ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

深夜の国道沿い、賑わう路上マッサージ店

2020/12/27 05:16 JST配信
Clip to Evernote
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大

 ここ数年、ホーチミン市のアンスオン交差点に近い国道1A号線沿いでは、道の両側に移動式の路上マッサージ店が並んでいる様子を目にする。

 中でもドライバーや労働者に人気なのが、伝統的な民間療法「カッピング(吸い玉)療法(ザックホイ=Giac hoi)」だ。国道1A号線のクアンチュン立体交差橋からアンスオン交差点までの区間の路上店であれば、1回につきわずか5万VND(約230円)で約20分間のサービスを受けることができる。

 クアンチュン立体交差橋からアンスオン交差点までの区間は1kmほどの長さだが、10軒を超えるザックホイ店が並んでいる。道具はシンプルで、いくつかのガラス製カップに、温かいオイルの入った瓶、タオル1枚、ライター1本、ザックホイ後のマッサージ用オイル、カップの洗浄用アルコールなど。他には客が寝そべるゴザと枕があるだけだ。

 通常、平日は無休で営業し、午後6~7時ごろから準備を始め、8~9時から深夜にかけて混雑する。マッサージ師たちが仕事を終えるのは深夜2時ごろだ。

 北部紅河デルタ地方ビンフック省出身のフンさんは、路上マッサージ店を開いて10年余りが経つ。苦労が多いにもかかわらず、フンさんは2007年からこの仕事を続けている。

 「他に仕事の選択肢がなかったわけではなく、あえてこの仕事を選んだんです。過去には建設労働者や果物売りなど色々な仕事を経験してきました。昔、故郷に路上マッサージ店があったので、ホーチミン市でもやってみようと思い、転職したんです」とフンさんは語る。

 フンさんは、自転車であちこち走って客を探したり、一般的なマッサージ店で雇われて働いたりする代わりに、移動式の路上マッサージ店を最初に始めた人の1人だ。以降、フンさんは同郷の人たちにも路上マッサージ店の仕事を紹介し、仲間を増やしてきた。

前へ   1   2   3   次へ
[Thanh Nien 12:21 25/12/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
橋からの飛び降り自殺を阻止せよ、カントー橋警備隊の任務 (2/28)
 夜11時、警備員のフア・ニョン・ハウさん(男性・58歳)は、橋の欄干のそばに停まっているバイクと、欄干の外側に座って顔を手で覆い、泣きながらとうとうと流れる川を見下ろしている若い女性を発見した。  ...>> 続き
レゴでベトナムのテトをリアルに再現、ベトナム人デザイナーが創作 (2/21)
 2月15日、1400万人ものフォロワーを抱える「レゴ(LEGO)」のフェイスブック(Facebook)のファンページでベトナムのテト(旧正月)の伝統的な食事をブロックで再現した作品が紹介され、注目を集めた。この作品を手掛...>> 続き
宝くじ売りの女性、唯一の生きがいは「テトに帰省して娘の墓参りをすること」 (2/14)
 南中部沿岸地方フーイエン省タイホア郡出身のチャン・ティ・クックさん(女性・54歳)は、ホーチミン市で宝くじを売って生計を立てている。  クックさんにとって、テト(旧正月)にフーイエン省に帰って娘の祭...>> 続き
新型コロナ禍、初めて迎える家族離れ離れのテト (2/7)
 間もなくテト(旧正月)を迎えるが、クアン・ティンさん夫婦は、故郷で離れて暮らす5歳の息子に今年のテトは帰れないことをまだ伝えられずにいる。  「1年のうち10か月は離れて暮らしているので、息子に会い...>> 続き
全盲のピアニスト、母と二人三脚で夢を追う (1/31)
 生まれつき視覚障害を持つドー・グエン・アイン・トゥーさんは、ピアニストになるという夢を追って母親と共に故郷の南部メコンデルタ地方キエンザン省ラックザー市からホーチミン市に移り住んだ。18年間に渡る...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited