ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

女性が出稼ぎ、男性が子育てする村―別居婚の光と影

2020/02/23 05:12 JST配信
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 北部紅河デルタ地方タイビン省ドンフン郡ドンタン村(xa Dong Tan, huyen Dong Hung)では、村から海外へ出稼ぎに行く人の4分の3が女性だ。女性は子供たちを夫に任せて故郷を離れる。

 ビンニン村落(thon Vinh Ninh)在住のレ・バン・ドゥックさん(男性・45歳)のところは、妻のヒエウさんが出稼ぎに行って6年余りになる。息子は8歳だ。「息子は幼稚園に行くといつもおやつの店の前に立ってわんわん泣いていました。当時はまったくお金がなかったので、息子を甘やかすために借金帳にサインするほどでした」とドゥックさん。

 妻のヒエウさんは、毎年のテト(旧正月)の時期に20日間ほど帰郷する。妻が自宅にいるとき、ドゥックさんはバイクで遊びに出掛ける。1年間『主夫』を務め上げた埋め合わせだ。

 普段は妻から子供の世話を任されているため、ドゥックさんは仕事に行く代わりに小学校3年生の息子と多くの時間を過ごしている。「私は1週間働けば1か月食べていけるのですが、子供の世話をしているので、妻に寄生している、などと言われることもあります」とため息をつく。

 一方、ブー・バン・アインさん(男性・52歳)は、朝一番に義姉の自宅へ行き、その日に父子で食べる食料を受け取る。アインさんの妻と村の何人かの女性たちは、誘い合って15年前以上前から台湾やマカオに出稼ぎに行っている。

 1年目、妻は毎月800万VND(約3万8300円)以上を仕送りしてきた。しかし翌年から、仕送りは妻の姉の銀行口座に振り込まれるようになった。理由は、アインさんにお金を渡すと、アインさんが無駄遣いをしたり、村の女の子をひっかけに行ったりするのではないかと妻が恐れたからだ。以来、アインさんは何か必要なものや毎日の食料を得るのに義姉の自宅へ行かなければならなくなった。

前へ   1   2   3   次へ
Clip to Evernote
[VnExpress 01:41 07/02/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
クジラを祀るベトナムの「鯨寺」 (23日)
 北中部地方ハティン省カムスエン郡には、クジラを祀る「ドゥックグーオン廟(mieu Duc Ngu Ong)」がある。死んだクジラを見つけると、人々は死骸をこの「鯨寺」に運んで埋葬し、頭部の十字の印または陰陽コイン...>> 続き
彼女にフラれてボディビルの道へ、ベトナム人青年が日本でチャンピオンになるまで (16日)
 今から7年前、ルオン・ホン・ソンさん(男性・30歳)は恋人と別れたモヤモヤやストレスを晴らすため、ジムでのトレーニングを始めることにした。予期せず、この決断が彼の人生の方向を変えることになった。  ...>> 続き
精神疾患の母親を支える大学生、18年間変わらぬ願い (9日)
 6歳のとき、自宅でクラスメイトに「お前のお母さんはどこ?」と聞かれたレ・ドゥック・ヒエウさん(18歳)は、台所に鎖でつながれている人をおそるおそる指さした。するとクラスメイトたちは「頭がおかしいおばさ...>> 続き
【特集】2021年ベトジョー記事アクセス数ランキング (2日)
 VIETJOベトナムニュースが2021年に配信した「特集」カテゴリの記事のアクセス数ランキングをご紹介します。 1位:出会いは交通違反、「違反者と警察官」の関係から始まった夫婦の恋物語 https>> 続き
ハノイで初のメトロ運行開始、着工10年の軌跡 (21/12/26)
 緑色の車体の電車が、警笛を鳴らしながらカットリン駅のホームに到着した。ホームでは、老若男女問わず多くの人々が興奮を隠せずにいた。2021年11月6日の朝、人々は一張羅で出かけ、それまで先進国にしかなかっ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited