ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

16年Q1の消費者信頼感指数109P、世界5位に上昇

2016/05/24 17:15 JST配信
Clip to Evernote
(C) thesaigontimes, Minh Tam
(C) thesaigontimes, Minh Tam 写真の拡大

 米国の市場調査会社ニールセン(Nielsen)は、2016年第1四半期の世界消費者信頼感指数(CCI)を発表した。ベトナムのCCIは109ポイントで、前期比で+1ポイント上昇し、7期連続で100ポイントを超えた。

 今期のベトナムのCCIは、前期の6位から1つ順位を上げて世界63か国・地域中で5位、東南アジア6か国中では3位となった。世界のCCIは前期比+1ポイント上昇の98ポイント、日本は同▲6ポイント低下の73ポイントだった。世界1位はインドの134ポイント(同+3ポイント上昇)、最下位は韓国の44ポイント(同▲2ポイント低下)。

 東南アジア地域では、フィリピンが前期比+2ポイント上昇の119ポイントで同地域1位、 世界2位。インドネシアが同+2ポイント上昇の117ポイントで同地域2位、世界3位だった。タイは同▲9ポイント低下し105ポイント、シンガポールは同▲6ポイント低下し88ポイント。マレーシアは同▲1ポイント低下の79ポイントで、同地域中で最も低かった。

 「余剰金の使い道」について、ベトナムでは消費者の78%が「貯蓄」と回答し、引き続き世界最高水準となっている。「貯蓄」以外の使い道としては、「買い物(衣料品)」(38%)、「旅行」(35%)、「娯楽」(34%)、「ハイテク製品購入」(32%)、「住宅修繕」(31%)が挙げられる。

 調査対象となったベトナム人の58%が「ベトナム経済は低迷から脱却していない」と回答し、82%が過去12か月間に支出を抑えるため消費習慣を変えて節約を心掛けたという。特に支出を抑えた項目は、「買い物(衣料品)」(61%)、「娯楽」(58%)、「ガス・電気代」(47%)、「携帯電話代」(44%)などとなっている。

[Nielsen, 17/05/2016, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [統計]
9月の対日貿易収支は481億7800万円の黒字、前年同月比2倍 (12:20)
 日本の財務省が発表した2019年9月の貿易統計(速報)によると、ベトナムの対日貿易収支は前年同月比で約2.05倍となる481億7800万円の黒字だった。  日本からベトナムへの輸入額は前年同月比+4.6%増の1674億5...>> 続き
1-9月期の訪日ベトナム人37.6万人、前年同期比+29.1%増―上位国で伸び率最高 (21日)
 日本政府観光局(JNTO)が発表した統計によると、2019年9月の訪日ベトナム人の数は前年同月比+30.9%増の3万8300人で、2018年9月の2万9270人を約9000人上回り、9月の過去最高値を更新した。ベトナムは2012年1月か...>> 続き
1-9月期の海外派遣労働者数10万4615人、日本への派遣が拡大 (15日)
 労働傷病兵社会省海外労働管理局が発表した統計によると、2019年1-9月期に送り出したベトナム人の海外派遣労働者数は10万4615人(女性3万5815人)で、年間目標値12万人の87.2%だった。  派遣先別で見ると、...>> 続き
ホーチミン:1人世帯が増加中、10年間で構成比+5%増 (15日)
 ホーチミン市人民委員会はこのほど、2019年度版の国勢調査の同市統計を総括する会議を開いた。それによると、同市では1人世帯(単身世帯)の割合がこの10年で+5%増加した。  2019年4月1日時点の同市の人口は...>> 続き
1-9月期のバイク販売台数233万台、ホンダがシェアトップ (14日)
 ベトナムバイクメーカー協会(VAMM)の発表によると、2019年7-9月期におけるVAMMの加盟5社のバイク販売台数は前年同期比▲3.9%減の83万1440台で、3四半期連続で減少した。ただし、1-3月期の75万台、4-6月期の74万...>> 続き
これより過去の記事は、統計記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)