ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

人里離れた村に暮らすアルビノの双子、ライブ配信が収入源

2020/06/28 05:23 JST配信
Clip to Evernote
(C) zingnews
(C) zingnews 写真の拡大
(C) zingnews
(C) zingnews 写真の拡大

 一家はクリスチャンだ。双子の母親のタインさんは6年間あちこちに出稼ぎに行っていたが、半年前に帰ってきた。タインさんはお金を稼ぐためにもっと働きたい反面、自分が不在の間に双子が遅く寝て早く起きてあれこれしなければならないことを心配し、主婦になることを受け入れた。

 タインさんは、フイさんとフンさんが生まれた日のことを今でも鮮明に覚えている。肌も髪の毛も白く、小さくてか弱い双子だった。2人がアルビノだと知って、物珍しさで大勢の人が詰めかけた。ある人は、タインさんが妊娠中に外国映画ばかり見ていたせいで2人がアルビノで生まれたのだと咎めた。

 タインさんは悲しみを抱えながらも子供を愛し、他人の戯言を無視した。2人が学齢期になると、コミュニティに溶け込ませるために学校へ行かせた。こうして2人は素直に育ち、楽器を演奏し、歌を歌い、多くの人に愛されて社会の役に立つことをたくさん実行してきた。

 2人は今、自分たちの歌唱力でお金を稼いでいる。毎日夜9時になると、フイさんとフンさんは自宅の隅にテーブルを置いて、ライブ配信の準備をする。フイさんによると、2人は2019年10月からこの仕事で収入を得ている。

 双子のライブ配信は、毎回600~700人が視聴する。いわゆる「投げ銭」が多いほど、2人の収入も増える。「たくさんの人が褒めてくれて応援してくれるので、数時間歌い続けることもありますが、疲れは感じません」とフイさんは笑って語る。

 マイクなどの設備は自分たちで購入した中古品で、プロが使うような高級品ではないが、自分たちの声を視聴者に届けるには充分だ。

 毎週日曜日は、礼拝のため家族で教会に行き、フイさんとフンさんは教会の合唱団で演奏する。フイさんは合唱団のリーダーを務めており、礼拝のたびにピアノを弾いている。しかし、実はピアノも独学だ。

 数年前、フイさんはピアノを習うために北中部地方ゲアン省ビン市の教会に行きたいと母親に頼んだ。しかし、フインさんは視力が弱く音符を読むことができないため、教える側も戸惑い、1日で終わってしまった。

 それでもフイさんはあきらめず、たくさん音楽を聴きながら音符を推測して、徐々にピアノを弾くことができるようになった。この3年、フイさんは教会のあらゆる礼拝に欠かせない「ピアニスト」になった。

前へ   1   2   3   次へ
[Zing news 05:50 22/06/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
障がい者の職業訓練縫製工場を立ち上げた男性、自身も障がいと生きる (25日)
 両脚の麻痺により、這いながら脚を引きずって移動することしかできなかった10年間を経て、両脚の手術を受けてから少しずつ自力歩行ができるようになったファン・ミン・クイさん(男性・31歳)は、障がい者の仕事...>> 続き
脱サラして起業、ダチョウの飼育で成功した男性 (18日)
 東北部地方クアンニン省でダチョウの飼育を手掛けるグエン・ミン・ゴックさん(男性・36歳)の牧場は、ダチョウの飼育数が2015年時点の50羽から今では100羽余りに増えてクアンニン省最大規模となり、年間10億VND(...>> 続き
「ホーチミン市」命名の歴史的起源を追う (11日)
 2021年7月2日、サイゴンが「ホーチミン市(Thanh pho Ho Chi Minh)」と名付けられた日から45周年を迎えた。「『ホーチミン市』と名付けるアイデアを思い付いたのは誰ですか?」という読者からの質問を受け、地元...>> 続き
妻の前夫が事故で寝たきりに、8年続く「妻1人に夫2人」の一家の生活 (4日)
 妻の前夫が交通事故で外傷性脳損傷を受け、一生寝たきりになってしまうことを知ったグエン・バン・キエンさん(31歳、南部メコンデルタ地方アンザン省チャウドック市ビンテー村在住)は、前夫を家に迎え、妻とと...>> 続き
「おしん」からプリザーブドフラワー職人に、50歳を前に起業したベトナム人女性 (6/27)
 タイで5年間家政婦として働いていたレ・ティ・ベトさん(女性・63歳)は、家主からプリザーブドフラワーの作り方を教えてもらい、50歳でベトナムに戻って事業を始めた。  中部の暑い日差しが急に弱まった6月...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited