ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

全盲のピアニスト、母と二人三脚で夢を追う

2021/01/31 05:16 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 生まれつき視覚障害を持つドー・グエン・アイン・トゥーさんは、ピアニストになるという夢を追って母親と共に故郷の南部メコンデルタ地方キエンザン省ラックザー市からホーチミン市に移り住んだ。18年間に渡る母親のサポートを経て、ホーチミン市音楽院で初めての全盲の学生となった。

 ホーチミン市7区ミーカイン地区にある古いアパートの4階の小さな部屋で、アイン・トゥーさんがピアノの鍵盤に手を滑らせると、民謡「美しい竹(Cay Truc Xinh)」が響き渡った。目が見えないアイン・トゥーさんは、普通のピアノ奏者のように楽譜を見ながら弾くことができないため、1つの鍵盤を弾いたらすぐに次の鍵盤に両手を移動させなければならない。この曲を演奏できるようになるまでに、数十ページにも及ぶ楽譜を覚える必要があった。

 アイン・トゥーさんの母親、グエン・ティ・ホア・ホンさんはこう打ち明けた。「以前は、娘の人生がより色鮮やかになればと願い、ピアノの他にも水泳、絵画、将棋などたくさんの習い事をさせていました。娘が音楽院に入学し、合唱団で健常の楽器奏者と一緒に数百人の観客の前でピアノを演奏するようになる日が来るなんて想像もしていませんでした」。

 18年前、アイン・トゥーさんは母親が妊娠28週目の時に早産で生まれた。保育器の中で1か月以上過ごし、退院して家に帰った後、母親のホンさんは赤ん坊の目が動かないことに気づき、不安に駆られた。検査の結果、医師から早産による網膜剥離が原因の先天的な全盲だろうと告げられた。その日から、ホンさんは家の中で目をつぶって移動し、全盲の人の感覚や生活の仕方を理解し、娘の人生をサポートするための準備を始めた。

 両目は見えないが、アイン・トゥーさんの両耳の聴覚は優れていた。1歳の頃から様々な音や家族の声を判別することができ、家に客人が訪ねて来た時には声に耳を傾けて何人いるのか正確に当てることができた。

 当時、ラックザー市にはまだ視覚障害児のための学校がなかった。3歳になったアイン・トゥーさんを受け入れてくれる幼稚園もなく、ホンさんは家で自ら教育を行うことにした。ホンさんは点字を真似して硬い板にビーズを貼り付け、文字や綴りを教えた。初めは粒の大きなビーズを使って大きい文字を作っていたが、娘の手先が器用になるにつれ、ビーズも文字も徐々に小さくしていった。

 アイン・トゥーさんは小さな頃から歌と踊りが好きで、芸術の才能があると感じたホンさんは、オルガンの先生のもとへ通わせることにした。視覚障害者のための教則本がなかったため、ホンさんはビーズを使って点字形式の教則本を作成した。娘のレッスンは、ホンさんにとってのレッスンでもあった。

前へ   1   2   3   次へ
[VnExpress 05:05 11/01/2021, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
夫に火をつけられ生死をさまよった女性、復活までの2年間 (18日)
 夫にガソリンを掛けられ、火をつけられたために身体の92%に火傷を負い、生死の狭間をさまよったレ・ティ・キム・ガンさん(女性・34歳)は、その後の2年間に様々な困難を乗り越えながら、新しい生活を築いた。 ...>> 続き
ホーチミンの貧しい人々に古着を無料で届ける、ボランティアに生きる81歳 (11日)
 ホーチミン市ニャーベー郡在住のグエン・バン・トゥーさん(81歳)はこの4年間、毎日市内の工場労働者や貧しい人々に古着を無料で配っている。色々な人から「他人事の世話をするなんて、あの聴唖(ちょうあ)のじい...>> 続き
がんと闘いながら記憶喪失の親友と暮らす、70代の2人の友情 (4日)
 71歳のディン・ロンさんは、自分のほうがまだ元気だからとがんを患いながらも毎日お金を稼ぎに出かけ、同い年の親友であり、記憶を失ったルオン・フイン・タイさんの世話をしている。タイさんにとって、ロンさ...>> 続き
日本のベトナム人不法残留者数1.6万人、国籍別トップ (2日)
 日本の法務省出入国在留管理庁が発表した2021年1月1日時点における不法残留者数に関する統計によると、同時点の日本におけるベトナム人不法残留者数は1万5689人で、2020年1月1日時点の1万5561人と比べて+0.8%(...>> 続き
ニャチャンの海辺に佇むシクロの祭壇と孤独な運転手の物語 (3/28)
 2021年のテト(旧正月)のころ、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で、南中部沿岸地方カインホア省ニャチャン市の海沿いの道に寂しく佇む、ある孤独な男性が運転していたシクロの祭壇にまつわる話が...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited