ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ベトナム映画「パパとムスメの7日間」プレミア試写会、原作の五十嵐貴久氏も登壇

2018/12/21 16:45 JST配信
Clip to Evernote
(C) VIETJO/Sa Huynh
(C) VIETJO/Sa Huynh 写真の拡大
(C) VIETJO/Sa Huynh、落合賢監督
(C) VIETJO/Sa Huynh、落合賢監督 写真の拡大
(C) VIETJO/Sa Huynh、五十嵐貴久氏
(C) VIETJO/Sa Huynh、五十嵐貴久氏 写真の拡大
(C) VIETJO/Sa Huynh
(C) VIETJO/Sa Huynh 写真の拡大

 落合賢監督の新作ベトナム映画「パパとムスメの7日間(Hon papa da con gai)」のプレミア試写会が、20日にホーチミン市2区のロッテシネマ・カンタビル(Lotte Cinema Cantavil)で開催された。

 同作品は五十嵐貴久氏の同名小説が原作。落合監督は2016年12月公開のベトナム映画「サイゴン・ボディガード(Ve si Sai Gon)」で日本人として初めてベトナム出資、オールベトナム人キャストのベトナム語映画のメガホンを取っており、今回の「パパムス」は落合監督にとって2年ぶり、2作目のベトナム映画となる。

 プレミアでは、落合賢監督、プロデューサーのチャーリー・グエン(Charlie Nguyen)氏、脚本のマイケル・タイ(Michael Thai)氏のほか、主演のタイ・ホア(Thai Hoa)とケイティ・グエン(Kaity Nguyen)、チャン・ヒー(Trang Hy)、タイン・ロック(Thanh Loc)、ジー・アー・グエン(Gi A Nguyen)、チン・タオ(Trinh Thao)、チー・タム(Chi Tam)らキャストに加え、原作の五十嵐貴久氏が登壇した。さらに、同作品で「Dieu tuyet voi nhat」を歌うオンリー・シー(Only C)が同楽曲を披露した。

 原作を手掛けた五十嵐氏はVIETJOベトナムニュースのインタビューに対し、「(ベトナムで映画化と聞いたときは)驚きました。親と子供にはどんな国でも文化でも同じ感情があると思うので、こうしてベトナムで(自分の作品が)映画化されるのはとても嬉しいですし、ありがたいです」とコメント。

 また、ベトナム版の映画の感想については、「言葉(ベトナム語)がわからないので全体像や設定をつかむのが難しかったです」と明かしつつも、「親子役の2人のキャスティングが私の理想に近いと思いました。ぜひ、この作品もベトナムでヒットして欲しいです」と語った。

 自身の小説が映像化された際の原作との相違点について五十嵐氏は、「その監督やプロデューサーの方に全てを委ねているので、そこはお任せしています。(相違点も含めて)新しい作品として受け入れて楽しんでいます」とのこと。また、落合監督については、「イケメン、高身長。ワールドワイドに活躍する、期待すべき監督だと思います」とコメントした。

 「パパとムスメの7日間」は、ベトナムに先立ち日本で2007年にドラマ化、韓国で2017年に映画化されている。ベトナム版では、「サイゴン・ボディガード」でボディガードのビエン(Vien)役を演じたタイ・ホアが父親役、2017年4月公開のラブコメ映画「17歳の恋愛注意報!(Em chua 18)」で主演を務めたケイティ・グエンが娘役を演じている。

 同作品は12月28日にベトナム全国の映画館で公開される。英語字幕付き。ベトナム国内のロッテシネマでは12月1日から2019年1月10日までの期間限定で、ポップコーン+ドリンク+オリジナルグッズの「パパムスコンボ」を販売している。グッズはビニールバッグと自撮り棒の2種類で、いずれも9万9000VND(約490円)となっている。

 落合監督は1983年生まれ。12歳から映画を作り始め、日本の高校を卒業後に渡米。南カリフォルニア大学(USC)で映画製作を学んだ後、アメリカ映画協会付属大学院(AFI)映画監督科に進学し修士号を取得。これまでに短編と長編合わせて30本以上の作品を国内外で監督し、数々の賞を受賞している。現在は米国ロサンゼルスと日本に拠点を置いて活動中。

落合賢監督のインタビューはこちら →
映画「サイゴンボディガード」落合賢監督インタビュー【前編】
映画「サイゴンボディガード」落合賢監督インタビュー【後編】

[2018年12月21日 ベトジョーニュース A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [エンタメ]
LGBT描くベトナム映画「Goodbye Mother」など、釜山国際映画祭に出品 (18日)
 第24回釜山国際映画祭(24th Busan International Film Festival=BIFF)が、10月3日から12日にかけて韓国の釜山で開催される。今回のBIFFには、長編と短編合わせてベトナム映画7本が出品される予定だ。  中...>> 続き
韓国人俳優チ・チャンウクが訪越、ファン殺到し警察出動―イベントも中止に (13日)
 韓国の人気俳優チ・チャンウク(池昌旭)が10日、イベント出演のためホーチミン市を訪問したが、彼の姿を一目見ようと同市1区の通りに多くのファンが殺到したため、治安部隊が出動し、サイレンや消火器、電機警棒...>> 続き
ベトナム映画「パパとムスメの7日間」、韓国で公開 (12日)
 落合賢監督が手掛けたベトナム映画の2作目「パパとムスメの7日間(Hon Papa Da Con Gai)」が、韓国で9月5日に公開された。  五十嵐貴久氏の同名小説が原作のベトナム版「パパとムスメの7日間」は、2018年12...>> 続き
アジア観光大使ミスコン2019、ベトナム代表がグランプリ (11日)
 アジア観光大使ミスコンテスト2019(Miss Tourism Asia Ambassador 2019)の決勝大会が9月8日に大阪で行われ、各国から集まった25人の美女を抑えて、ベトナム代表のレ・バオ・トゥエンさん(21歳)がグランプリを受...>> 続き
中国でベトナム映画が初公開、ゴ・タイン・バン主演「ハイ・フォン」 (9日)
 ゴ・タイン・バン(Ngo Thanh Van)主演のベトナム映画「ハイ・フォン(原題:Hai Phuong、英題:Furie)」が、中国で9月20日に公開される。ベトナム映画が中国で公開されるのはこれが初めて。>> 続き
これより過去の記事は、エンタメ記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)