ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

フランス植民地時代から今に残るホーチミンの5つの「大通り」

2018/08/26 05:17 JST配信
(C) VIETJO/Sa Huynh, グエンフエ通り
(C) VIETJO/Sa Huynh, グエンフエ通り 写真の拡大

 フランス植民地時代にフランス人が策定したサイゴン(現ホーチミン市)の都市計画では、道幅40m、歩道幅4m、両側に2列の街路樹のある通りを「大通り(ベトナム語:Dai lo、フランス語:Boulevard)」としていた。

 フランスがサイゴンを占領した後、フランス人のコフィン工兵中佐が、後に「50万人のサイゴン」とされる都市計画の策定を任された。

 コフィン工兵中佐の計画概要では、ベンゲー運河(Ben Nghe)とティゲー運河(Thi Nghe)、サイゴン川、そして現在のホンバン通り(Hong Bang)とグエンティニョー通り(Nguyen Thi Nho)の元になった通り(現存しない)を境界とする、面積25km2の都市にすることとした。

 主要な通りについては、道幅40m、歩道幅4m、両側に各2列の街路樹のあるものを「第1類(大通り)」、道幅20m、歩道幅2m、両側に各1列の街路樹のあるのものを「第2類(通り=ベトナム語:Duong、フランス語:Rue)」と定めた。

 このうち、サイゴンで最初にできた大通りは、◇グエンフエ大通り(Nguyen Hue)、◇レロイ大通り(Le Loi)、◇ハムギー大通り(Ham Nghi)、◇レズアン大通り(Le Duan)、◇トンドゥックタン大通り(Ton Duc Thang)の5つだった。


グエンフエ大通り(Nguyen Hue)

 フランス植民地時代の名称はシャルネ通り(Charner)。全長0.7kmで、現在のホーチミン市人民委員会庁舎からサイゴン川岸まで伸びる。フランスがサイゴンを占領したころ、ここはまだ運河だった。

 1865年に運河の一部が、20年後には全てが埋め立てられ、シャルネ通りまたはキンラップ通り(Kinh Lap)と呼ばれる大通りが建設された。

 1955年から現在に至るまで、この通りはグエンフエ通りと呼ばれている。長い歴史を経た今もなお、市内で最も賑わう通りの1つとなっている。

前へ   1   2   3   4   次へ
Clip to Evernote
[VnExpress 00:00 19/02/2018, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
新型コロナ禍、両親と祖父母を失った14歳の少女 (26日)
 ホーチミン市ビンチャイン郡在住のグエン・ティ・マイ・カインさん(14歳)は、父親が急死したショックから立ち直る間もなく、母親、そして母方の祖父母を、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により相次いで失...>> 続き
出会いは交通違反、「違反者と警察官」の関係から始まった夫婦の恋物語 (19日)
 今は一緒に暮らしているものの、初めて出会った日のことを思い出すと、夫婦は今でも夢のようだと感じている。  「交通違反をした女性が交通警察官に罰せられ、後に2人がカップルになるというシチュエーショ...>> 続き
ハノイで3世代続く国旗の縫製職人、祖国の象徴と伝統を守って (12日)
 ハノイ市で3代にわたりベトナム国旗の縫製を家業としているトゥオンティン郡レロイ村トゥーバン村落(lang Tu Van, xa Le Loi, huyen Thuong Tin)在住のグエン・バン・フックさん(45歳)は、200枚の国旗を丁寧に...>> 続き
夫との死別、我が子のがん闘病…苦難を乗り越えて強く生きる (5日)
 空軍士官だった夫が死んだという知らせを受け、ゴアンさんは自殺を考えた。さらに息子ががんを患っていると判明したときには、魂を失ったように叫び、走った。  北部紅河デルタ地方ナムディン省に住む文学...>> 続き
新型コロナ禍、ホン川の水上生活者の暮らし (8/29)
 ハノイ市のホン川(紅河)に架かるロンビエン橋(cau Long Bien)のふもとに長い間ひっそりと存在している水上集落は、困難な状況にある人々が多く暮らす場所だ。  新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響に...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited