ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

阮朝皇帝の子孫は今―サイゴンで貧困に暮らすタインタイ帝の孫

2016/03/27 06:00 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress, Duy Tran, タイさん
(C) vnexpress, Duy Tran, タイさん 写真の拡大
(C) vnexpress, タイさんと妻、娘
(C) vnexpress, タイさんと妻、娘 写真の拡大

 脳性まひの娘を持ち、ホーチミン市の12m2の賃貸アパートに住んでいる男性がいる。この男性は、阮(グエン)朝(1802~1945年)の皇族の子孫だ。建設労働からバイクタクシーの仕事までこなし、生活のために走り回っている。

 簡素な作業服を着た50歳過ぎの男性が、日焼けした肌に大汗を流しながら家に帰ってきた。物思いにふけながら、テト(旧正月)で建築工事が少ない中、作業員の仕事をあちこち探し回っているところなのだと教えてくれた。彼こそが、阮朝第10代皇帝タインタイ(Thanh Thai=成泰)帝(在位1889~1907年)の孫、グエン・フオック・バオ・タイ(Nguyen Phuoc Bao Tai)さんだ。

 タイさんは1964年にメコンデルタ地方カントー市で生まれた。タイさんの父、ビン・ジウ(Vinh Giu)皇子はタインタイ帝の7番目の子供で、阮朝第11代皇帝ズイタン(Duy Tan=維新)帝(在位1907~1916年)の弟にあたる。タイさんのミドルネーム「バオ(Bao)」は、皇帝の孫と皇帝になる可能性のある人物にしか付けることができない。

 ビン・ジウ皇子がカントー市に流れ着き、タイさんが誕生したという話の始まりは、フランス植民地支配下の19世紀末頃にさかのぼる。阮朝第8代皇帝ハムギー(Ham Nghi=咸宜)帝(在位1884~1885年)は、反仏運動を進めたことでフランスに捕らえられた。

 これにより、タインタイ帝は1889年までフランス政権の保護下に置かれていた。愛国心の強かったタインタイ帝は、フランスに対する抵抗心を抱いていたものの、即位後もこれを隠していた。しかし、反仏派ということが露見し、フランス当局の圧力で退位させられた後、1907年に現在の東南部地方バリア・ブンタウ省ブンタウ市にあたるサンジャックの地へ流刑に処された。1916年、ズイタン帝の廃位に伴い、親子でインド洋のレユニオン島へ流刑となった。レユニオン島でタインタイ帝は9人の子供と過ごした。

 31年間の流刑の後、1947年にタインタイ帝とその家族はベトナムへの帰国を許された。タインタイ帝は再びブンタウ市に住むことになったが、皇子たちは各地に分散させられた。ビン・ジウ皇子はフランス人によりカントー市へ連れて行かれ、橋や道路の土木工事に従事させられた。ビン・ジウ皇子は1951年にリー・ゴック・ホア(Ly Ngoc Hoa)さんと結婚し、7人の子供に恵まれた。タイさんは一番下の子供だ。

 「私の父は体が弱かったので、しばらく土木工事に従事した後に仕事を辞めて、音楽の演奏や自転車修理など様々な仕事で生計を立てていました。父母は私たち兄弟が成長するまでとても苦労しました。私自身も小さい頃は宝くじを売って家族を助けていました」とタイさんは語る。

次ページ → 故ボー・バン・キエット(Vo Van Kiet)元首相の訪問

前へ   1   2   3   次へ
[Duy Tran, VNExpress, 6/3/2016 | 00:00 GMT+7, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
橋からの飛び降り自殺を阻止せよ、カントー橋警備隊の任務 (2/28)
 夜11時、警備員のフア・ニョン・ハウさん(男性・58歳)は、橋の欄干のそばに停まっているバイクと、欄干の外側に座って顔を手で覆い、泣きながらとうとうと流れる川を見下ろしている若い女性を発見した。  ...>> 続き
レゴでベトナムのテトをリアルに再現、ベトナム人デザイナーが創作 (2/21)
 2月15日、1400万人ものフォロワーを抱える「レゴ(LEGO)」のフェイスブック(Facebook)のファンページでベトナムのテト(旧正月)の伝統的な食事をブロックで再現した作品が紹介され、注目を集めた。この作品を手掛...>> 続き
宝くじ売りの女性、唯一の生きがいは「テトに帰省して娘の墓参りをすること」 (2/14)
 南中部沿岸地方フーイエン省タイホア郡出身のチャン・ティ・クックさん(女性・54歳)は、ホーチミン市で宝くじを売って生計を立てている。  クックさんにとって、テト(旧正月)にフーイエン省に帰って娘の祭...>> 続き
新型コロナ禍、初めて迎える家族離れ離れのテト (2/7)
 間もなくテト(旧正月)を迎えるが、クアン・ティンさん夫婦は、故郷で離れて暮らす5歳の息子に今年のテトは帰れないことをまだ伝えられずにいる。  「1年のうち10か月は離れて暮らしているので、息子に会い...>> 続き
全盲のピアニスト、母と二人三脚で夢を追う (1/31)
 生まれつき視覚障害を持つドー・グエン・アイン・トゥーさんは、ピアニストになるという夢を追って母親と共に故郷の南部メコンデルタ地方キエンザン省ラックザー市からホーチミン市に移り住んだ。18年間に渡る...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited