ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

映画「ドクちゃん−フジとサクラにつなぐ愛−」日本初上映、ドクさんが舞台挨拶に登壇

2024/04/12 15:30 JST配信
(C) VIETJO/A-TIM’s
(C) VIETJO/A-TIM’s 写真の拡大
  • 舞台挨拶にドクさんと川畑監督が登壇
  • 「現在の姿をありのままに見てほしい」
  • 「平和のありがたさを伝えたい」

ベトナム戦争時に米軍が散布した枯葉剤の影響で結合双生児として生まれた「ベトちゃんドクちゃん」の「ドクちゃん」ことグエン・ドクさん(43歳)の、今も後遺症と戦う宿命、そして平和のメッセンジャーという使命とともに逞しく生きる姿を捉えたドキュメンタリー映画「ドクちゃん−フジとサクラにつなぐ愛−」の特別試写会が11日、東京・日本赤十字看護大学広尾ホールで行われた。

© VIETJO/A-TIM’s

 ドクさんは2024年2月25日で43歳を迎え、現在は夫として、父として、結婚18年目を迎える妻のトゥエンさんと、双子の子供であるフー・シー(フジ)くんとアイン・ダオ(サクラ)さんとともに、闘病中の義母を自宅介護しつつ、自身も入退院を繰り返しながら一家の唯一の稼ぎ手として暮らしている。

 これに先立つ8日、同映画はホーチミン市で開催された「ホーチミン市国際映画祭(HIFF)」で初めて上映され、ベトナム国内でも大きな反響を巻き起こした。

 11日の特別試写会が日本初上映となり、当日は訪日したドクさん、そして同映画の監督を務めた川畑耕平氏が登壇し、プロデューサーのリントン貴絵ルース氏の進行のもと、舞台挨拶が行われた。

© VIETJO/A-TIM’s

 会場となった広尾ホールは、兄のベトさんとドクさんが1986年に約4か月間の入院生活を送った日本赤十字社医療センターにある。当時、急性脳症によりベトさんの容体が悪化し、2人は身体がつながったまま、ベトナムから救急搬送されたのだった。さらに、日赤は1988年にベトナムで行われた2人の分離手術も支援したことから、ドクさんにとっても縁の深い会場での記念すべき日本初上映が実現した。

 ドクさんは今回が53回目の訪日で、日本を「第2のふるさと」と呼んでいるが、日赤を訪れたのは1986年の入院以来、これが2回目だという。

 ドクさんは舞台挨拶の冒頭、「皆さん、ありがとうございます」と流ちょうな日本語で挨拶した。映画では、今までの経験、そして今現在の姿をありのままに見せているドクさん。この映画を通じて伝えたいことについて問われたドクさんは、「2つあります。1つ目は現在の私、グエン・ドクの真実の姿を、ありのままに見ていただきたいです。2つ目は平和のありがたさ、戦争を再び起こすまいという気持ちを伝えたいです」と答えた。

 さらに、「私のことは日本でもたくさん報道されたり、本などで伝えられてきましたが、『ちょっとどうなんだろう』と思うような部分もあったので、今回の映画を通じて、私、ドクという人間について、正しく見ていただきたいなと思います」と付け加えた。

© VIETJO/A-TIM’s

 いよいよ日本での初お披露目となった今の気持ちについて川畑監督は、「日本とベトナムの文化の違いや言葉の問題などもありましたが、色々な方々の支えがあってここまでくることができました」と感謝を述べた。

 現在、ドクさん自身もホーチミン市ツーズー病院に職員として勤務し、実際に医療の現場を体験している。ドクさんにとっての看護や医療について問われると、「患者というのはそれぞれが困難を抱えて病院に来るので、その方たちをいかに大切に扱えるか、そして少しでも希望を持ってもらい、明るい気持ちになってもらえるかが、医療の現場の人間にとって大切だと思います」と話した。

 一方、現在も深刻な健康問題と闘っているドクさん。そんなドクさんが健康と向き合う姿勢について川畑監督は、「2022年12月に最初にインタビューしたときに、(ドクさんが)『僕はどのぐらい生きられるかわからない』と言っていたんです。食べるものにも気を遣い、運動もしていて、すごく健康に気を遣っているんですが、取材を通じて思ったのは、『生きたい』ということ以上に、双子の子供たちととにかく長く一緒にいたい、という気持ちが根底にあるのかなと感じました」と語った。

 舞台挨拶の最後には、会場に集まった日本赤十字看護大学の学生に向けて、ドクさんと川畑監督から応援のメッセージが贈られた。

© VIETJO/A-TIM’s

 映画「ドクちゃん−フジとサクラにつなぐ愛−」は、2023年の日越外交関係樹立50周年と、分離手術から35周年を記念するドキュメンタリー作品となっており、ドクさんの等身大の姿をありのままに映している。日本では5月3日(金)に新宿ピカデリーほかでの公開が決定している。

<公開劇場情報>

◇2024年5月3日(金・祝)公開
東京(新宿):新宿ピカデリー
愛知(名古屋):ミッドランドスクエアシネマ
大阪(大阪):なんばパークスシネマ
栃木(宇都宮):宇都宮ヒカリ座

◇2024年5月18日(土)公開
兵庫(神戸):元町映画館

◇順次公開
京都(京都):京都シネマ
福岡(福岡):KBCシネマ
長野(長野):長野千石劇場
静岡(浜松):CINEMA e_RA
沖縄(那覇):桜坂劇場
ほか

 映画の詳細は、公式ウェブサイトエックス(X)インスタグラム(Instagram)を参照。



(※本記事はVIETJOベトナムニュースとベトナムエンタメ情報サイト「A-TIM’s(エータイムズ)」の合同取材によるものです。)

[2024年4月11日 ベトジョーニュース/A-TIM’s A].  © Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 免責事項
新着ニュース一覧
ホーチミン:ホームデコ・ギフト展示会「LifeStyle」、10月開催 (2:30)

 ホーチミン市12区のクアンチュンソフトウェアパークにあるスカイエキスポベトナム(Sky Expo Vietnam:duong So 1, Cong vien Phan mem Quang Trung, quan 12, TP. Ho Chi Minh)で、10月18日(金)から21日(月)ま...

趣味でアリを飼育する会社員、月10万円以上の副収入に (26日)

 ハノイ市ドンダー区在住の会社員のブイ・ゴック・クオンさん(男性)は、ストレスの多い仕事の後の趣味として、観賞用のアリを飼育している。クオンさんは、アリの個体や飼育用品を販売することで、月に2000万~3...

「24年夏の人気観光地」にダナンが選出、トリップアドバイザー (25日)

 世界最大の旅行プラットフォーム「トリップアドバイザー(TripAdvisor)」は、世界6か国(米国、英国、イタリア、オーストラリア、シンガポール、日本)の旅行者への意識調査とサイトの利用状況データをもとに、202...

ダナン:アジアパークが新たなショー開催、ハリウッド級演出も (25日)

 南中部沿岸地方ダナン市にあるテーマパーク「アジアパーク(Asia Park)」では6月、「Symphony of River」や「Roi Viet(ベトナム人形劇)」など初登場となる多くのショーを開催して夏季の来場者を歓迎する。  ...

ホーチミン:「南部フルーツフェスティバル」開催、6月1日から (25日)

 ホーチミン市直轄トゥードゥック市タンフー街区のスオイティエン公園(120 xa lo Ha Noi, phuong Tan Phu, TP. Thu Duc, TP. Ho Chi Minh)で6月1日から8月30日まで3か月間にわたり、「南部フルーツフェスティバ...

ハノイ:深夜の貸家で火災、死者14人・負傷者3人 (24日)

 ハノイ市カウザイ区チュンホア街区チュンキン(Trung Kinh)通りの狭い路地にある3階建ての家屋で24日午前0時45分ごろに大規模な火災が発生した。これまでに14人が死亡する大惨事となっている。  この家屋は...

プーチン露大統領ら各国首脳、ベトナムのラム新国家主席に祝電 (24日)

 ロシアのウラジーミル・プーチン大統領をはじめとする各国の首脳らが、22日に開かれた第15期(2021~2026年)第7回国会で、ベトナムの新国家主席に選出されたトー・ラム氏に祝電を送った。  プーチン大統領は...

外国籍船とはしけが衝突、コンテナ9個がドンナイ川に落下 (24日)

 23日午後、ホーチミン市直轄トゥードゥック市カットライ街区を流れる3本の川(ドンナイ川、サイゴン川、ニャーベー川)の合流点エリアで、シンガポール船籍の船とはしけが衝突する事故が発生した。この事故により...

WEF旅行・観光開発指数ランキング、越は119か国中59位 (24日)

 世界経済フォーラム(WEF)が発表した「2024年版旅行・観光開発指数(The Travel & Tourism Development Index 2024)」のランキングによると、ベトナムはスコアが3.96で世界119か国・地域中59位となった。2019年と...

ベトテル子会社、ウェアラブル医療機器の提供で韓国企業と提携 (24日)

 韓国の医療機器メーカーであるシアース・テクノロジー(Seers Tecnology)はこのほど、ベトナム軍隊工業通信グループ(ベトテル=Viettel)傘下のベトテル企業ソリューション総公社(ベトテル・ソリューションズ=Vi...

非現金決済に関する新政令、電子マネーを初めて定義 (24日)

 政府は、非現金決済に関する政令第52号/2024/ND-CPを公布した。これは、政令第101号/2012/ND-CPと政令第80号/2016/ND-CPに置き換わるもので、7月1日に施行される。  新政令によると、「電子マネー」は、電...

三菱電機、ベトナムでFA機器の合弁会社を設立 (24日)

 三菱電機株式会社(東京都千代田区)は、ASEAN向けFA機器の生産体制を強化するため、冨士ベークライト株式会社(岡山県小田郡)との間で、冨士ベークライトの子会社である冨士ベークライトベトナム(Fuji Bakelite V...

ベトジェットエア、運賃割引・0VNDキャンペーン実施中 (24日)

 格安航空会社(LCC)最大手ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)は、5月27日(月)まで、ベトナム~インド路線の往復運賃が最大50%割引(税など含まず)からとなるキャンペーンを実施して

ベトナムの越境EC輸出額、直近5年で4倍に (24日)

 商工省傘下の電子商取引・デジタル経済局(IDEA)は22日、アマゾン・グローバル・セリング・ベトナム(Amazon Global Selling Vietnam)と協力し、プログラム「国境を越えた電子商取引:画期的時代」の第2期の発表...

岸田首相、ベトナム新国家主席就任で祝辞 (24日)

 22日に開かれた第15期(2021~2026年)第7回国会で、トー・ラム公安相が新国家主席に選出された。これを受けて、日本の岸田文雄内閣総理大臣は翌23日、ラム国家主席に祝意を表す書簡を発出した。  岸田総理大...

©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved