ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ハノイで初のメトロ運行開始、着工10年の軌跡

2021/12/26 10:47 JST配信
(C) zingnews
(C) zingnews

 緑色の車体の電車が、警笛を鳴らしながらカットリン駅のホームに到着した。ホームでは、老若男女問わず多くの人々が興奮を隠せずにいた。2021年11月6日の朝、人々は一張羅で出かけ、それまで先進国にしかなかったメトロに初めて乗り込んだ。

 2021年11月6日、ハノイ市都市鉄道(メトロ)2A号線(ドンダー区カットリン~ハドン区間)が、2011年10月の着工から10年の工期を経て、運行を開始した。

「バスよりも速い」

 ファム・バン・タインさん(男性・86歳)は急いで自宅を出ると、騒がしい音が聞こえてくる駅のほうに目を向けた。「昨晩はずっとそわそわしていましたよ。近所の人たちが、今日から電車が走ると教えてくれたのでね」とタインさんは話す。

 メトロの駅を建設するための土地の引き渡しで、タインさん一家が暮らした3階建ての家が取り壊されてから10年余りが経った。

 タインさんは、受け取った20億VND(約1000万円)の補償金を、別の場所に移り住む子供たちに分け与えた。タインさんに残された土地は面積わずか7m2で、人を雇ってその三角形の土地に壁を作り、ドアを設置し、簡易の家を建てた。かつて国営企業の社長を務めていたタインさんは、今はこの家に1人で暮らし、生活費は年金で賄っている。

 毎日、朝早くにタインさんは運動を兼ねてカットリン駅の周辺を散歩する。この習慣はもう何年も続いており、メトロの工事の進捗も見てきた。一時は「この駅は使われることもなく、取り壊されるんだろう」と思っていたという。

 タインさんの自宅はカットリン駅のすぐそばにある。メトロが運行を開始した日、自宅のある通りと駅を隔てる路地は、電車に乗る人々のためのバイクの駐車場に変わっていた。駐車料金は1台2万VND(約100円)。手にたくさんの少額紙幣を握った女性が、カットリン駅を訪れる人々にバイクの駐車スペースを指示している。

 「今日は、電車がバスよりも速いかどうか見てみよう」とタインさんは言い、金色のセイコーの腕時計を見下ろした。タインさんの乗った電車が動き出したとき、時刻は9時15分だった。

 ハノイ市民を乗せた最初の運行は、手をつないだ老夫婦や孫に付き添う老人など、乗客の多くが白髪の齢だった。また、礼儀正しそうなある中年の男性は、フランスや日本のメトロについて語っていた。

前へ   1   2   3   次へ
Clip to Evernote
[Zing 07/11/2021, A].  © Viet-jo.com 2002-2023 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
うまい話には裏がある、「キッズモデル」詐欺の世界 (1/29)
 「2~15歳のキッズモデル募集!在宅で月収700万~1500万VND(約3万8000~8万2000円)!!」  2022年11月、ホーチミン市に住むTさんは、フェイスブック(Facebook)上に出ていたこんな広告を目にして、8歳になる...>> 続き
【特集】2022年ベトジョー記事アクセス数ランキング (1/22)
 VIETJOベトナムニュースが2022年に配信した「特集」カテゴリの記事のアクセス数ランキングをご紹介します。 1位:「ベトちゃんドクちゃん」のドクさん、日越交流と平和教育に意欲 コロナ禍とウクライナの戦...>> 続き
暗闇を抜け出し司会者に、視覚障がいを持つ9X世代の女性 (1/15)
 スタッフがメモを書き込んだ分厚い台本を見ると、フオン・ザンさん(女性・27歳)のような視覚障がいを持つ司会者がどのように膨大な台本の内容を覚え、スタジオで輝くことができるのだろうかと多くの人が驚嘆す...>> 続き
ウクライナの戦地に留まったベトナム人の300日【後編】 (1/8)
 ロシアによるウクライナ侵攻が始まって300日余りが経った。ウクライナ在住のチン・アイン・トゥアンさん(男性・54歳)は、戦争が勃発して以来、ウクライナから退避していない数少ないベトナム人の1人だ。トゥア...>> 続き
ウクライナの戦地に留まったベトナム人の300日【前編】 (1/1)
 ロシアによるウクライナ侵攻が始まり、ロシア軍がハルキウ(首都キーウに次いで2番目に大きい都市)に侵入したとき、チン・アイン・トゥアンさん(男性・54歳)の息子はまさにハルキウの玄関口にいた。爆弾やミサイ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2023 All Rights Reserved