ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ベトナム映画「パパとムスメの7日間」プレミア試写会、原作の五十嵐貴久氏も登壇

2018/12/21 16:45 JST配信
(C) VIETJO/Sa Huynh
(C) VIETJO/Sa Huynh 写真の拡大
(C) VIETJO/Sa Huynh、落合賢監督
(C) VIETJO/Sa Huynh、落合賢監督 写真の拡大
(C) VIETJO/Sa Huynh、五十嵐貴久氏
(C) VIETJO/Sa Huynh、五十嵐貴久氏 写真の拡大
(C) VIETJO/Sa Huynh
(C) VIETJO/Sa Huynh 写真の拡大

 落合賢監督の新作ベトナム映画「パパとムスメの7日間(Hon papa da con gai)」のプレミア試写会が、20日にホーチミン市2区のロッテシネマ・カンタビル(Lotte Cinema Cantavil)で開催された。

 同作品は五十嵐貴久氏の同名小説が原作。落合監督は2016年12月公開のベトナム映画「サイゴン・ボディガード(Ve si Sai Gon)」で日本人として初めてベトナム出資、オールベトナム人キャストのベトナム語映画のメガホンを取っており、今回の「パパムス」は落合監督にとって2年ぶり、2作目のベトナム映画となる。

 プレミアでは、落合賢監督、プロデューサーのチャーリー・グエン(Charlie Nguyen)氏、脚本のマイケル・タイ(Michael Thai)氏のほか、主演のタイ・ホア(Thai Hoa)とケイティ・グエン(Kaity Nguyen)、チャン・ヒー(Trang Hy)、タイン・ロック(Thanh Loc)、ジー・アー・グエン(Gi A Nguyen)、チン・タオ(Trinh Thao)、チー・タム(Chi Tam)らキャストに加え、原作の五十嵐貴久氏が登壇した。さらに、同作品で「Dieu tuyet voi nhat」を歌うオンリー・シー(Only C)が同楽曲を披露した。

 原作を手掛けた五十嵐氏はVIETJOベトナムニュースのインタビューに対し、「(ベトナムで映画化と聞いたときは)驚きました。親と子供にはどんな国でも文化でも同じ感情があると思うので、こうしてベトナムで(自分の作品が)映画化されるのはとても嬉しいですし、ありがたいです」とコメント。

 また、ベトナム版の映画の感想については、「言葉(ベトナム語)がわからないので全体像や設定をつかむのが難しかったです」と明かしつつも、「親子役の2人のキャスティングが私の理想に近いと思いました。ぜひ、この作品もベトナムでヒットして欲しいです」と語った。

 自身の小説が映像化された際の原作との相違点について五十嵐氏は、「その監督やプロデューサーの方に全てを委ねているので、そこはお任せしています。(相違点も含めて)新しい作品として受け入れて楽しんでいます」とのこと。また、落合監督については、「イケメン、高身長。ワールドワイドに活躍する、期待すべき監督だと思います」とコメントした。

 「パパとムスメの7日間」は、ベトナムに先立ち日本で2007年にドラマ化、韓国で2017年に映画化されている。ベトナム版では、「サイゴン・ボディガード」でボディガードのビエン(Vien)役を演じたタイ・ホアが父親役、2017年4月公開のラブコメ映画「17歳の恋愛注意報!(Em chua 18)」で主演を務めたケイティ・グエンが娘役を演じている。

 同作品は12月28日にベトナム全国の映画館で公開される。英語字幕付き。ベトナム国内のロッテシネマでは12月1日から2019年1月10日までの期間限定で、ポップコーン+ドリンク+オリジナルグッズの「パパムスコンボ」を販売している。グッズはビニールバッグと自撮り棒の2種類で、いずれも9万9000VND(約490円)となっている。

 落合監督は1983年生まれ。12歳から映画を作り始め、日本の高校を卒業後に渡米。南カリフォルニア大学(USC)で映画製作を学んだ後、アメリカ映画協会付属大学院(AFI)映画監督科に進学し修士号を取得。これまでに短編と長編合わせて30本以上の作品を国内外で監督し、数々の賞を受賞している。現在は米国ロサンゼルスと日本に拠点を置いて活動中。

落合賢監督のインタビューはこちら →
映画「サイゴンボディガード」落合賢監督インタビュー【前編】
映画「サイゴンボディガード」落合賢監督インタビュー【後編】

[2018年12月21日 ベトジョーニュース A].  © Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 免責事項
新着ニュース一覧
都会の自宅で過ごす念願のテトは「苦い味」 (10:30)

(本記事は、ベトナム現地紙の読者コラムを翻訳・編集したものです。)  皆さんは、テト(旧正月)をどのように過ごされただろうか。私はと言えば、ようやく「寂しいテト」が終わってくれた、と救われるような気...

「江南スタイル」PVで一躍有名人、越韓ハーフの「リトルPSY」は今 (24日)

 2012年にリリースされ、世界中で大ヒットした韓国人ラッパーPSY(サイ)の「江南スタイル(Gangnam Style)」。このPVに出演し、「リトルPSY」として一躍有名人となった当時8歳のファン・ミヌは、韓国人の父親とベ...

道のり200kmにサービスエリアなし、高速道路にかかる「救いの橋」 (24日)

 このテト(旧正月)に、高速道路で南中部沿岸地方ビントゥアン省区間を通った人の中には、その「橋」を使った人も多かったかもしれない。  「高速道路でザウザイ(Dau Giay、東南部地方ドンナイ省)からビント...

アジアのベストビーチ、ベトナムから2か所選出 トリップアドバイザー (24日)

 世界最大の旅行プラットフォーム「トリップアドバイザー(Tripadvisor)」は、「2024 トラベラーズチョイス ベスト・オブ・ザ・ベスト ビーチ」を発表した。  これは、2022年10月から2023年9月までの1年間に...

1月のメーカー別新車販売台数リスト、販売台数上位20ブランド (23日)

 ベトナム自動車工業会(VAMA)の発表によると、2024年1月におけるVAMA加盟企業とVAMA非加盟企業を合わせた新車販売台数(TCモーターおよびビンファスト=VinFast含まず)は前月比▲50%減、前年同月比では+11%増の1...

新型コロナ検査キット汚職事件、3.4億円収賄額トップの元保健相が控訴 (23日)

 ベトナム人民軍の軍医学院と地場ベトアー・テクノロジー・コーポレーション(Viet A Technology Corporation、ホーチミン市)から成るコンソーシアムによる新型コロナウイルス検査キットの研究開発(R&D)、評価、...

ホーチミン:市内最大墓地の墓移転作業開始、まず1836基 (23日)

 ホーチミン市ビンタン区の補償・土地収用委員会のグエン・ミン・ゴック副委員長は21日、市内最大の墓地のビンフンホア墓地にある墓の集中移転の開始手続きを行ったと発表した。24日から第1期分となる1836基の墓...

人気コメディアンの制作会社、映画ヒットで純利益率70%の超高水準 (23日)

 監督作品の興行収入の合計がベトナム人として初めて1兆VND(約61億円)を超えた映画監督としても知られる人気男性コメディアンのチャン・タイン(Tran Thanh)が立ち上げた制作会社「チャン・タイン・タウン (Tran ...

ブンタウ~コンダオ島間の双胴高速船、3月から運航再開 (23日)

 フーコック・エクスプレス社(Phu Quoc Express)は3月2日(土)から、東南部地方バリア・ブンタウ省ブンタウ市と同省コンダオ島を結ぶ双胴高速船「コンダオ・エクスプレス36(Con Dao Express 36)」の運航を再開す...

ホーチミン市人民委員会庁舎の一般公開、24年は12回実施 (23日)

 ホーチミン市は、2024年の市人民委員会・人民評議会庁舎(1区レタントン=Le Thanh Tong通り86番地)の一般公開計画を発表した。  毎月の最終土曜日・日曜日に合計12回実施する。具体的な日程は以下の通り。 ...

ビンファスト、インドネシア企業3社にEV車600台を供給 (23日)

 地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)傘下の電気自動車(EV)メーカーであるビンファスト(VinFast)は22日、2月15日から25日にかけてインドネシアの首都ジャ

ビンファスト、インドにEV・バッテリー工場を建設へ (23日)

 地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)傘下のビンファスト(VinFast)は25日、インドのタミルナドゥ州トゥートゥクディ市で電気自動車(EV)・バッテリー工場の

中央銀行、上半期は政策金利維持 借金返済猶予の延長も (23日)

 ベトナム国家銀行(中央銀行)は、少なくとも2024年1~6月期は現在の政策金利を維持する方針だ。国内経済が安定傾向にあり、明るい兆しも見られることが背景にある。  中央銀行はまた、借金返済期限の猶予や...

ベトナム、今後10年間で資産2.3倍に増加 繁栄スピードは世界一 (23日)

 コンサルタント会社ヘンリー&パートナーズ(Henley & Partners)が、世界的なウェルスインテリジェンス会社ニュー・ワールド・ウェルス(New World Wealth)と提携して先般発表したレポートによると、世界的な製造...

パスポート自由度24年版、ベトナムは199か国中92位 (23日)

 コンサルタント会社ヘンリー&パートナーズ(Henley & Partners)は、世界199か国・地域のパスポートおよび世界227か国・地域の渡航先を対象としたパスポート自由度ランキング(The Henl

©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved