ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ベトナムで「公正なエネルギー移行パートナーシップ(JETP)」立ち上げ、日本などが支援

2022/12/16 06:18 JST配信
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 14日、日本を含む支援国グループとベトナムとの間で「ベトナムとの『公正なエネルギー移行パートナーシップ(JETP)』立ち上げに関する政治宣言」について一致するとともに、同件に関して支援国グループが共同プレスリリースを発表した。

 JETPは、パートナー国での高排出インフラの早期退役の加速化と、再生可能エネルギー及び関連インフラへの投資のための支援をドナー国が連携し実施するパートナーシップで、ベトナムが2050年までにネットゼロ目標を達成し、温室効果ガス排出ピーク予測時期を2035年から2030年に前倒しし、化石燃料からクリーン・エネルギーに移行することを支援する。

 支援国グループは、◇欧州連合(EU)、◇英国、◇フランス、◇ドイツ、◇米国、◇イタリア、◇カナダ、◇日本、◇ノルウェー、◇デンマークから成る。

 JETPは、ベトナムのグリーン移行を支援するため、今後3年から5年の間に、公的及び民間資金から最初の155億USD(2兆1500億円)を支出する。

 今後12か月間で、ベトナムはパートナー国の支援を受け、JETP資金及び戦略の実施を可能にするベトナムJETP資金導入計画を策定・採択する予定だ。

 共同プレスリリースにおいて岸田文雄内閣総理大臣は、「日本は、これまでも再生可能エネルギー関連の事業を通じてベトナムの脱炭素化を支援してきており、2050年までのネットゼロに向けた公正なエネルギー移行を更に加速させるとのベトナムの野心を歓迎する。日本は、他のパートナー国との連携の下で民間部門の更なる関与を得ながらベトナムの低排出で気候変動に強い開発への支援を進めるJETPの一員であることを誇りに思う」と述べた。

 なお、ベトナムは南アフリカとインドネシアに続いて3か国目のJETP開始国となる。

[2022年12月15日 外務省報道発表 A].  © Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 免責事項
新着ニュース一覧
ホーチミン:グエンフエ通りに博物館が開館、阮朝と少数民族の展示 (10:40)

 ホーチミン市1区グエンフエ通り68番地で6日、「阮(グエン)朝王宮博物館」と「ベトナム54民族宝飾品博物館」がオープンした。民間のドーフン博物館グループに属している。  グエン朝王宮博物館には、グエン...

アジアの美女大国ランキング、ベトナムは韓日に次ぐ3位 (9:30)

 金融系サイト「InsiderMonkey」がこのほど発表したアジアの美女大国トップ20によると、ベトナムは韓国、日本に次いでアジアで3番目に美人が多い国と評価されている。同ランキングは、複数のソースに基づいて導...

ベトナム版「脱出おひとり島」を7月放送へ、越韓が共同制作 (8:00)

 日刊紙「中央日報」などを擁する韓国のメディア企業である中央グループ(JoongAng Group)傘下のテレビ局JTBCが、ベトナム国営テレビ局(VTV)のVTV3と共に、恋愛リアリティ番組「パラダイス・アイランド(Paradise ...

体重8kgの17歳少女、夢を抱いて今を生きる (9日)

 北部紅河デルタ地方バクニン省トゥアンタイン郡ソンホー村に暮らすブー・ミン・ハンさんは、愛車の「ミニカー」に乗って、果物から日用品、土産物、ミルクティー、そしてペットまで、村のどこへでも配達する。 ...

ビール・酒類の特別消費税を100%に引き上げ、財政省提案 (14日)

 財政省は、政府に提出した特別消費税法改正案の中で、ビール・アルコール類の特別消費税(SCT)をロードマップに基づき2030年までに100%へ引き上げることを提案している。  ビールやアルコール度数20度以上...

EVNが韓国電力公社と提携、次世代送電網など新事業の開発で (14日)

 韓国電力公社(KEPCO)とベトナム電力グループ(EVN)はこのほど、気候変動に対応する新技術、および次世代送電網の構築をはじめとした新事業における協力に向け、覚書(MOU)を締結した。  KEPCOのキム・ドンチ...

奇瑞汽車傘下オモダ&ジェコ、ベトナムに3S代理店20か所開設へ (14日)

 中国の大手自動車メーカーである奇瑞汽車(Chery Automobile)傘下のオモダ&ジェコ自動車(Omoda & Jaecoo)は年内に、ベトナムに3S(販売・サービス・部品)代理店20か所をオープンする。  3S代理店は国際基準...

ベトナム語、米サンフランシスコの公用語に (14日)

 11日に行われた米国カリフォルニア州サンフランシスコ市当局の投票の結果、ベトナム語が同市の公用語の1つになることが決定した。  同市は2001年から、住民が自身にとって最も使いやすい言語で市のサービス...

カインホア省:ニャチャン湾4区域でダイビング試行へ (14日)

 南中部沿岸地方カインホア省人民委員会はこのほど、ニャチャン湾内の4区域でのダイビング活動の試行案を承認した。  ニャチャン市人民委員会が提出した案によると、◇ビンホア街区のホンルア島北側、◇同街区...

スタートアップエコシステムランキング24年版、ベトナム56位 (14日)

 調査会社スタートアップブリンク(StartupBlink)が発表した「グローバルスタートアップエコシステムインデックス(Global Startup Ecosystem Index)」2024年版によると、ベトナムは前年から2ランク上昇し、世界10...

光海底ケーブル5本中3本でトラブル、海外へのネット接続に影響 (14日)

 インターネット・サービス・プロバイダー(ISP)によると、ベトナムと海外を結ぶ光海底ケーブル5本のうち3本でトラブルが発生しており、ベトナムから海外へのインターネット接続に深刻な影響が生じている。一方、...

ベトナムの児童労働率は9.1%、世界平均を4.2ポイント下回る (14日)

 労働傷病兵社会省児童局のダン・ホア・ナム局長は、このほど開かれた児童労働の防止をテーマとしたセミナーで、ベトナムの児童労働率は9.1%でアジア太平洋地域の平均より約2ポイント低く、世界平均より4.2ポイ...

ベトナム製即席めん、EUの食品安全規制リストから除外 (14日)

 欧州委員会(EC)は、欧州連合(EU)に輸入されるベトナム製の即席めんを含む輸入食品に対する規制を7月2日から改正すると発表した。  これにより、ベトナム製即席めんはEUの食品安全規制リストから除外される...

世界で影響力のある大学ランキング、ベトナムから13校ランクイン (14日)

 英国タイムズ紙(The Times)が発行する高等教育情報誌「タイムズ・ハイアー・エデュケーション(The Times Higher Education)」が発表した「THEインパクトランキング(THE Impact Rankings)」2024年版で、ベトナム...

24年トラベルブランドランキング、ベトナム航空が1位をキープ (14日)

 デシジョンラボ(Decision Lab)が発表した「2024年のトラベルブランドランキング」によると、ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)が47.8点で昨年に続き1位に選ばれた。昨年3位の

©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved