ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

視覚障害のジャーナリスト、雑誌とラジオで視覚障害者に光を

2019/09/08 05:22 JST配信
Clip to Evernote
(C) tuoitre
(C) tuoitre 写真の拡大
(C) tuoitre
(C) tuoitre 写真の拡大

 国営ベトナムの声放送局(VOV)のリポーター、そして編集者として活躍するホアン・バン・リーさんは、先天性失明者でありながら、独自のやり方で15年間にわたりジャーナリズムの仕事に情熱的に取り組んできた。

 リーさんは父親と弟も視覚障害者という家庭で生まれ育った。小学生になり、リーさんはハノイ市にある視覚障害者のための学校、グエンディンチエウ小学校に通った。

 小学2年生の時、リーさんが11月20日の「ベトナム教師の日」にちなんだコンテストで書いた詩が、壁新聞に掲載された。リーさんの清らかかつ素朴で誠実な詩は、教師たちの注目を集めた。以降、リーさんに創作の機会が与えられるようになった。

 中学生時代には、リーさんの記事や詩、短編小説が様々なオンライン新聞で紹介され、ラジオのVOVでも放送されるようになった。「私の名前が新聞に出ているのを見たり、ラジオで取り上げられているのを聞くたびに、とても嬉しい気持ちになったものです」と、リーさんは執筆を始めた頃を思い出して微笑んだ。

 高校に入ると、リーさんは健常者と同じ私立のグエンディンチエウ高校に進んだ。高校では高校卒業試験と大学入学試験という2つの大きな試験に直面することになるが、それでもリーさんは文章を書くことに情熱を注ぎ、多くの時間を費やした。

 2001年、リーさんは盲学校時代の友人4人とともに「向日葵(Hoa Nang)」という月刊誌を発行した。当初は校内の生徒向けだったが、メディアで紹介されたことで様々な省・市の生徒たちの手に渡ることとなった。

 当時リーさんと友人たちは、視覚障害者の生徒だけでなく、南中部高原地方ダクラク省、東北部地方タイグエン省、同ランソン省など遠方の視覚障害者ではない生徒たちからもたくさんの共同執筆の申し出を受けた。

前へ   1   2   3   次へ
[Tuoi Tre 22:14 20/06/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
ホー・チ・ミン主席の胸像が70年ぶり帰国、コンダオ刑務所から渡仏 (5/31)
 2020年5月19日、故ホー・チ・ミン主席の生誕130周年を迎えた。  これに合わせて、70年近くフランスにあったホー・チ・ミン主席の胸像が、外交ルートを通じてベトナムに帰ってきた。この彫刻は長い間、最上...>> 続き
雌雄見分ける「ひよこ鑑定士」、高収入も人手不足 (5/24)
 養鶏場のニワトリのヒナ(ヒヨコ)の性別を鑑別する需要が日に日に高まっているが、総排出腔(直腸・排尿口・生殖口を兼ねる器官)で雌と雄を見分けられる人材がごくわずかしかいないため、この仕事は常に人手不足...>> 続き
難民船で生まれたベトナム系女性、命の恩人の英空軍兵とZoomで45年ぶり再会 (5/17)
 米国カリフォルニア州オレンジ郡に住むチエウ・アイン・ブー・リーバーマンさんは、45年前にエンジンが故障し海に漂流していた船の上で生まれた。そして生後わずか1日で、英国空軍のヘリコプター2機に救助され...>> 続き
本を修復して40年、ホーチミン最後の「本のお医者さん」 (5/10)
 ホーチミン市3区リーチンタン(Ly Chinh Thang)通りの路地裏に暮らすボー・バン・ザンさん(男性・60歳)は、古本を修理・修復する仕事に就いて40年余りになる。ザンさんは、ホーチミン市でこの仕事をまだ続けてい...>> 続き
オンライン学習のため4G電波探し道路沿いに「書斎」を建築したモン族の学生 (5/3)
 少数民族モン族のラウ・ミー・サーさん(男性・21歳)は、東北部地方ハザン省ドンバン郡スンチャイ村スンクア地区(ban Sung Cua, xa Sung Trai, huyen Dong Van)を走る道路の間に4Gの電波が入るポイントがあるこ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)