ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

下半身不随でも諦めず、機械工として生きる男性

2021/06/06 10:52 JST配信
(C) vnexpress
(C) vnexpress

 2歳の時に両脚が麻痺し、小学校3年生までしか学校に通えず、それでも独学で勉強し続けたカオ・コン・タインさん(男性・55歳)は、機械工として働き、数十種類もの農業機械を製造してきた。

 工具が散らかった作業場で自作の電動車椅子の上に胡座をかいて座り、タインさんは顧客の納期に間に合うよう、最後の仕上げとしてニンニクスライサーの細部を丹念に溶接している。

 「若い頃は色々な仕事をしていたけれど、しっかり手に職をつけないと家族を養うことはできないと考え、独学で溶接と各種の機械製造について学んだんです」とタインさんは教えてくれた。

 2歳の時に高熱を出した後遺症で両脚が麻痺し、タインさんは小学校3年生までしか学校に通えず、かろうじて読み書きが身に着いただけだった。家は貧しく、タインさんは13歳の時に独学で自転車修理のやり方を学び、両親を助けるために修理の店を開いた。

 それから10年以上が経ち、近くに別の修理店ができると、タインさんの店の客は少なくなってしまった。客が来ず、手持ち無沙汰にしていると、隣人が殺虫剤噴霧器の修理を頼みに来たため、タインさんはやってみることにした。

 まず噴霧器の本体を分解し、手探りで動作の仕組みを調べてから修理を始めた。修理が終わって使えるようにはなったものの、ポンプが少し弱いと感じ、より強く噴射させる方法を考えた。

 「元の噴霧器は1kg分の蒸気しか圧縮できなかったのですが、2kg分圧縮できるように改造しました。人より仕事が遅い分、新しいお客さんに来てもらうためには工夫しないといけませんから」とタインさん。以来、タインさんの店には自転車修理の他に、農具修理のサービスも加わった。

 その後、25歳で結婚して子供を授かったが、修理店の収入だけでは家族を十分に養えず、タインさんは車椅子で宝くじを売りに行くことにした。宝くじを売りに行くと言いながらも、道すがら誰かが何かしているのを見つけると車椅子を止めて作業を見物し、事細かに質問した。

前へ   1   2   3   次へ
Clip to Evernote
[VnExpress 05:06 05/05/2021, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
クジラを祀るベトナムの「鯨寺」 (23日)
 北中部地方ハティン省カムスエン郡には、クジラを祀る「ドゥックグーオン廟(mieu Duc Ngu Ong)」がある。死んだクジラを見つけると、人々は死骸をこの「鯨寺」に運んで埋葬し、頭部の十字の印または陰陽コイン...>> 続き
彼女にフラれてボディビルの道へ、ベトナム人青年が日本でチャンピオンになるまで (16日)
 今から7年前、ルオン・ホン・ソンさん(男性・30歳)は恋人と別れたモヤモヤやストレスを晴らすため、ジムでのトレーニングを始めることにした。予期せず、この決断が彼の人生の方向を変えることになった。  ...>> 続き
精神疾患の母親を支える大学生、18年間変わらぬ願い (9日)
 6歳のとき、自宅でクラスメイトに「お前のお母さんはどこ?」と聞かれたレ・ドゥック・ヒエウさん(18歳)は、台所に鎖でつながれている人をおそるおそる指さした。するとクラスメイトたちは「頭がおかしいおばさ...>> 続き
【特集】2021年ベトジョー記事アクセス数ランキング (2日)
 VIETJOベトナムニュースが2021年に配信した「特集」カテゴリの記事のアクセス数ランキングをご紹介します。 1位:出会いは交通違反、「違反者と警察官」の関係から始まった夫婦の恋物語 https>> 続き
ハノイで初のメトロ運行開始、着工10年の軌跡 (21/12/26)
 緑色の車体の電車が、警笛を鳴らしながらカットリン駅のホームに到着した。ホームでは、老若男女問わず多くの人々が興奮を隠せずにいた。2021年11月6日の朝、人々は一張羅で出かけ、それまで先進国にしかなかっ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited