ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

宝くじ売りの女性、唯一の生きがいは「テトに帰省して娘の墓参りをすること」

2021/02/14 05:07 JST配信
Clip to Evernote
(C) zingnews
(C) zingnews 写真の拡大
(C) zingnews
(C) zingnews 写真の拡大

 南中部沿岸地方フーイエン省タイホア郡出身のチャン・ティ・クックさん(女性・54歳)は、ホーチミン市で宝くじを売って生計を立てている。

 クックさんにとって、テト(旧正月)にフーイエン省に帰って娘の祭壇の世話と墓参りをすることだけが、日々の暮らしの中で心が温まる唯一の生きがいだ。

 クックさんは、17年前のある日の午後の電話を忘れることができない。電話の向こうで、田舎の近所の人が泣きじゃくりながら小さな声で「クックさん、すぐに帰ってきて。娘さんが事故に遭ったの」と言ったのだった。

 話を聞くや否や、クックさんは手に持っていた宝くじを放ってバスに飛び乗り、田舎へ帰ったが、最期には間に合わなかった。「村に着くと、お葬式の音楽が聴こえました。自宅にお葬式の旗が掲げられているのを見て、私は気を失ってしまいました」とクックさんは語る。

 クックさんの娘、レ・リー・ナーさんは、学校からの帰り道に交通事故に遭った。ナーさんは当時18歳になったばかりで、兄は軍隊に入り、母親のクックさんはホーチミン市で宝くじを売っていたため、家族はばらばらに暮らしていた。

 娘が亡くなるまで、クックさんはまさか自分が娘の最期に立ち会うことができないなんて、とても信じられなかった。

前へ   1   2   3   次へ
[Zing 12:00 03/02/2021, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
この記事に関連するおすすめの記事
最新ニュース [特集]
夫に火をつけられ生死をさまよった女性、復活までの2年間 (18日)
 夫にガソリンを掛けられ、火をつけられたために身体の92%に火傷を負い、生死の狭間をさまよったレ・ティ・キム・ガンさん(女性・34歳)は、その後の2年間に様々な困難を乗り越えながら、新しい生活を築いた。 ...>> 続き
ホーチミンの貧しい人々に古着を無料で届ける、ボランティアに生きる81歳 (11日)
 ホーチミン市ニャーベー郡在住のグエン・バン・トゥーさん(81歳)はこの4年間、毎日市内の工場労働者や貧しい人々に古着を無料で配っている。色々な人から「他人事の世話をするなんて、あの聴唖(ちょうあ)のじい...>> 続き
がんと闘いながら記憶喪失の親友と暮らす、70代の2人の友情 (4日)
 71歳のディン・ロンさんは、自分のほうがまだ元気だからとがんを患いながらも毎日お金を稼ぎに出かけ、同い年の親友であり、記憶を失ったルオン・フイン・タイさんの世話をしている。タイさんにとって、ロンさ...>> 続き
日本のベトナム人不法残留者数1.6万人、国籍別トップ (2日)
 日本の法務省出入国在留管理庁が発表した2021年1月1日時点における不法残留者数に関する統計によると、同時点の日本におけるベトナム人不法残留者数は1万5689人で、2020年1月1日時点の1万5561人と比べて+0.8%(...>> 続き
ニャチャンの海辺に佇むシクロの祭壇と孤独な運転手の物語 (3/28)
 2021年のテト(旧正月)のころ、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で、南中部沿岸地方カインホア省ニャチャン市の海沿いの道に寂しく佇む、ある孤独な男性が運転していたシクロの祭壇にまつわる話が...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited