ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ベトナム経済を振り返る:物価上昇率(CPI)編 2022年版

2023/01/23 04:31 JST配信
イメージ画像
イメージ画像 写真の拡大

マクロ経済:物価上昇率(CPI)

 2007年と2010年の国内消費の盛り上がりや、リーマンショック後の国際商品価格の上昇(特に食糧価格)を背景に、2008年と2011年のCPIはそれを上回る年率20%前後の上昇となった。

 2011年後半からの金融引締め政策による信用収縮とそれに伴う国内景気の減退も相まって、2012年の物価上昇率は前年の18.6%から9.2%に抑制され、2013年は6.6%、2014年も4.1%と一桁台に収まり、2015年は0.63%で2002年から2016年までの15年間で最低水準となっている。

 2016年~2022年の物価上昇率もそれぞれ2~3%台と低い水準に収まっており、マクロ経済の安定化につながっている。2022年2月から続いているロシアによるウクライナの軍事侵攻を背景に石油製品が世界的に大きく上昇している。同2か国は世界のエネルギーとサプライチェーンにおいて重要な役割を果たしているため、ベトナム経済も多少の影響を避けることはできないが、2022年のCPI上昇率は前年比+3.15%の低い水準に収まった。なお、CPIの算定に用いる消費財バスケットの構成では、燃料・交通が合わせて約13%を占めている。



(本記事は、「ベトナム株・経済情報」に掲載している「ベトナムのマクロ経済と金融市場」を項目ごとに配信するものです。)

Clip to Evernote
[ベトナム株・経済情報].  © Viet-jo.com 2002-2023 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
ベトナムのフードデリバリー市場規模11億USD、グラブがシェア最大 (27日)
 シンガポール系調査会社モメンタム・ワークス(Momentum Works)はこのほど、2022年における東南アジアの主要6か国(インドネシア、タイ、シンガポール、フィリピン、マレーシア、ベトナム)のフードデリバリー市場...>> 続き
22年の個人所得税収、+27%増の9100億円に 直近10年間で最高 (27日)
 財政省傘下の税務総局によると、2022年における個人所得税の徴収額は前年比+27%増の166兆7330億VND(約9100億円)で年間計画を38%上回り、直近10年間で最高額を記録した。  個人所得税の徴収額が大幅に増加...>> 続き
22年の繊維縫製・皮革履物輸出額、過去最高を記録 (27日)
 ベトナム縫製協会(VITAS)とベトナム皮革・履物協会(LEFASO)によると、2022年における繊維・縫製業界と皮革・履物業界の輸出額の合計は710億USD(約9兆2000億円)で、過去最高を記録した。このうち、繊維・縫製製...>> 続き
全国の工業団地用地の平均賃貸料1.3万~1.6万円、ホーチミンが最高 (27日)
 ベトナム不動産仲介協会(VARS)によると、全国の工業団地用地の1m2あたりの平均賃貸料は上昇傾向にあり、100~120USD(約1万3000~1万5500円)となっている。2022年の平均賃貸料は前年比+10%上昇した。  現在...>> 続き
ベトナム経済を振り返る:株式市場編 2022年版 (26日)
金融市場:株式市場  ベトナムの証券市場では、ホーチミン証券取引所(HSX、2000年設立)とハノイ証券取引所(HNX、2005年設立)の2か所が政府の管理下で運営されている。証券市場開設当初の出来高は非常に少なく...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2023 All Rights Reserved