ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ドイツ、ベトナムの新仕様パスポートを公認 ビザ発給も再開

2022/08/17 06:24 JST配信
2022/08/22 11:28 JST最終更新
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 ドイツ、チェコ、フィンランドのシェンゲン圏3か国の当局が、7月1日から発給が始まったベトナムの新デザインの一般旅券(パスポート)の使用を認めていない問題で、ドイツ外務省は「出生地」を追記済みのパスポートについて査証(ビザ)を発給する旨の外交文書をベトナム側に送付した。在ドイツ・ベトナム大使館が15日に明らかにした。ただし、複数年の滞在が可能なCビザについては、新たな通知があるまで引き続き発給を一時停止する。

 これに先立ち、ドイツ、スペイン、チェコ、フィンランドのシェンゲン圏4か国が、ベトナムの新パスポートに「出生地」が記載されておらず、管轄機関による本人確認が難航しているとして、所持者に対し、ビザの発給を一時停止すると発表していた。

 スペインは後日、新デザインのパスポートが国際民間航空機関(ICAO)の基準に従ったものと確認した上で、使用を認めると改めて発表した。ただし、ビザ申請者は手続きの際にパスポートだけでなく、「出生地」を証明する身分証明書を提出しなければならない。

 「出生地」はシェンゲン協定加盟国26か国に入国する際に本人確認の必須情報となっている。「出生地」の無記載を理由にパスポート所持者にビザの発給を引き続き一時停止しているのは、チェコとフィンランドの2か国となっている。

 この問題をめぐり、公安省は国民の便宜を図るため、新デザインのパスポートに「出生地」の欄を追加する方針。暫定的な解決策として、新デザインのパスポートの所持者は必要に応じて、公安省傘下の出入国管理局(A08)、または在外ベトナム外交機関に連絡し、出生地の追記を依頼する。抜本的な対策としては、公安省は関連機関と協力し、新デザインのパスポートに「出生地」を記載する形で法律を改正する。

 なお、ICAOのガイダンスによると、パスポートの必須情報には、◇パスポートの種類、◇氏名、◇パスポート番号、◇国籍、◇生年月日、◇性別、◇パスポートの有効期限が含まれる。出生地などのその他の情報は国によって異なり、必須情報としては扱っていないが、ICAOは各国に対し、パスポートへの出生地の記載の有無について慎重を期すよう勧告している。

Clip to Evernote
[VnExpress 20:16 15/08/2022 / Tuoi Tre 20:43 15/08/2022, A].  © Viet-jo.com 2002-2023 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
科学技術省、「国家技術取引所」を運営へ (14:06)
 科学技術省は、同省傘下の情報・技術・機器取引所を「国家技術取引所」に格上げする計画を明らかにした。テクノロジー分野のビジネスマッチングや、企業や業界関係者の協力を促進し、国の科学技術の増強を目指...>> 続き
ベトナム初の女性新聞編集長、グーグルドゥードゥルに登場も…肖像画のミスでグーグルが謝罪 (4:58)
 検索エンジン「グーグル(Google)」のロゴデザインに1日、ベトナムで初めての女性向け新聞「ヌーゾイチュン(Nu Gioi Chung=「普通の女性」の意)」の最初の女性編集長だったスオン・グエット・アイン(Suong Nguy...>> 続き
ロボコンベトナム、3年ぶり開催へ (3:55)
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により2019年を最後に開催が中止されていた「ロボコンベトナム(Robocon Vietnam)」が、5月24日から28日にかけて北部紅河デルタ地方ナムディン省で3年ぶりに開催される...>> 続き
新型コロナ:2日の新規感染者14人・死者なし (2日)
 保健省の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する2日の発表によると、国内で感染者14人が新たに確認された。  2日午後の発表時点でベトナム国内の累計感染者数は1152万6522人となっている。  新型...>> 続き
22年の世界腐敗指数、ベトナムは180か国中77位に改善 (2日)
 世界各国の汚職を監視している非政府組織(NGO)のトランスペアレンシー・インターナショナル(Transparency International=TI)は、「世界腐敗認識指数(CPI)」の2022年版を発表した。  ベトナムは前年から+3ポ...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2023 All Rights Reserved