ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

2大都市の集合住宅値上がり率、ホーチミンはハノイの6.5倍

2020/02/28 16:20 JST配信
Clip to Evernote
イメージ写真
イメージ写真 写真の拡大

 建設省がこのほど発表した2019年のハノイ市ホーチミン市の住宅価格と不動産市場に関する報告によると、両都市では集合住宅価格の値上がり幅に6.5倍の差があった。

 ハノイ市の集合住宅の平均値上がり率は前年比+0.54%で、クラス別ではAクラス(高所得者向け)が+0.44%増、Bクラス(中所得者向け)が+0.94%増、Cクラス(低所得者向け)が+1.94%増だった。一戸建ては+3.01%増。

 一方、ホーチミン市の集合住宅では平均値上がり率が+3.52%で、Aクラスが+3%増、Bクラスが+3.66%増、Cクラスが+3.75%増。一戸建ては+8.99%増だった。ホーチミン市の集合住宅の平均値上がり率は、ハノイ市の6.5倍強となった。

 ベトナム不動産仲介協会(VARS)のグエン・バン・ディン副会長は、ホーチミン市の不動産市場がハノイ市より人気がある理由について、不動産投機の機会が多いことを挙げている。不動産の取引件数は両都市であまり差はないが、ハノイ市では住宅の実需が多く市場が安定しているのに対し、ホーチミン市では投機目的の住宅購入が多い。

 ディン氏によると、ホーチミン市では2018年から2019年にかけて不動産案件の認可審査と管理が厳しくなり、供給数が大幅に減少した。特にCクラス物件はほとんど売りに出されず、価格が1.5倍に上昇した。また、両都市の同様の条件の住宅を賃貸する場合、ホーチミン市の方が価格を高く設定できて投資効率が高いことも、人気の理由だという。
 

[Dan tri 06:00 22/2/2020,O].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
工業団地開発会社13社の20年業績、開発用地拡大計画も (26日)
 工業団地開発会社13社の2020年業績は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、全体の54%にあたる7社が減益となった。一方、大幅な増収増益となり、株価が大きく上昇した会社もある。 ■増収増益...>> 続き
ベトナム航空、ロンタイン国際空港で航空サービス投資を計画 (26日)
 ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)はこのほど、東南部地方ドンナイ省ロンタイン郡で建設されているロンタイン国際空港案件の各種航空サービスに投資する計画を明らかにした。  投資総額は9兆9000億VND(...>> 続き
タンソンニャット空港詳細計画改訂版が承認、気象観測用レーダーなど整備 (26日)
 交通運輸省はこのほど、「2021~2030年のホーチミン市タンソンニャット国際空港詳細計画」改訂版を承認した。  改訂後の計画によると、同空港の北東側に気象ドップラーレーダーシステム(面積1600m2)を整備...>> 続き
テト期間中の航空会社定時運航率、バンブー航空96.7%でトップ (26日)
 交通運輸省傘下のベトナム航空局(CAAV)は、2021年テト(旧正月)期間にあたる1月19日~2月18日における国内航空会社6社の定時運航率に関するデータを発表した。  地場不動産会社FLCグループ[FLC](FLC Group)...>> 続き
会社の福利厚生に満足の労働者、全体の3割に留まる (26日)
 インターネット上で求職求人情報サービスを提供するエン・ジャパン株式会社(東京都新宿区)傘下のナビゴスグループ(Navigos Group)がこのほど発表した「2021年の人材市場:雇用機会と採用課題、現在の給与」と題...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited