ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

コラム記事一覧

 【第10回】ベトナムの風力発電への投資:洋上風力の開発と2022年以降のFIT価格見通し【未来を創るベトナムビジネス】 (20/7/11)
風力発電の開発に積極的なベトナム政府方針  ベトナムの風力発電が近年、国内外から注目を集めている。改定第7次国家電力マスタープラン(以下、改定PDP7)によれば、ベトナム政府は風力発電の導入設備容量について、2020年までに800MW、2025年までに2000MW、2030年までに600...
 お茶を話題に雑談しよう【VIETJO LIFEコラム:西貢温故知新録】 (20/7/10)
(本記事は、2020年7月3日付け「VIETJO LIFE」で配信されたものです。) みなさんはじめまして。サイゴンローカル事情についてコラムを掲載させていただくことになりました「たぁい」です。日越ハーフの視点からあれこれ発信していき
 幼稚園と子どもとコロナ【VIETJO LIFEコラム:子育て奮闘中のパパママにエール!】 (20/7/2)
(本記事は、2020年6月25日付け「VIETJO LIFE」で配信されたものです。) テトが明け、さあこれから3学期という時に「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)」の影響により、2月から学校の休園休校が始まりました。当初は2週間刻みだ
 【第9回】日本のバイオマス発電を支えるベトナム産木質ペレット(後編):持続可能なビジネスモデル構築への期待(環境保全、貧困削減、エネルギー需要への対応)【未来を創るベトナムビジネス】 (20/6/27)
※本記事は後編となります。前編は以下の記事をご覧ください。 日本のバイオマス発電を支えるベトナム産木質ペレット(前編):2019年、ベトナムは日本にとって最大の木質ペレット輸入相手国に
 【第8回】ベトナムの銀行セクターへの投資環境の現状:今後の規制緩和の見通しと業界のポテンシャル【未来を創るベトナムビジネス】 (20/6/20)
 様々な業界の海外企業がベトナムへの進出を進めている中で、現地における自国企業への資金調達や新たな金融マーケットの開拓を目的として、外資銀行のベトナムへの進出が進んでいる。1986年のドイモイ政策により開放経済が実施されたことで、それまでのモノバンクシステムから二階層銀行制...
 【貧しい人々を支援】ホーチミンの「無料」ボランティア活動【VIETJO LIFEコラム:【日本人が知らない】ディープなベトナム案内】 (20/6/18)
(本記事は、2020年6月11日付け「VIETJO LIFE」で配信されたものです。) みなさん、こんにちは!ホーチミン在住のベトナム人 ICONIC のHanです。コラム 「【日本人が知
 【第7回】日本のバイオマス発電を支えるベトナム産木質ペレット(前編):2019年、ベトナムは日本にとって最大の木質ペレット輸入相手国に【未来を創るベトナムビジネス】 (20/6/6)
日本のバイオマス発電は開発が進むも、燃料の安定調達が大きなリスク要因  日本では2012年7月に再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)が始められた。経済産業省の資源エネルギー庁によれば、2019年3月時点のバイオマス発電設備の導入量は400万kWに及んでおり、2...
 【第6回】ベトナムのバイオマス燃料ビジネスに好機到来:バイオマス発電の可能性【未来を創るベトナムビジネス】 (20/5/23)
 バイオマス発電は再生可能エネルギーの1つであるが、ベトナムでは潜在的なエネルギー量が大きいと評価されており、近年は国内外の投資家からの関心が高まっている。 バイオマス発電への投資を積極的に誘致するベトナム政府  ベトナム政府は2014年3月24日付けの
 【ホーチミン市の交通事情】在住者は知っておくべき交通トラブル&あるあるエピソード【VIETJO LIFEコラム:【日本人が知らない】ディープなベトナム案内】 (20/5/22)
(本記事は、2020年5月15日付け「VIETJO LIFE」で配信されたものです。) みなさん、こんにちは!ホーチミン在住のベトナム人 ICONIC のHanです。コラム 「【日本人が知
 【番外編 ~イベント大娘の独り言】ヒントの宝庫、飲食店から学ぶ事【VIETJO LIFEコラム:イベントオヤジの独り言】 (20/5/20)
(本記事は、2020年5月13日付け「VIETJO LIFE」で配信されたものです。) 初めまして、 タマ と申します。私のボスが連載している「 イベン
 【第5回】ベトナムでの太陽光発電への投資:屋根置き型か地上設置型か。一方で火力発電は大幅な開発遅れ【未来を創るベトナムビジネス】 (20/5/9)
ベトナム南部は今後、深刻な電力不足に陥る可能性  ベトナムでは急速な経済発展に伴い、国内の電力需要が増加し続けている。2000年から2017年まで平均で年率+13%の規模で電力需要が増加し続けてきた。  特に南部での電力需要が深刻である。商工省によれば、南部で
 ベトナムのリモートワークの現状について【VIETJO LIFEコラム:データでわかるベトナム】 (20/4/24)
(本記事は、2020年4月17日付け「VIETJO LIFE」で配信されたものです。) ベトナムでも新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策の一環として、ソーシャルディスタンスが浸透し、極力外出を控えることが求められるようになりました。
 【新型コロナウイルスは人の心を試す】ベトナムにおける新型コロナウイルスの影響【VIETJO LIFEコラム:【日本人が知らない】ディープなベトナム案内】 (20/4/21)
(本記事は、2020年4月14日付け「VIETJO LIFE」で配信されたものです。) みなさん、こんにちは!ホーチミン在住のベトナム人 ICONIC のHanです。コラム 「【日本人が知
 式典(セレモニー)の食事は大切です。【VIETJO LIFEコラム:イベントオヤジの独り言】 (20/4/1)
(本記事は、2020年3月25日付け「VIETJO LIFE」で配信されたものです。) 私が開所式やパーティーでいつも思う一番大切な事は、会場デザインでもエンターテイメントでもなく、食事だと思います。もちろん、運営面でのサービス、おもて
 【第1回】社会課題解決の前線へ~沖縄地方創生プロジェクトからベトナムへ~【VIETJO LIFEコラム:ベトナムにおける障がい者雇用創出の世界に飛び込んでみて】 (20/3/30)
(本記事は、2020年3月23日付け「VIETJO LIFE」で配信されたものです。) こんにちは、福崎雄生(ふくざきゆうき)と申します。2019年7月よりホーチミンに移りまして、障がい者雇用創出を目的としたベトナム国内の社会的企業にて活動
 【第4回】バイオマス燃料資源大国としてのベトナム~意外に知られていないベトナムのバイオマス燃料資源~【後編】未来を創るベトナムビジネス (20/3/28)
【前編はこちら】 【中編はこちら】 ベトナム政府は新たな固定価格買取制度(FIT制度)を導入
 【第4回】ベトナムのバイオマス発電への投資機会が急増:新FIT制度(固定価格買取制度)によりFIT価格が大幅に引き上げ【中編】未来を創るベトナムビジネス (20/3/21)
 ベトナムの再生可能エネルギーの中でも、今後最も注目されるのがバイオマス発電であろう。ベトナム政府は2020年3月5日の首相決定第8号/2020/QD-TTgで、バイオマス発電のFIT価格を大幅に引き上げた。コージェネの場合は7.03セント/kWh、コージェネ以外の場合は8.4...
 【帰国・引っ越し予定の方は要チェック!】ベトナム版リサイクルショップ“KHO”とは?【VIETJO LIFEコラム:【日本人が知らない】ディープなベトナム案内】 (20/3/17)
(本記事は、2020年3月10日付け「VIETJO LIFE」で配信されたものです。) みなさん、こんにちは!ホーチミン在住のベトナム人 ICONIC のHanです。コラム 「【日本人が知
 【異国情緒を味わう】ホーチミンの歴史を感じる建築巡りに出かけよう!【VIETJO LIFEコラム:【日本人が知らない】ディープなベトナム案内】 (20/3/2)
(本記事は、2020年2月24日付け「VIETJO LIFE」で配信されたものです。) みなさん、こんにちは!ホーチミン在住のベトナム人 ICONIC のHanです。コラム 「【日本人が知
 ベトナム人が本当に使っているモバイルアプリは?【VIETJO LIFEコラム:データでわかるベトナム】 (20/2/28)
(本記事は、2020年2月21日付け「VIETJO LIFE」で配信されたものです。) ベトナム人にとってスマートフォンは情報のハブとなっているだけでなく、ショッピングをしたり、最近では支払いをしたりと本当に欠かせないツールとなっていま
前へ 1 2 3 4 5 6 7 次のページ
越日・日越辞書(8万語収録)
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited