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)