ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ホーチミン:チョロンにナイトストリートを設置、市商工局が意見聴取

2023/03/17 16:16 JST配信
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 ホーチミン市商工局は現在、同市のチョロン地区にナイトストリートを設置する案について、ホーチミン市人民委員会への提出に先立って関連機関に意見聴取を行っている。

 これは、同市の5区、6区、8区、11区に跨るベトナム最大の中華街として知られるチョロン地区のうち、6区のビンタイ市場の周辺に位置するグエンフウタン(Nguyen Huu Than)通り、タップムオイ(Thap Muoi)通り、レタンケー(Le Tan Ke)通り、チャンビン(Tran Binh)通りの4つの通り、総面積1500m2のエリアでナイトストリートを展開するもの。

 毎日18時から、飲食店や土産物店、文化交流ステージなどを展開する計画だ。エリア内には23台のキッチンカーを設置し、このうち9台は昔のチョロンをイメージしたデザインで、中華料理を提供する。ナイトストリートには毎晩約2000人が訪問する見込みで、併せて駐車場・駐輪場の設置や公衆トイレの設置・改修も行う。

 6区人民委員会は、ナイトストリートを2段階に分けて展開することを提案している。2023年末にかけて市民に意見聴取を行い、同市人民委員会に同案を提出し、投資家を選択する。次の5年間は実際にナイトストリートを展開し、定期的に評価し、適宜調整を行う。

 6区人民委員会は、チョロンナイトストリートはビンタイ市場を中心とする文化活動、商業、サービス、娯楽、観光の新たなスポットとなり、地元の夜間経済(ナイトタイムエコノミー)の発展にも貢献すると期待を寄せている。

 現在、ホーチミン市には、歩行者天国として1区グエンフエ(Nguyen Hue)通りと1区ブイビエン(Bui Vien)通り、飲食街として4区ビンカイン(Vinh Khanh)通りと6区ハウザン(Hau Giang)通り、10区クアンチュン(Quang Trung)通りと10区ホーティキー(Ho Thi Ky)通り、3区グエントゥオンヒエン(Nguyen Thuong Hien)通りがある。また、フーニュアン区のファンシックロン(Phan Xich Long)通りにも飲食街を設置する計画がある。

[VnExpress 00:00 16/03/2023, A].  © Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 免責事項
新着ニュース一覧
ビンファスト、UAE最大都市ドバイに拠点開設 (14:29)

 地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)傘下のビンファスト(VinFast)がアラブ首長国連邦(UAE)の最大都市ドバイに拠点を開設したことが、ドバイ政府ポータル

ビングループ、オーストラリアに駐在員事務所を開設 (13:38)

 地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)は21日に開いた取締役会で、オーストラリア駐在員事務所の開設を決議した。  同事務所は、オースト

ベトテル、顔認証に関する国際認証取得 ディープフェイク検出可 (13:17)

 携帯通信大手の軍隊工業通信グループ(Viettel Group=ベトテル)は、オンライン本人確認サービス「Viettel eKYC (Viettel electronic Know Your Customer)」がISO認証機関Taylorcoxからレベル2の顔認証(Face ID)...

ホーチミンの教会に100年以上眠る遺体、謎めいた神聖な「宝物」 (23日)

 ホーチミン市4区のソムチエウ教会には、5つの面がガラス張りになった棺がある。棺の中には、100年以上も前に亡くなった女性の遺体が納められている。科学的な方法によって保存されているわけではないにもかかわ...

SUNNYDAY、地場ハチネットソフトウェアと戦略的業務提携 (12:21)

 外国人留学生及び日本国内転職者の就職支援事業やベトナム人技術者受け入れ事業などを手掛けるSUNNYDAY株式会社(東京都狛江市)と地場ハチネットソフトウェア(Hachinet Software、ハノイ市)は、ハチネットソフト...

信頼性の高いICT企業トップ10、ベトテルが7年連続1位をキープ (6:02)

 ベトナム評価レポート社(ベトナムレポート=Vietnam Report)は21日、2024年における信頼性の高い情報通信技術(ICT)企業トップ10を発表した。ベトナム軍隊工業通信グループ(ベトテル=Viettel)は2018年のランキ...

地場電機アサンゾ脱税事件、5年の歳月を経て元会長を起訴 (6:00)

 地場電機メーカーのアサンゾ・ベトナム(Asanzo Vietnam)がベトナム製を装って中国製製品を国内外で販売していた事件で、同社のファム・バン・タム元会長(男・44歳)が脱税容疑で起訴された。ホーチミン市警察が...

カットティエン国立公園、IUCNグリーンリストに認定 (5:31)

 東南部地方ドンナイ省カットティエン国立公園で21日、国際自然保護連合(IUCN)が認定する「グリーンリスト(Green List)」の授与式が開催された。  同国立公園は、ドンナイ省と南中部高原地方ラムドン省の5つ...

映画「ドクちゃん−フジとサクラにつなぐ愛−」、サントラ配信開始 (5:25)

 ベトナム戦争時に米軍が散布した枯葉剤の影響で結合双生児として生まれた「ベトちゃんドクちゃん」の「ドクちゃん」ことグエン・ドクさん(43歳)の、今も後遺症と戦う宿命、そして平和のメッセンジャーという使...

ラムドン省:リエンクオン空港が南中部高原地方初の国際空港に (4:40)

 交通運輸省の決定により、南中部高原地方ラムドン省リエンクオン空港は、22日より正式に国際空港としての運用が開始され、海外からの航空機および軍用機の受け入れが可能となった。同空港は、南中部高原地方で...

ハノイ:バッチャン陶芸村行きの観光バスを年内に運行開始 (4:19)

 ハノイ市人民委員会はこのほど、市内各地および市内と近隣省を結ぶバス路線を承認する決定第3187号を発行した。  決定によると、ハノイ市では市内を走る路線バス136本と近隣省を結ぶ18本が運行することとな...

フェイガー、米卸業者と肥料メーカーと水田プロジェクトで覚書締結 (3:18)

 農業由来のカーボンクレジット創出に取り組む日本初のスタートアップである株式会社フェイガー(東京都港区)は、ベトナム最大規模の米卸業者であるアンザン輸出入[AGM](An Giang Imp

台湾鴻海、バクニン省でプリント基板工場建設へ 投資総額590億円 (3:14)

 北部紅河デルタ地方バクニン省人民委員会は、電子機器受託生産(EMS)で世界最大手の台湾フォックスコン・テクノロジー・グループ(Foxconn Technology Group=鴻海)に対し、FCPVフォックスコン・バクニン工場案件...

フェイガー、国家農業普及センターと水田プロジェクトで覚書締結 (2:55)

 農業由来のカーボンクレジット創出に取り組む日本初のスタートアップである株式会社フェイガー(東京都港区)は、農業農村開発省傘下の国家農業普及センター(NAEC)との間で覚書(MOU)を締結し、ベトナムにおける農...

米国務次官補がベトナム外相と会見、プーチン露大統領帰国直後に (24日)

 ブイ・タイン・ソン外相は21日、ベトナムを訪問したダニエル・クリテンブリンク米国務次官補(東アジア・太平洋担当)と会見した。  ソン外相はこの席で、ベトナムが常に米国を戦略的パートナーとして重視し...

©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved