ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

「ベトナムフェスティバル2020~ベトナム・アジアの心~」、代々木公園で11月開催

2020/10/08 06:00 JST配信
(C) ベトナムフェスティバル2020〜ベトナム・アジアの心〜実行委員会
(C) ベトナムフェスティバル2020〜ベトナム・アジアの心〜実行委員会 写真の拡大
(C) ベトナムフェスティバル2020〜ベトナム・アジアの心〜実行委員会
(C) ベトナムフェスティバル2020〜ベトナム・アジアの心〜実行委員会 写真の拡大

 「ベトナムフェスティバル2020~ベトナム・アジアの心~」が、2020年11月7日(土)・8日(日)の両日に代々木公園イベント広場で開催される。

 このイベントは、日越両国の文化交流の象徴的な祭典で、ベトナム政府が海外で開催する唯一の公認交流イベントとして定着している「ベトナムフェスティバル」をベースとしたもの。

 新型コロナ禍で交流イベントの中止が続く中、日本とアジアとの交流再開を後押しする「Go toフェスティバル!」として、新型コロナウイルス対策を行いながら、ウィズコロナの新しいスタイルのフェスティバルを目指す。来場者数は約4万人を見込んでいる。

 当日はベトナム料理、タイ料理、中華料理などアジア各国の料理のブースが多数出店。ベトナム料理のブースでは、フォー(米粉麺)やバインミー(ベトナム風サンドイッチ)、揚げ春巻き、チェー(ベトナム風ぜんざい)に加え、ベトナムコーヒーやビール「333(バーバーバー)」なども堪能できる。このほか、ベトナム文化体験ブースやアジアン雑貨・アパレルブースも出店する。

 メインステージには「サンプラザ中野くん&パッパラー河合さん」が登場し、毎年好評の「ランナー」ベトナム語版も披露する予定。出演時間は7日(土)15時30分から。ステージでは、日本生まれのベトナム人で女優のフォンチーが総合司会を務めるほか、日本人とラオス人の司会者がステージを盛り上げる。出演者情報は公式サイトで順次紹介する。

 ウィズコロナの取り組みとして、◇参加者へのマスク着用と検温の呼びかけ、◇会場各所・インフォメーション・飲食店舗などへの消毒液の設置、◇休憩スペースなどでのソーシャルディスタンスの確保の呼びかけとこまめな消毒、◇ステージ客席のソーシャルディスタンスの確保と大声での声援の禁止などを徹底する。

 開催時間は両日ともに10時00分から19時00分まで。開会式は7日11時00分から。入場無料。雨天決行、荒天中止。

 イベントの詳細は、公式ウェブサイトまたは「ベトナムフェス・サポーターズ」のフェイスブック(Facebook)ページツイッター(Twitter)を参照。

最終更新:2020年10月26日 13:20 JST

[2020年10月6日 ベトジョーニュース A].  © Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 免責事項
新着ニュース一覧
総合機械商社の南陽、ハノイに子会社を設立へ (4:08)

 産業機器及び建設機械の販売・レンタルを行う総合機械商社の株式会社南陽(福岡県福岡市)は、海外子会社をハノイ市に設立する。  同社は、中国から生産拠点がシフトすることへの対応として、市場に潜在的な...

女子V1のPFUブルーキャッツ、ベトナムの国際大会で優勝 (3:44)

 南中部高原地方ダクラク省バンメトート市で開催されていた「第14回VTV9-ビンディエン国際女子バレーボールカップ2024」は19日に決勝が行われ、招待参加していた日本女子V1リーグのPFUブルーキャッツ(石川県)がL...

ITコンサルのアルベナ、ハノイに新会社を設立 (2:12)

 ITコンサルティングを手掛ける株式会社アルベナ(東京都千代田区)は7日、Odoo事業の開発・テクノロジーを一手に請け負う新会社として、「アルベナ・ベトナム(ALUBENA VIETNAM)」をハノイ市に設立した。  ア...

猛犬を訓練するドッグトレーナー、需要増で安定した収入源に (19日)

 最近、犬のしつけや訓練を専門に行うドッグトレーナーは、安定した収入が得られる職業となりつつある。ドッグトレーナーは、訓練だけでなく、繁殖やペット用品の販売でも大きな収入を得ることができる。  ...

ホーチミン:メトロ1号線、12月上旬にベトナムに引き渡し (20日)

 日本側の外交文書によると、ホーチミン市都市鉄道(メトロ)1号線(ベンタイン~スオイティエン間)は7月末までにプロジェクト全体のテストを完了。その後、8~9月期にスタッフの訓練を行い、10~11月期に商業運転...

VEPR、ベトナムの24年GDP成長率を+5.5~6.0%と予想 (20日)

 ベトナム国家大学ハノイ校(ハノイ国家大学=VNU-HN)傘下経済大学(UEB)附属の経済政策研究センター(VEPR)は17日に発表したレポートの中で、2024年におけるベトナムの国内総生産(GDP)成長率を+5.5~6.0%と予想し...

フーコック:高さ18mの巨大ホー・チ・ミン像が完成 (20日)

 南部メコンデルタ地方キエンザン省人民委員会は、故ホー・チ・ミン主席の生誕134周年(18905月19日年~2024年5月19日)にあわせて、高さ18mの巨大ホー・チ・ミン像の落成式を開催した。落成式には、同省人民委員...

国会、国家主席と国会議長を選出 公安相と常務国会副議長が昇格 (20日)

 ベトナム共産党中央執行委員会は18日、第15期(2021~2026年任期)の国家主席候補としてトー・ラム公安相を、国会議長候補としてチャン・タイン・マン常務国会副議長をそれぞれ推薦することを決定した。  ラ...

Green Carbon、地場2社と連携 アンザン省で水田プロジェクト (20日)

 カーボンクレジット創出販売や農業、環境などの事業を手掛けるGreen Carbon株式会社(東京都港区)はこのほど、農業総合サービス国内大手ロックチョイグループ[LTG](Loc Troi Group)

ベトナム、23年の粗鋼生産量2000万t 世界12位 (20日)

 ベトナムの鉄鋼産業は2010年代から飛躍的な成長を遂げ、鉄鋼の生産と消費において東南アジア諸国連合(ASEAN)で屈指の国となっている。2023年における同国の粗鋼生産量は2000万tで、世界12位につけた。  こ...

24年の政府ガバナンス効率性指標、ベトナムは113か国中50位 (20日)

 シンガポールのチャンドラー・ガバナンス研究所(Chandler Institute of Governance=CIG)は15日、各国政府によるガバナンス(統治)の効率性を評価した「

フォーブス「アジアを代表する30歳未満の30人」、越から4人選出 (20日)

 米経済誌フォーブス(Forbes)は、「アジアを代表する30歳未満の30人(30 Under 30 in Asia)」2024年度版を発表した。ベトナムからは4部門で計4人が選出されている。  アジア太平洋地域から候補者がリストアッ...

生徒に鞭でクラスメイトを叩くよう指示、担任教師が停職処分 (20日)

 ホーチミン市3区チャンクオックトアン(Tran Quoc Toan)通り12番地にあるグエンティジエウ(Nguyen Thi Dieu)高校は17日より、複数生徒にクラスメイトの尻を鞭で叩くよう指示した女性教師Dさんを停職処分とするこ...

日本政府、少数民族の農業・栄養改善事業に55.8万USD供与 (20日)

 日本政府は13日、日本NGO連携無償資金協力「ソンラ省における少数民族の生計向上のための農業及び栄養改善事業(第2年次)」の贈与契約署名式を開催した。  贈与契約に基づく供与金額は55万7663USD(約8700万...

デンマークのジュエリー「パンドラ」、ビンズオン工場を着工 (20日)

 デンマークのジュエリーブランド「パンドラ(Pandora)」は16日、東南部地方ビンズオン省の第3ベトナム・シンガポール工業団地(VSIP 3)内でジュエリー製造工場を着工した。  同工場は年産能力6000万点で、投...

©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved