ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

16年Q1の消費者信頼感指数109P、世界5位に上昇

2016/05/24 17:15 JST配信
Clip to Evernote
(C) thesaigontimes, Minh Tam
(C) thesaigontimes, Minh Tam 写真の拡大

 米国の市場調査会社ニールセン(Nielsen)は、2016年第1四半期の世界消費者信頼感指数(CCI)を発表した。ベトナムのCCIは109ポイントで、前期比で+1ポイント上昇し、7期連続で100ポイントを超えた。

 今期のベトナムのCCIは、前期の6位から1つ順位を上げて世界63か国・地域中で5位、東南アジア6か国中では3位となった。世界のCCIは前期比+1ポイント上昇の98ポイント、日本は同▲6ポイント低下の73ポイントだった。世界1位はインドの134ポイント(同+3ポイント上昇)、最下位は韓国の44ポイント(同▲2ポイント低下)。

 東南アジア地域では、フィリピンが前期比+2ポイント上昇の119ポイントで同地域1位、 世界2位。インドネシアが同+2ポイント上昇の117ポイントで同地域2位、世界3位だった。タイは同▲9ポイント低下し105ポイント、シンガポールは同▲6ポイント低下し88ポイント。マレーシアは同▲1ポイント低下の79ポイントで、同地域中で最も低かった。

 「余剰金の使い道」について、ベトナムでは消費者の78%が「貯蓄」と回答し、引き続き世界最高水準となっている。「貯蓄」以外の使い道としては、「買い物(衣料品)」(38%)、「旅行」(35%)、「娯楽」(34%)、「ハイテク製品購入」(32%)、「住宅修繕」(31%)が挙げられる。

 調査対象となったベトナム人の58%が「ベトナム経済は低迷から脱却していない」と回答し、82%が過去12か月間に支出を抑えるため消費習慣を変えて節約を心掛けたという。特に支出を抑えた項目は、「買い物(衣料品)」(61%)、「娯楽」(58%)、「ガス・電気代」(47%)、「携帯電話代」(44%)などとなっている。

[Nielsen, 17/05/2016, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [統計]
8月の対日貿易収支は430億1400万円の黒字、前年同月比▲9.1%減 (19日)
 日本の財務省が発表した2019年8月の貿易統計(速報)によると、ベトナムの対日貿易収支は前年同月比▲9.1%減となる430億1400万円の黒字だった。  日本からベトナムへの輸入額は前年同月比▲1.3%減の1578億110...>> 続き
ベトナム人のSNS利用時間、1日143分で2年連続減少 (18日)
 英国の市場調査会社グローバル・ウェブ・インデックス(GlobalWebIndex)が発表した2019年度調査報告書によると、ベトナム人の1日あたりのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)利用時間は世界の平均水準...>> 続き
転職を考える人材、40~50代の比率が最高水準 (16日)
 インターネット上で求職求人情報サービスを提供するエン・ジャパン株式会社(東京都新宿区)傘下のベトナム最大の求職求人サイト「ベトナムワークス(VietnamWorks) がこのほど発表した2019年1-6月期の人材市場に...>> 続き
女性の社会進出、ベトナムはASEANトップレベル (16日)
 アジア開発銀行(ADB)と経済開発協力機構(OECD)がこのほど発表した東南アジア各国政府の公共政策や公共サービスに関する2019年度の共同報告書によると、ベトナムは就業者全体のうち48.5%が女性となっており、東...>> 続き
ダナン、2019年の人口が110万人超え (16日)
 南中部沿岸地方ダナン市統計局はこのほど、2019年における同市人口に関する統計結果を発表した。それによると、同年4月1日午前0時時点の同市の人口は113万4310人となった。  ここでの人口は、議定第97/2016...>> 続き
これより過去の記事は、統計記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)