ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

第1回ホーチミン市国際映画祭が閉幕、ベトナム映画1作品受賞

2024/04/18 04:16 JST配信
  • 初開催のホーチミン市国際映画祭が閉幕
  • ベトナム映画「ソン・ランの響き」が受賞
  • ベトナム映画として唯一の受賞果たす

ホーチミン市国際映画祭(HIFF)」が6日から13日にかけて初めて開催され、最終日の13日には各賞の授賞式が行われた。

 これは、ホーチミン市の主催による初めての国際映画祭となり、今後毎年開催される。第1回のテーマは「タイムトラベル」。映画祭には、短編と長編の計46作品がコンペティションに出品され、審査が行われた。

 受賞作品のうち、レオン・レ(Leon Le)監督が手掛けた2018年公開のベトナム映画「ソン・ランの響き(原題:Song Lang)」が「ホーチミン市最優秀映画賞」を受賞し、ベトナム映画として唯一の受賞を果たした。

 このほか、「東南アジア最優秀映画賞」はフィリピンの「野獣のゴスペル(The Gospel of the Beast)」、「審査員賞」はシンガポール・日本・スロベニアが共同制作した「Last Shadow at First Light」と、チリ・アルゼンチンが共同制作した「Alien0089」の2本が受賞した。

 「Last Shadow at First Light」は、「最優秀技術賞」「最優秀撮影賞」「最優秀脚本賞」も受賞した。また、日本・フィリピン・シンガポールが共同制作した「ブルーイマジン(Blue Imagine)」が、「最優秀音楽賞」を受賞した。

 「ソン・ランの響き」は、2018年の第31回東京国際映画祭(TIFF)で上映されたほか、2020年には日本全国で公開された。TIFFでは主演のリエン・ビン・ファット(Lien Binh Phat)が「東京ジェムストーン賞」を受賞。また2019年に開催された第21回ベトナム映画祭では最優秀作品賞にあたる「ゴールデンロータス賞(Bong Sen Vang)」に輝いた。さらにレオン・レ監督が監督賞を、アイザック(Issac)が助演男優賞を受賞した。このほか、世界各地の映画祭に出品され、数々の賞を受賞している。

 この映画ではベトナム南部の民謡を取り入れた伝統歌劇「カイルオン(Cai Luong)」を扱っている。題名の「ソン・ラン」は、カイルオンに欠かせないベトナムの民族楽器。「借金の取り立て屋」と「カイルオンの花形役者」という全く接点のないはずの2人の男がカイルオンを通じて出会い、分かり合っていく様子を描いた作品となっている。

 なお、今回の映画祭では、ベトナム戦争時に米軍が散布した枯葉剤の影響で結合双生児として生まれた「ベトちゃんドクちゃん」の「ドクちゃん」ことグエン・ドクさん(43歳)のドキュメンタリー映画「ドクちゃん−フジとサクラにつなぐ愛−」が初上映され、大きな反響を巻き起こした。

[PLO 00:23 14/04/2024, A].  © Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 免責事項
新着ニュース一覧
ホイアン:ドローンショーを初開催 6月1日から3か月 (2:34)

 南中部沿岸地方クアンナム省ホイアン市のホイアン・メモリーズランド(Hoi An Memories Land)で、6月1日から建国記念日の9月2日まで、ドローンショー「Light to Sky Festival」が開催される。  同イベントで...

ベトナムの富裕層、海外不動産への投資需要が急増 (28日)

 今年に入ってから、世界の富裕層向け不動産管理会社2社がベトナム市場に参入した。英国のサヴィルズ・ザ・プライベート・オフィス(Savills The Private Office)とクリスティーズ・インターナショナル・リアルエ...

FPT情報システム、オックスフォード大学出版局と英語教育で提携 (28日)

 ベトナムの情報技術(IT)最大手FPT情報通信[FPT](FPT Corporation)傘下のFPT情報システム(FPT IS)は、世界最大の大学出版局であるオックスフォード大学出版局(Oxford University Pre

趣味でアリを飼育する会社員、月10万円以上の副収入に (26日)

 ハノイ市ドンダー区在住の会社員のブイ・ゴック・クオンさん(男性)は、ストレスの多い仕事の後の趣味として、観賞用のアリを飼育している。クオンさんは、アリの個体や飼育用品を販売することで、月に2000万~3...

ビングループ、韓国観光公社と協力覚書を締結 (28日)

 地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)は25日、韓国観光公社(KTO)との間で、両国間の文化・観光交流の促進に関する協力覚書(MOU)を締結した。

ベトジェットエア、フーコック~台中/高雄線を6月就航 (28日)

 格安航空会社(LCC)最大手ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)は6月、南部メコンデルタ地方キエンザン省フーコック島と台湾の台中および高雄を結ぶ国際線を就航する。

モビフォン、クラウドゲーミングサービスを発表 (28日)

 地場情報通信サービス大手のモビフォン(MobiFone)は、クラウドゲーミングサービス「モビゲーム(MobiGames)」を発表した。  クラウドゲーミングサービスは、コンピュータゲームをストリーミング配信するサー...

中銀、公定レート許容変動幅の拡大を否定 ドル売り市場介入でド.. (28日)

 外国為替市場でベトナムドン安・米ドル高が進んでいることを受け、ベトナム国家銀行(中央銀行)のファム・チー・クアン金融政策局長は24日、中銀が今後も必要に応じてドル売りの市場介入を実施し、ドン安・ドル...

職場でのAI導入率、ベトナムは世界平均より高水準 (28日)

 米マイクロソフト(Microsoft)が先般発表した職場における人工知能(AI)導入状況に関する調査結果によると、ベトナムの知識労働者の88%が生成AIをはじめとするAIを仕事に活用しており、これは世界平均の75%を上...

仲介利用の韓国人の国際結婚相手、8割がベトナム人 (28日)

 韓国女性家族省はこのほど、2020~2023年における国際結婚仲介業の利用者と、2022年末時点で事業者登録されている国際結婚仲介事業者を対象にした実態調査の結果を発表した。  韓国と海外の国際結婚仲介事...

EVタクシー、事業開始から1年余りで全国タクシー台数の4割に (28日)

 ベトナム国内で電気自動車(EV)によるタクシーサービスが導入されてから、1年余りが経過した現在、全国のEVタクシー台数は3万台以上に増加し、タクシー台数全体の4割以上を占めるまでになっている。  この背...

ベトナム航空、ハノイ~成都線を6月25日に運航再開 (28日)

 ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)は6月25日、ハノイ市ノイバイ国際空港と中国・成都天府国際空港とを結ぶ国際路線の運航を再開する。ハノイ~成都線は火・水・金・日の週4便運

1~5月期のFDI認可額、前年同期比+2%増(推定値) (28日)

 計画投資省海外投資局(FIA)が発表した海外直接投資(FDI)に関するデータによると、2024年1~5月期のFDI認可額(推定値)は前年同期比+2.0%増の110億7184万USD(約1兆7400億円)だった。  新規認可案件数は同+27...

エス・エー・エス、ベトナム最大手の日本語学習塾運営企業と提携 (28日)

 金融・流通・クレジット業務を中心としたシステム構築およびコンサルティングなどを手掛けるエス・エー・エス株式会社(東京都港区)は、ベトナム最大手の日本語学習塾運営企業であるリキベトナム教育・貿易(Riki...

ホーチミン:高級製品の国際展示会、5月30日から開催 (28日)

 ホーチミン市7区のサイゴンエキシビション&コンベンションセンター(SECC:799 Nguyen Van Linh, quan 7, TP. Ho Chi Minh)で、5月30日(木)から6月2日(日)まで、高級製品の国際展示会「VIPREMIUM 2024(Vietnam ...

©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved